厩火事 うまやかじ 演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

働き者の女房と道楽者の亭主。皿か、女房か。究極の選択。

【あらすじ】

女髪結いで、しゃべりだすともう止まらないお崎が、仲人のだんなのところへ相談にやってくる。

亭主の八五郎とは七つ違いの姉さん女房で、所帯を持って八年になるが、このところ夫婦げんかが絶えない。

それというのも、この亭主、同業で、今でいう共稼ぎだが、近ごろ酒びたりで仕事もせず、女房一人が苦労して働いているのに、少し帰りが遅いと変にかんぐって当たり散らすなど、しまつに負えない。

もういいかげん愛想が尽きたから別れたい、というわけ。

ところが、だんなが
「女房に稼がせて自分一人酒をのんで遊んでいるような奴は、しょせん縁がないんだから別れちまえ」
と突き放すと、お崎はうって変わって、
「そんなに言わなくてもいいじゃありませんか」
と、亭主をかばい始め、はては、
「あんな優しいいい人はない」
と、逆にノロケまで言いだす始末。

あきれただんな、
「それじゃひとつ、八の料簡を試してみろ」
と、参考に二つの話を聞かせる。

その一。

昔、唐(もろこし=中国)の国の孔子という偉い学者が旅に出ている間に、廐から火が出て、かわいがっていた白馬が焼け死んでしまった。

どんなおしかりを受けるかと青くなった使用人一同に、帰ってきた孔子は、馬のことは一言も聞かず、
「家の者に、けがはなかったか」

これほど家来を大切に思ってくださるご主人のためなら命は要らないと、一同感服したという話。

その二。

麹町に、さる殿さまがいた。

「猿の殿さまで?」
「猿じゃねえ。名前が言えないから、さる殿さまだ」

その方が大変瀬戸物に凝って、それを客に出して見せるのに、奥さまが運ぶ途中、あやまって二階から足をすべらせた。

殿さま、真っ青になって、
「皿は大丈夫か。皿皿皿皿」
と、息もつかず三十六回。

あとで奥さまの実家から、
「妻よりも皿を大切にするような不人情な家に、かわいい娘はやっておかれない」
と離縁され、一生寂しく独身で過ごした、という話。

「おまえの亭主が孔子さまか麹町か、なにか大切にしている物をわざと壊して確かめてみな。麹町の方なら望みはねえから別れておしまい」

帰ったお崎、たまたま亭主が、「さる殿さま」よりはだいぶ安物だが、同じく瀬戸物の茶碗を大事にしているのを思い出し、それを持ち出すと、台所でわざとすべって転ぶ。

「……おい、だから言わねえこっちゃねえ。どこも、けがはなかったか?」
「まあうれしい。猿じゃなくてモロコシだよ」
「なんでえ、そのモロコシてえのは」
「おまえさん、やっぱりあたしの体が大事かい?」
「当たり前よ。おめえが手にけがでもしてみねえ、あしたっから、遊んでて酒をのめねえ」

【しりたい】

題名は『論語』から

厩は、馬小屋のこと。

文化年間(1804-18)から口演されていたという古い江戸落語です。

演題の「厩火事」は『論語』郷党篇十二から。

「厩(うまや)焚(や)けたり。子、朝(ちょう)より退き、『人を傷つけざるや』とのみ言いて問いたまわず」

明治の速記では、初代三遊亭遊三、三代目柳家小さんのものが残ります。

文楽の十八番

戦後は八代目桂文楽が、お崎の年増の色気や人物描写の細やかさで、押しも押されぬ十八番としました。

ライバル五代目志ん生も得意にし、お崎のガラガラ女房ぶりで沸かせました。

志ん生は、マクラの「三角関係」(出雲の神さまが縁結びの糸をごちゃごちゃにする)で笑わせ、「どうしてあんな奴といっしょになったの?」「だって、一人じゃさぶい(寒い)んだもん」という小ばなしで男女の機微を見事に表現し、すうっと「厩火事」に入りました。

女髪結い

寛政年間(1789-1801)の初め、三光新道(東京都中央区日本橋人形町三丁目あたり)の下駄屋お政という女が、アルバイトに始めたのが発祥とされます。

文化年間から普及しましたが、風俗紊乱のもととなるとの理由で、天保の改革に至るまで、たびたびご禁制になっています。

噺にも階級あり

晩年、名古屋で活躍した故・雷門福助の回想。

兄弟子で師匠でもある八代目桂文楽に、「『厩火事』を稽古してください」と頼むと、「ああいいよ、早く真打ちになるんだよ。真打ちになったら稽古してやる」と言われたという。

それだけ、ちょっとやそっとでは歯が立たない噺ということで、昔は、二つ目が「厩火事」なぞやろうものなら「張り倒された」。

それが今では、二つ目はおろか、へたすれば前座のぴいぴいでも平気で出しかねません。いやあ、いい時代になったもんです。

芝居の「皿屋敷」

同じ「皿屋敷」でも、一枚の皿が欠けたため腰元お菊をなぶり殺しにする青山鉄山は麹町の猿よりさらに悪質。

これに対して、岡本綺堂(1872-1939)の戯曲『番町皿屋敷』の青山播磨はモロコシ……ですが、芝居だけに一筋縄ではいかず、播磨は自分の真実の恋を疑われ、自分を試すために皿を割られた怒りと悲しみで、残りの皿を全部粉々にした後、お菊を成敗します。

昭和初期の名横綱・玉錦三右衛門(1903-38)はモロコシだったようで、大切にしていた金屏風を弟子がぶっ壊しても怒らず、「おまえたちにけがさえなきゃいい」と、鷹揚なところを見せたそうです。さすがです。

尻餅 しりもち 演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

大晦日。極貧夫婦、女房の尻をたたき餅つきにみせる苦いバレ噺もどき。

【あらすじ】

亭主が甲斐性なしで、大晦日だというのに、餠屋も頼めない貧乏所帯。

女房が、せめて近所の手前、音だけでもさせてほしいと文句を言う。

これは、少しでも金を都合してきてくれという心なのだが、能天気な亭主、これを間に受けて、自作自演で景気よく餠屋に餠をつかせている芝居をしようと言い出す。

夜、子供が寝たのを見計らい、そっと外に出て、聞こえよがしに大声で
「えー、親方、毎度ありがとうございます」
と叫び、子供にお世辞を言ったりする場面も一人二役で大奮闘。

いやがるかみさんに着物をまくらせ、手に水をつけて尻をペッタン、ペッタン。

そのうち、尻は真っ赤になる。

かみさんはしばらくがまんしていたが、とうとう、
「あの、餠屋さん、あと、幾臼あるの?」
「へい、あと二臼です」
「おまえさん、後生だから餠屋さんに頼んで、あとの二臼はおこわにしてもらっとくれ」

【しりたい】

原話は「中華」

明和5年(1768)に抄訳が刊行され、以後につくられた多くの落語、小ばなしのネタ本になった、中国明代の笑話本『笑府』に類話があるとされますが、具体的にどの話がそれに相当するのか、いまひとつはっきりしません。

「尻をたたく」というシチュエーションでいえば、新婚初夜にはでに「泣き声」が聞こえたので、客が後で冷やかすと、実はそれは花婿が、新婦に尻をたたかれて発した声だったという、『笑府』閨風部の艶笑小ばなし「婿呼痛」がそれかもしれません。

おこわと白蒸

もともと上方落語で、オチは東京では「おこわにしとくれ」ですが、上方は「白蒸(しろむし)でたべとくれ」です。

白蒸は、もち米を蒸して、まだ搗いていない状態のもので、なるほど、「もう叩かないどくれ」という意味ではこちらの方が明快でしょう。

上方では笑福亭系の噺で、五代目・六代目松鶴の十八番でした。東京では、あらすじでもテキストにした八代目三笑亭可楽のやり方が現行の基本になっています。

可楽はこの前に「掛取万歳」の後半部を付け、この夫婦の貧乏と能天気を強調しておくやり方でした。

餅屋

江戸時代、ふつう餅つきは12月26日から。

これを餅つき始といいました。

この日から大晦日まで、「引摺り」といって、餅屋が何人かで道具を持ち、得意先を回って歩きます。

正月の餅はおろか、鏡餅も買えないせっぱつまった状況というのは、落語では「三百餅」「子ころし」などにも描かれます。

「尻餅」の直接の原話である、享和2年(1802)刊の江戸板笑話本『臍くり金』中の「餅搗」では、貧乏な医者が下男の三介の尻をたたく設定になっています。

ほのかなエロティシズム

東京でも上方でも、女房の尻をまくって亭主が「白い尻だなあ」と、思わず見とれたように言う(生唾をのみ込む?)セリフがあります。

江戸時代には、アノ時の「後ろから」の体位は、畜生道ということでタブーだったわけで、この亭主も、所帯を持って初めて、まじまじとその部分を拝み、新鮮な感動をおぼえたのでしょう。

いずれにしても、この「餅つき」、禁断のセックスの暗喩と勘ぐれば、エロの色調もより濃厚になってきそうです。(とはいうものの、さほどのもんじゃありません)

三年目 さんねんめ 演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

逝かれた亭主。 出てこない女房。 しびれ切らした亭主。共にわけありで。

【あらすじ】

ある夫婦、大変に仲むつまじく暮らしていた。

ある年、かみさんがふとした風邪がもとでどっと床につき、亭主の懸命の看病の甲斐なく、だんだん弱るばかり。

いよいよ今日か明日かという時になって、病人は弱々しい声で
「私が死んだ後、あなたが後添いをおもらいになると思うとそればかりが心残りでございます」
と言う。

「なにを言っている、あたしはおまえに万万が一のことがあっても、決して生涯、再婚などしない」
といくら言っても、
「いえ、あなたは必ず後添いをおもらいになります」
と繰り返すばかり。

あまりしつこいので亭主、
「そんなことはない。決してそんなことはないけれども、もし、あたしが後添いをもらうようなことがあったら、おまえ、婚礼の晩に化けて出ておいで。前妻の幽霊がとりついているようなところに嫁に来るような女はないから、そうすればどうでもあたしは独り身で通さなくてはいけなくなるんだから」
「それでは、八ツの鐘を合図に、きっと」
「ああいいとも」

えらいことを約束してしまったが、亭主のその言葉を聞くと、かみさんやっと安心したのか、にわかに苦しみだしたかと思うと、ついにはかなく息は絶えにけり。

泣きの涙で弔いを出し、初七日、四十九日と過ぎると、そろそろ親類連中がやかましくなってくる。

まだ若いのだし、やもめを通すのは世間の手前よくない、いい人がいるから、ぜひとも再婚しろと、しつこく言われるのを、初めのうちは仏との約束の手前、耳を貸さなかったが、百か日にもなると、とうとう断りきれなくなる。

それはそうで、まさか先妻とこれこれの約束をしたから……などと、ばかなことは言えない。

いよいよ婚礼の晩になり、亭主、幽霊がいつ出るかと、夜も寝ないで待っていたが、八つの鐘はおろか、二日たっても、三日たっても、いっこうに現れないものだから、
「ばかにしてやがる。恨めしいの、とり殺すの、と言ったところで息のあるうちだけだ」

それっきり先妻のことは忘れるともなく忘れ、後妻もそれほど器量が悪いという方ではないから、少しずつなじんでいくうちに、月満ちて玉のような男の子も生まれた。

こうして、いつしか三年目。

子供の寝顔に見入っているうち、ふと先妻のことを思い出している。

と、どこで打ち出すのか、八つの鐘がゴーン。

急にブルブルッと寒気がきたので、これはおかしいと枕元をヒョイと見ると、先妻の幽霊が髪をおどろに振り乱して、恨めしそうにこっちを見ている。

「……あなた、まあ恨めしいお方です。こんな美しい方をおもらいになって、かわいい赤ちゃんまで……お約束が違います」
「じょ、冗談言っちゃいけない。おまえが婚礼の晩に出てくるというから、あたしはずっと待っていたんだ。子供までできた後に恨みを言われちゃ困るじゃないか。なぜもっと早く出てこない」
「それは無理です」
「なぜ?」
「私が死んだ時、坊さんにしたでしょう」
「ああ、親戚中が一剃刀ずつ当てた」
「坊さんでは愛想を尽かされるから、髪の伸びるまで待ってました」

【しりたい】

「原作者」は中興の祖

本業の落語はもちろん、黄表紙、笑話本、滑稽本の執筆から茶道、絵画、狂歌と多芸多才、江戸のマルチタレントとして活躍した桜川慈悲成(しらがわじひなり、1762-1833)が、享和3年(1803)刊の笑話本『遊子珍学問』」中の「孝子経曰、人之畏不可不畏」が原作です。

これは、やもめ男が昼飯を食っていると、ドロドロと死んだ女房が現れたので、幽霊ならなぜ夜出てこないととがめると、「だってえ、夜は恐いんだもん」というオチ。

上方で演じられる「茶漬幽霊」は、「昼飯中」が「茶漬け中」に変わっただけで、大筋とオチは同じです。

「髪がのびるまで待っていた」は、「夜はこわい」の前の幽霊の言い訳で、東京の「三年目」は、ここで切っているわけです。

三年目とは

今でいう三周忌(三回忌)です。『十王経』という仏教の啓蒙書に、七七忌(四十九日)、百ヶ日、一周忌など忌日、法事の規定があるのが始まりです。

坊さんにする

江戸時代までは、髪剃り(こうぞり)といい、男女を問わず、納棺の直前に坊さんに剃髪してもらう習慣がありました。

東は悲話、西はドライ

東京の「三年目」では、亭主は約束を守りたかったのに、周囲の圧力でやむなく再婚する設定で、それだけに先妻に未練があり、オチでも「すれ違い」の悲劇が色濃く出ます。

これに対し、上方の「茶漬幽霊」は、男は女房のことなど小気味いいほどきれいに忘れ、すぐに新しい女とやりたい放題。薄情でドライです。

幽霊が出るのが「茶漬中」というのもふざけていますし、オチも逆転の発想で笑わせ、こっけい噺の要素が強くなっています。

バレ噺「二本指」

類話に「二本指」という艶笑小ばなしがあります。

惚れぬいたかみさんがあの世に行き、ある夜化けて出てきて、「あたしが死んだから、おまえさんが浮気でもしてやしないかと思うと、心配で浮かばれないよ」と愚痴を言います。あんまりしつこいので、めんどうくさくなった亭主、そんなに信用できないならと、自分の道具をスパッと切って渡しますが、翌晩また現れて、「あと、右手の指が二本ほしい」

二代目露の五郎兵衛が「指は知っていた」の題で演じました。逸物をチョン切るときの表情が抱腹絶倒です。

円生、志ん生のくすぐり

●円生

(マクラで、幽霊を田舎言葉で)「恨めしいぞォ……おらァはァ、恨めしいで、てっこにおえねえだから……生き変わり死に変わり、恨みを晴らさでおかねえで、このけつめど野郎」

土左衛門になると、男は下向き、女は上向きで流れてくる。この間横になって流れてきたので、聞いてみたらゲイボーイ。

●志ん生

(亭主が幽霊に)「そんなわけのわからねえ、ムク犬のケツにのみがへえったようなことを言ったって、もうダメだよ」

いやあ、この二人が戦後では「三年目」の双璧でした。

あわびのし【鮑熨斗】演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

与太郎系噺。賢い女房が金をこさえる手立てにご祝儀をレバレッジする知恵。

【あらすじ】

ついでに生きているような、おめでたい男。

今日も仕事を怠けたので、銭が一銭もなく、飯が食えない。

空っ腹を抱えて、かみさんに「何か食わしてくれ」とせがむと、「おまんまが食いたかったら田中さんちで五十銭借りてきな」と言われる。いつ行っても貸してくれたためしがない家だが、かみさん「あたしからだってえば、貸してくれるから」

その通りになった。つまりは信用の問題。

所帯は全部、しっかり者のかみさんが切り盛りしているのを、みんな知っている。

借りた五十銭持って帰り「さあ飯を」と催促するとかみさん、「まだダメだよ」

今度は「この五十銭を持って魚屋で尾頭(おかしら)付きを買っておいで」と命じる。

今度大家のところの息子が嫁を迎えるので、そのお祝いだと言って尾頭付きを持って行けば、祝儀に一円くれるから、その金で米を買って飯を食わせてやる、と言うのだ。

ところが行ってみると鯛は五円するので、しかたがないから、あわび三杯、十銭まけてもらい、買って帰るとかみさん、渋い顔をしたが、まあ、この亭主の脳味噌では、と諦め、今度は口上を教える。

「こんちはいいお天気でございます。うけたまりますれば、お宅さまの若だんなさまにお嫁御さまがおいでになるそうで、おめでとうございます。いずれ長屋からつなぎ(長屋全体からの祝儀)がまいりますけれど、これはつなぎのほか(個人としての祝い)でございます」

長くて覚えられないので、かみさんの前で練習するが、どうしても若だんなをバカだんな、嫁御をおにょにょご、つなぎを津波と言ってしまう。

それでも「ちゃんと一円もらってこないと飯を食わせずに干し殺すよ」と脅かされ、極楽亭主、のこのこと出掛けていく。

大家に会うといきなりあわびをどさっと投げ出し「さあ、一円くれ」

早速、口上を始めたはいいが、案の定、バカだんなに、おにょにょご、津波を全部やってしまった。

腹を立てた大家、あわびは「磯のあわびの片思い」で縁起が悪いから、こんなものは受け取れないと突っ返す。

これでいよいよ干し殺しかとしょげていると、長屋の吉兵衛に出会ったので、これこれと話すと、吉兵衛「『あわびのどこが縁起が悪いんだ。おめえんとこに祝い物で、ノシが付いてくるだろう。そのノシを剥がして返すのか。あわびってものは、紀州鳥羽浦で海女が採るんだ。そのアワビを鮑のしにするには、仲のいい夫婦が一晩かかって作らなきゃできねえんだ。それを何だって受け取らねえんだ。ちきしょーめ、一円じゃ安い。五円よこせ』って尻をまくって言ってやれ」とアドバイス。

「尻まくれねえ」「なぜ?」「サルマタしてねえから」

そこで大家の家に引き返し、今度は言われた通り威勢よく、「一円じゃ安いや。五円よこせ五円。いやなら十円にまけてやる……ここで尻をまくるとこだけど、事情があってまくらねえ」

【しりたい】

五代目志ん生が得意に

原話は不詳。上方落語「鮑貝」を、おそらく明治中期に東京に移植したものです。これもまた、五代目志ん生の得意とした噺です。

古いオチは、大家が「丸い『の』の字ではなく、つえを突いたような形の『乃』の字があるが、あれはどういうわけだ?」と聞くと、ぼんくら亭主が「あれはアワビのおじいさんです」というもの。

大阪では、「生貝をひっくり返してみなはれ。裏はつえ突きのしの形になってある」となりますが、「つえ突きのし」という言葉が、戦後、わかりにくくなったので、志ん生が「サルマタしてねえ」という前のセリフを生かして、多少シモがかったオチに改めたのでしょう。

大阪では、さらに「カタカナの『シ』の字のしは?」と聞かれ、「あれは生貝がぼやいているところや」「アワビがぼやくかい」「アワビやさかい、ぼやく。ほかの貝なら、口を開きます」と落す場合がありますが、なんだか要領を得ません。

磯のアワビの片思い

アワビの貝殻が片面だけ、つまり巻貝なので、「片思い」と掛けた洒落です。それだけのことです。

昔は「現物」使用

熨斗(のし)は元来、「あわびのし」だけを指しました。というのも、昔は生のアワビの一片を方形の紙に包み、祝いののしにしたからで、婚礼の引き出物としてあわびのしを贈る習慣は16世紀ごろからあったそうです。

不祝儀の場合は、のしを付けないのが古くからの習わしでした。ただ、この噺で語られる通り、あわびのしは紀州特産で、生産量も少ないため、時代が下るにつれ、簡略なものとして「の」「乃」「のし」などと書いたものが代用されるようになったわけです。

現在では品物の包みに水引を掛け、その右肩に小さな黄色い紙を四角い紙で包んだのが本格で高級品。ただ、今はほとんどその形を印刷したもので済ますので、もうあの形が何を表すのか、ほとんど忘れられていますね。

「のしあわび」は酒の友

言葉がひっくり返って「あわびのし」が「のしあわび」になると、これは飲み助にはかっこうのツマミです。アワビは保存が利くものなので、婚礼などの吉例の場では料理にも使われますが、煮て干したものは固くてそのままでは食べられず、のして(伸ばして)柔らかくしたものが酒盛りの肴として珍重されました。ただし、生のアワビだけは犬の夕飯専用です。

【鮑熨斗 古今亭志ん生】

おなおし【お直し】演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

廓噺。吉原育ちの男女が切羽詰まって商売を。辛くて悲しいのになぜかガハハ。

【あらすじ】

盛りを過ぎた花魁(おいらん)と客引きの若い衆が、いつしか深い仲に。

廓では「同業者」同志の色恋はきついご法度。

そこで隠れて忍び逢っていたが、いつまでも隠し通せない。

主人に呼ばれ、
「困るじゃないか。おまえたちだって廓の仁義を知らないわけじゃなし。ええ、どうするんだい」

結局、主人の情けで、女は女郎を引退、取り持ち役の「やり手」になり、晴れて夫婦となって仲良く稼ぐことになった。

そのうち、小さな家も借り、夫婦通いで、食事は見世の方でさせてもらうから、金はたまる一方。

ところが、好事魔多し。

亭主が岡場所通いを始めて仕事を休みがちになり、さらに博打に手を染め、とうとう一文なしになってしまった。

女房も、主人の手前、見世に顔を出しづらい。

「ええ、どうするつもりだい、いったい」
「どうするって……しようがねえや」

亭主は、友達から「ケコロ」をやるように勧められていて、もうそれしか手がない、と言う。

吉原の外れ、羅生門河岸で強引に誰彼なく客を引っ張り込む、最下級の女郎の異称。

女が二畳一間で「営業」中、ころ合いを見て、客引きが「お直し」と叫ぶと、その度に二百が四百、六百と花代がはねあがる。

捕まえたら死んでも離さない。

で、
「ケコロはおまえ、客引きがオレ」

女房も、今はしかたがないと覚悟するが、
「おまえさん、焼き餠を焼かずに辛抱できるのかい」
「できなくてどうするもんか」

亭主はさすがに気がとがめ
「おまえはあんなとこに出れば、ハキダメに鶴だ」
などとおだてを言うが、女房の方が割り切りが早い。

早速、一日目に酔っぱらいの左官を捕まえ、腕によりをかけてたらし込む。

亭主、タンカを切ったのはいいが、やはり客と女房の会話を聞くと、たまらなくなってきた。

「夫婦になってくれるかい?」
「お直し」
「おまえさんのためには、命はいらないよ」
「お直し」
「いくら借金がある? 三十両? オレが払ってやるよ」
「直してもらいな」

客が帰ると、亭主は我慢しきれず、
「てめえ、本当にあの野郎に気があるんだろ。えい、やめたやめた、こんな商売」
「そう、あたしもいやだよ。……人に辛い思いばかりさせて。……なんだい、こん畜生」
「怒っちゃいけねえやな。何もおまえと嫌いで一緒になったんじゃねえ。おらァ生涯、おめえと離れねえ」
「そうかい、うれしいよ」
とまあ、仲直り。

むつまじくやっていると、さっきの酔っぱらいがのぞき込んで、
「おい、直してもらいねえ」

底本:五代目古今亭志ん生

【しりたい】

ケコロ

ケコロというのは、もともと吉原に限らず、江戸の各所に出没していた最下級の私娼の総称です。

ただし、吉原のケコロは、江戸の寛政年間(1789-1801)にはもう絶えていたようです。

羅生門河岸

つまり吉原の京町2丁目南側、お歯黒どぶといわれた真っ黒な溝に沿った一角を「本拠」にしていました。

「羅生門」とは、ケコロの女が客の腕を強引に捕まえ、放さなかったことから、源頼光四天王の一人・渡辺綱が鬼女の片腕を斬り落とした伝説の地名になぞらえてつけられた名称とか。なんだか、こわごわとしたかんじがしますね。

表向きは、ロウソクの灯が消えるまで二百文が相場ですが、それで納まるはずはありません。

この噺のように、「お直し、お直しお直しィッ」と、立て続けに二百文ずつアップさせ、結局、素っ裸にむいてしまうというオソロシい魔窟だったわけです。

志ん生のおはこ

この噺は、五代目古今亭志ん生が復活させ、昭和31年度(1956年)の芸術祭賞を受賞しました。志ん生亡き後は、次男の志ん朝のものだったでしょう。

【お直し 古今亭志ん朝】