粗忽の使者 そこつのししゃ 演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

「そこつ」って、言ったことない人。使ってみると意外によい語感かも。

【あらすじ】

杉平柾目正(まさめのしょう)という大名の家臣・地武太治部右衛門という間抜けな名の侍。

驚異的な粗忽者だが、そこが面白いというので殿さまのお気に入り。

ある日、大切な使者を仰せつかり、殿さまのご親類の赤井御門守の屋敷に赴かねばならない。

家を出る時がまた大変。

慌てるあまり猫と馬を間違えたり、馬に後ろ向きで乗ってしまい、
「かまわぬから、馬の首を斬って後ろに付けろ」
と言ってみたりで大騒ぎ。

先方に着くと、きれいに口上を忘れてしまう。

腹や膝をつねって必死に思い出そうとするが、どうしてもダメ。

「かくなる上は……その、あれをいたす。それ、あれ……プクをいたす」
「ははあ、腹に手をやられるところを見るとセッップクでござるか」
「そう、そのプク」

応対の田中三太夫、気の毒になって、
「何か思い出せる手だてはござらぬか」
と聞くと、治部ザムライ、幼少のころから、物忘れをした時には、尻をつねられると思い出す、ということをようやく思い出したので、三太夫が早速試したが、今まであまりつねられ過ぎてタコになっているため、いっこうに効かない。

「ご家中にどなたか指先に力のあるご仁はござらんか」
と尋ねても、みな腹を抱えて笑うだけで助けてくれない。

これを耳にはさんだのが、屋敷で普請中の大工の留っこ。

そんなに固い尻なら、一つ釘抜きでひねってやろうと作事場に申し出た。

三太夫はわらにもすがる思いでやらせることにしたが、大工を使ったとあっては当家の名にかかわるので、留っこを臨時に武士に仕立て、中田留五郎ということにし、治部右衛門の前に連れていく。

あいさつは丁寧に、頭に「お」、しまいに「たてまつる」と付けるのだと言い含められた留、初めは
「えー、おわたくしが、おあなたさまのおケツさまをおひねりでござりたてまつる」
などとシャッチョコばっていた。

治部右衛門と二人になると途端に地を出し、
「さあ、早くケツを出せ。……汚ねえ尻だね。いいか、どんなことがあっても後ろを向くなよ。さもねえと張り倒すからな」

えいとばかりに、釘抜きで尻をねじり上げる。

「ウーン、痛たたた、思い出してござる」
「して、使者の口上は?」
「聞くのを忘れた」

【しりたい】

この続き

今では演じられませんが、この後、治部右衛門が使者に失敗した申し訳に腹を切ろうとし、九寸五分の腹切刀と扇子を間違えているところに殿さまが現れ、「ゆるせ。御門守殿には何も用がなかった」と、ハッピーエンドで終わります。

使者にも格がある

治部右衛門は直参ではなく、大名の家来の陪臣、それも下級藩士ですから、直接門内に馬を乗り入れることは許されません。必ず門前で下馬し、くぐり戸から入ります。

作事場とは?

大名屋敷に出入りする職人、特に大工の仕事場です。

「作事小屋」「普請小屋」ともいい、庭内に小屋を建てることもありました。

大大名では、作事奉行、作事役人が指揮することもあります。

おなじみの「太閤記」では、木下藤吉郎が作事奉行で実績をあげ、出世の糸口としています。

赤井御門守

赤井御門守(あかいごもんのかみ)とは、ふざけた名前です。

もちろん架空の殿さまです。

あるいは「赤門」で加賀百万石・前田家をきかせたのかもしれませんが、どう見てもそんな大大名ではありません。

妾馬」での円生によると、ご先祖は公卿・算盤数得卿玉成で、任官して「八三九九守」となった人とか。石高は123,456石7斗8升9合半と伝わっています。

火焔太鼓」では太鼓、「妾馬」では女と、やたらと物を欲しがるのも特徴です。

落語の殿さまにはこのほかに、根引駿河守吝(やぶ)坂慾之守治部右衛門の主君、杉平柾目正などがいます。

でも、赤井の殿さまほど有名じゃありませんね。

【粗忽の使者 柳亭市馬】

 

コメントを残す