鈴ふり すずふり 演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

遊行寺が舞台、仏門の噺。禁欲の証は一物に鈴付けて。バレ噺の傑作です。

別題:鈴まら

【あらすじ】

藤沢の遊行寺という名刹。この寺の住職は大僧正の位にあって、千人もの若い弟子が一心に修行に励んでいる。

なにせ弟子の数が多いので、さしもの大僧正も、この中から誰を自分の跡継ぎに選んだらよいか、さっぱりわからない。

そこでいろいろ相談した結果、迷案がまとまった。

旧暦五月のある日、いよいよ次期住職を決める旨のお触れが出る。

その当日、誰も彼も、ひょっとして俺が、いや愚僧がというので、寺の客殿には末寺から押し寄せた千人の僧侶がひしめき合って、青々としてカボチャ畑のような具合。

そこでなにをするかというと、千人一人一人の男のモノに、太白の紐が付いた小さな金の鈴をちょいと結んで
「どうぞ、こちらへ」

次々と奥に通される。

一同驚いていると、やがて御簾の内から大僧正の尊きお声。

「遠路ご苦労である。今日は吉例吉日たるによって、御酒、魚類を食するように」

ただでさえ生臭物は厳禁の寺で、酒をのめ、それ鰻だ、卵焼きだというのだから、どうなっているのかと目を白黒させていると、なんとお酌に、新橋、柳橋の選りすぐりの芸者がずらりと並んで入ってくる。

しかも、そろって十七、八から二十という若いきれいどころ。色気たっぷりにしなだれかかってくるものだから、普段女色禁制で免疫のできていない坊さん連はたまったものではない。

「色即是空、空即是色」
と必死に股間を押さえていると、隣で水もしたたる美女が
「あなた、何をそう、下ばかり向いて」
と、背中をぽんとたたく。

「あっ」
と手を放したとたんに、親ではなくセガレの方が上を向き、くだんの鈴がチリーン。

たちまち、あっちでもこっちでもチリーン、チリーン、チリチリリーン。

千個の鈴の妙なる音色、どころではない。

そのかまびすしい音を聴いて、大僧正、嘆くまいことか。

涙にくれて、
「ああ情けなや。もう仏法も終わりである。千人の全部が全部、鈴を鳴らそうとは」

ところがふと見ると、年のころ二十くらいの若い坊さんがただ一人、数珠をつまぐりながら座禅を組んでいる。

よく聞くと、その坊さんの股間からだけは、鈴の音なし。

大僧正、感激の涙にむせび、これで合格者は決まったと、さっそく呼び寄せて前をまくってみたら鈴がない。

「はい、とっくに振り切れました」

底本:五代目古今亭志ん生

【しりたい】

志ん生おはこのバレ噺

五代目古今亭志ん生の一手専売だったバレ噺(エロ噺)です。ネタがネタだけに、当人も寄席ではやれず、特殊な会やお座敷だけのサービス品でした。

ただし、珍しくずうずうしくも昭和36年(1961)5月の東横落語会で堂々と演じたライブの音源は、脳出血で倒れる半年ほど前の、元気な頃の最後の高座のものです。

「鈴ふり」のマクラに志ん生が必ずつけたのが、関東十八檀林の言い立て。

挙げられる十八か寺は、浄土宗で大僧正となるために修行しなければならない関東の諸名刹です。

この噺の舞台、藤沢の遊行寺は、一遍上人の「踊り念仏」で有名な時宗の総本山。正しくは藤沢山無量光院清浄光寺といいます。

「時宗」という呼称は寛永8年(1631)から。江戸幕府から時宗274寺の総本山と認められるところから始まります。意外に新しいのです。

規模が小さいことと同じ念仏系のため、浄土宗系寺院と重なることもありますが、この噺のごちゃごちゃぶりはさすがに落語的です。

志ん生の長男で、まじめそのものの芸風だった(ここがまたいいのですが)十代目金原亭馬生もたまに演じていました。

昭和33年(1958)10月11日の「第67回三越落語会」。

志ん生はトリで「黄金餅」をやる予定でした。その前に八代目林家正蔵(彦六)が「藁人形」を。これは関係者の不手際によるもの。ひとつの興行で同じ傾向の噺が続くのを「噺がつく」と忌むのが落語の世界です。

そこで、志ん生は客にことわって「鈴ふり」をみっちりやったといいます。

関東十八檀林の言い立て

「檀林」とはお坊さんの修行道場で学問所。

ここでいう「関東十八檀林」は浄土宗の寺院をさします。浄土宗は徳川家康が信仰していたことから、宗派における地位は優越でした。

江戸の町では、浄土宗と日蓮宗が信者獲得競争に明け暮れしており、その勢力と知名度は他宗派をしのいでいました。

浄土宗のお坊さんは寺を巡るごとに出世していったわけですね。志ん生の言い立てを再現してみましょう。

その修行の一番はなへ飛び込むのはってェと、下谷に幡随院(ばんずういん)という寺がある。その幡随院に入って修行をして、その幡随院を抜けて、鴻巣の勝願寺(しょうがんじ)という寺へ入る。この勝願寺を抜けまして、川越の蓮馨寺(れんけいじ)へ。蓮馨寺を抜けまして、岩槻の浄国寺(じょうこくじ)という寺に入る。浄国寺を抜けまして、下総小金の東漸寺(とうぜんじ)という寺に入り、東漸寺を抜けて、生実(おうみ)の大厳寺(だいがんじ)へ入り、滝山の大善寺(だいぜんじ)へ入る。ここから、常陸江戸崎の大念寺(だいねんじ)へ入って、上州館林の善導寺(ぜんどうじ)へ入る。それから、本所の霊山寺(りょうざんじ)へ入って、結城の弘経寺(ぐきょうじ)へ入って、ここで紫の衣一枚となるまで修行をしなければならない。それから、下総国飯沼の弘経寺(ぐきょうじ)というところへ入る。ここは十八檀林のうちで、隠居檀林といって、この寺で、たいがい体が尽きちゃう。そこを、一心になって修行をして、この寺を抜けて、深川の霊厳寺(れいがんじ)に入り、霊厳寺を抜けて、上州新田の大光院(だいこういん)に入って、瓜連(うりづら)の常福寺(じょうふくじ)に入って、そうして、紫の衣二枚になって、それより、えー、小石川の伝通院(でんづういん)へ入り、伝通院を抜けて、鎌倉の光明寺(こうみょうじ)へ入って、そこで緋の衣一枚となって、それより、江戸は芝の増上寺(ぞうじょうじ)に入って、増上寺で修行をして、緋の衣二枚となって、はじめて大僧正の位となるという……ここまでの修行が大変であります。

【鈴ふり 古今亭志ん生】

コメントを残す