まつだかが【松田加賀】演目


一見歌舞伎の世話物かと思いきや、やっぱり落語でした。

別題:頓智の藤兵衛

【あらすじ】

本郷も 兼安までは 江戸のうち

その本郷通りの雑踏で、年端もいかない小僧按摩が、同じ盲人に突き当たった。

こういう場合の常で、互いに杖をまさぐり合い、相手は按摩の最高位である検校とわかったから、さあ大変。

相手は、公家や大名とも対等に話ができる身分。

がたがた震えて、「ごめんくださいまし。ご無礼いたしました」という謝罪の言葉が出てこず、ひたすらペコペコ頭を下げるだけ。

こやつ、平の按摩の分際であいさつもしないと、検校は怒って杖で小僧をめった打ち。

これから惣録屋敷に連れていき、「おまえの師匠に掛け合う」と大変な剣幕。

周りは十重二十重の野次馬。

「おい、年寄りの按摩さん。かわいそうじゃねえか。よしなよッ」
「なに、わしはただの按摩ではない。検校だ」
「それなら、家に帰ってボウフラでも食え」
「なんだ?」
「金魚」
「金魚じゃない。けんぎょお」

大変な騒ぎになった。

そこへ通り合わせたのが、神道者で長年このあたりに住む、松田加賀という男。

話を聞いて、自分が一つ口を聞いてやろうと、
「もしもし、そこな検校どの。あなたに突き当たった小僧、年がいかないから度を失って、わびの言葉が出てこない。仲人は時の氏神、と申します。ここは私に任して、まるく納まってはくださいますまいか」
と丁重に持ちかけた。

検校は
「これはこれは、あなたはもののよくおわかりになる。お任せはしましょうが、ご覧の通り、わたくしは晴眼の方とは違います。あなたのお顔、なり形などは皆目わからない。仲人をなさいますあなたさまの、お所お名前ぐらいは承りたい」
と言うので、加賀、
「これは失礼いたしました。私はこの本郷に住んでいる、松田加賀と申します」
と正直に返事をしたが、興奮が冷めない検校、本郷のマツダをマエダと聞き違えて、これはすぐ近くに上屋敷がある、加賀百万石のご太守と勘違い。

「加賀さま……うへえッ」
と、杖を放り捨てて、その場に平伏。

加賀も、もう引っ込みがつかないから、威厳を作って
「いかにも加賀である」
「うへえーッ」
「検校、そちは身分のある者じゃな。下々の者は哀れんでやれ。けんか口論は見苦しいぞ」
「へへー。前田侯のお通り先とも存じませず、ご無礼の段は平にお許しを」

検校がまだ這いつくばっている間に、加賀はさっさと先へ行くと、
「高天原に神留まりまします」
と、門付けの御祓いをやりはじめた。

そうとは知らない検校、
「ええ、以後は決して喧嘩口論はいたしません。ご重役方にも、よろしくお取りなしのほどを」
と、さっきとは大違いで、ひたすらペコペコ。

野次馬連中、喜んでわっと笑った。

検校、膝をたたき
「さすがは百万石のお大名だ、たいしたお供揃え」

出典:八代目林家正蔵(彦六)

【しりたい】

元は「とんち噺」  【RIZAP COOK】

原話は、安永4年(1775)刊の笑話本『新落ばなし一のもり』中の「乗打」です。

これは、身分の低い盲人の配当が、最高位の検校に乗打、つまり駕籠に乗ったまま挨拶せずに行き過ぎたのをとがめられ、難渋しているのを、通りすがりの神道者が機転をきかせ、大名と偽って助けるというもので、オチは現行と同じです。

これが落語化され、仲裁者を「頓知の藤兵衛」という知恵者にし、藤兵衛が人助けでなく、大名に化けて盲人二人をからかうという、演じ方によってはあざとい内容になりました。

彦六が改題、洗練  【RIZAP COOK】

明治から大正にかけて「頓智の藤兵衛」の題で三代目小さんが得意にしていました。

戦後、しばらくすたれていたのを、八代目林家正蔵(彦六)が原話に近い形に戻した上、人情味を加味して、重厚な内容に仕上げました。演題を「松田加賀」と変えたのも正蔵です。正蔵はこの噺を若き日、私淑した円朝門下の三遊一朝老人(1930年没)に教わっています。

「頓智の藤兵衛」で演じるときは、「前田加賀」との洒落ができないため、当然、演出が大きく変わりますが、現在、このやり方は継承されません。速記、音源とも、残るのは正蔵のもののみです。正蔵の没後、昭和58年(1983)に三遊亭円窓が復活して高座に掛けました。

按摩は杖にも階級  【RIZAP COOK】

平按摩は普通の木の杖、座頭は杖の上端に丸い把手が一つ、匂頭は上端に横木が半分渡してある片撞木、検校になると完全に横木を渡したT字型の撞木の塗杖を用いました。

検校  【RIZAP COOK】

盲人(按摩)の位は、衆分(平按摩)→座頭→匂頭→別当→検校→総検校の順で、検校の位を得るには、千両の金が必要でした。衆分は上納金がまったく払えない者で、市名を名乗り、公式にはもみ療治、鍼医、琵琶法師などの営業を許可されませんでした。

座頭になって初めて最下級の位がもらえ、「一」か「城」の名を付けることができます。したがって、勝新太郎やビートたけしの「座頭市」は厳密には誤り。「座頭一」でなければなりません。検校に出世すると、紫衣を着て撞木杖を持ち、高利貸などを営むことを許されました。

総検校  【RIZAP COOK】

検校の上が総検校です。江戸中期までは、総検校は京都にいましたが、元禄6年(1693)に鍼医の杉山検校和一が五代将軍綱吉の病を治したほうびに、総検校の位と、本所に屋敷を拝領。総検校から平按摩まで、すべての盲人の支配権を握りました。この時が、総録屋敷の始まりです。

官位のための上納金は、「三味線栗毛」にも出てくるように、座頭が十両、匂頭で百両、検校で千両でした。

江戸の総検校→京都の公家・久我家→京都の総検校の順に上納金が渡り、それぞれで中間搾取される仕組みになっていたわけです。神道者については「人形買い」をご参照ください。

兼安  【RIZAP COOK】

本郷は二、三丁目までは江戸御府内、四丁目から先は郡部とされていました。本郷三丁目の四丁目ギリギリにある兼安小間物店は、売り物の赤い歯磨き粉と堀部安兵衛自筆とされる看板で、界隈の名物でした。現在も健在です。

【語の読みと注】
兼安 かねやす
検校 けんぎょう
座頭 ざとう
匂頭 こうとう
片撞木 かたしゅもく
衆分 しゅうぶん
市名 いちな
神道者 しんとうしゃ しんとうじゃ しんどうじゃ

落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席


コメントを残す