かっちけなしのみありのたね【忝け梨の実ありの種】むだぐち ことば

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

「かっちけなし」は「かたじけなし」の江戸なまりで、「ありがたい」の意。語尾の「なし」を梨の実に掛け、さらに、梨が「無し」に通じて忌みことばなので「有りの実」と呼ぶことから「ありがたい」としゃれています。

最後の「種」は「実」の縁語でダメを押したもの。単なる感謝の意味を、二重三重に言葉遊び化して茶化しているところに、江戸東京人のシャイさが伺えます。

同義の表現に「忝なすびの香の物」「忝なすびの鴫焼き」があります。こちらは「なし」を茄子とその料理法に掛けた洒落ですね。

【語の読みと注】
忝い かたじけない
鴫焼き しぎやき

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

コメントを残す