さんすけまったり【三助待ったり】むだぐち ことば

スヴェンソンの増毛ネット

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

三助は、湯屋の窯焚き、または商家に雇われた飯炊きの奉公人。ともに火を扱う仕事だけに、バタバタしやすいことから、「そんなにあわてず、落ち着いて待ちなさい」という意味の日常語となったものです。そこからニュアンスを違えて「おっと待った、そうはさせない」とも。

こちらは将棋で、相手を牽制するむだぐちになるでしょう。寛政年間(1789-1801)ごろの流行語です。元は「三助舞ったり」で、これは、からくりの玩具で獅子を舞わせるときの掛け声。「獅子の洞入、洞返り、三介舞(待)ったり三介舞(待)待ったり」などと囃すもの。これはお座敷芸でしょうが、大道芸の可能性もあり、どちらかはよくわかりません。この掛け声自体、からくりの獅子がふらふら危なくて落ちそうなので、落ち着けということで「待ったり」と掛けているのかもしれません。

スヴェンソンの増毛ネット

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

コメントを残す