せんきのむし【疝気の虫】演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

疝気とは泌尿器科全般の病。そこに虫がいて悪さする果てに女体ではどうなる。

【あらすじ】

ある医者が妙な夢を見る。

おかしな虫がいるので、掌でつぶそうとすると、虫は命乞いをして「自分は疝気の虫といい、人の腹の中で暴れ、筋を引っ張って苦しめるのを職業にしているが、蕎麦が大好物で、食べないと力が出ない」と告白する。

苦手なものはトウガラシ。

それに触れると体が腐って死んでしまうため、トウガラシを見ると別荘、つまり男のキンに逃げ込むことにしているとか。

そこで目が覚めると、これはいいことを聞いたと、張り切って往診に行く。

たまたま亭主が疝気で苦しんでいて、何とかしてほしいと頼まれたので、先生、この時とばかり、かみさんが妙な顔をするのもかまわず、そばをあつらえさせ、亭主にその匂いをかがせながら、かみさんにたべてもらう。

疝気の虫は蕎麦の匂いがするので、勇気百倍。すぐ亭主からかみさんの体に乗り移り、腹の中で大暴れするので、今度はかみさんの方が七転八倒。

先生、ここぞとばかり、用意させたトウガラシをかみさんになめさせると、仰天した虫は急いで逃げ込もうとその場所に向かって一目散に腹を下る。

「別荘はどこだ、別荘……あれ、ないよ」

【しりたい】

疝気

江戸時代の漢方の病名など大ざっぱですから、要するに男のシモの病全般、尿道炎、胆石、膀胱炎、睾丸炎等々、ひっくるめて疝気と称していました。昔から「疝気の大きんたま」などというのもそのためです。ちょうど女の癪(しゃく)に相当するもので、

「悋気(りんき)は女の慎むところ、 疝気は男の苦しむところ」

というのは落語のマクラの紋切り型。落語に登場の病気では、癪・恋わずらいと並んでビッグ3でしょう。「藁人形」「万病円」「にせ金」「夢金」「狸の釜」ほか、挙げればキリがありません。

この噺の「療法」はもちろんインチキのナンセンスですが、実は、疝気の正体はフィラリアという寄生虫病という説もあり、あながち虫に縁がなくもありません。

なお、噺の中で疝気の虫がそばが好物というのは、そばは腹が冷えるので、疝気には禁物とされていたのを戯画化したのでしょう。

戦後では、五代目古今亭志ん生の独壇場で、四代目三遊亭円遊も得意でした。

志ん生と「疝気の虫」

昭和24年(1949)の新東宝映画『銀座カンカン娘』で、落語家・桜亭新笑に扮した五代目志ん生(当時59歳)が「疝気の虫」を縁側で稽古する場面をご記憶の方はいらっしゃるでしょうか。

旧満州から帰国後間もなく、まだすっきりと痩せていますが、そばをたぐるしぐさはなかなかあざやかなものです。

志ん生は実演では最後に「別荘……」と言って、キョロキョロ辺りを見回す仕草で落としていました。

その他の演者では、バレ(艶笑)の要素を消すため、

「ひょいと表に飛び出した」「畳が敷いてあった」「スポッ」

などとすることもあります。 

疝気のマジメな療法

最近人気の怪談集「新耳嚢」の本家、根岸鎮衛著「耳嚢」巻五に、疝気の薬としてブナの木の皮を用いたところ、翌日にはケロリと治ってしまったという逸話が載っています。漢方にはこのような処方はなく、

「阿蘭陀(おらんだ)法の書を翻訳 する者有て其(の)説を聞(く)に、 符を号するが如しとかや(よく合致するようだ)」

とあります。同書にはそのほかにも、疝気治療に関するまじないや薬の記述が多く、やれ「マタタビ一匁を酒か砂糖湯に 溶かしてのむ」とか、四国米を毎日4-5粒ずつ食べろとか、著者当人も相当悩まされた末、ワラにもすがったあとがありありです。

【疝気の虫 古今亭志ん生】