ひものばこ【干物箱】演目

【RIZAP COOK】

落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

善公が若旦那の身代わりに。志ん生や文楽ので有名ですね。

別題:大原女 作生 吹替息子(上方) 

【あらすじ】

銀之助は遊び好きの若旦那。

外出を親父に禁止されている。

「湯へ行く」と偽り、貸本屋の善公の長屋へ。

借金漬けの善公、声色は天下一品。亀清の宴会で銀之助の声色をしたら大ウケだった。

厠から戻った銀之助の親父が「家で留守番していろというのに、またてめえ来やがって」と、怒りだしたほどだ。

その一件を思い出した若旦那、自分が花魁に会っている間、善公に家での身代わりを頼む。

善公は羽織一枚と十円の報酬で引き受けた。

「お父っつぁん、ただいま帰りました。おやすみなさい」
と善公、うまく二階に上がりはしたが、
「今朝、お向こうの尾張屋からもらった北海道の干物は何の干物だった」
との父親の質問には
「お魚の干物です」
「青物の干物があるかい。どこに入れといた」
には
「干物箱」
と、しどろもどろ。

「干物箱? どんな箱だい」
「これは困った。羽織一枚と十円ぐらいじゃ割が合わねえ。今ごろ若旦那は芸者、幇間とばか騒ぎかよ」
などと、長い独り言。

「変な声を出しやがって」
と、いよいよ親父が二階に上がってしまい、善公であることがばれる。

そこへ、忘れ物を取りに戻ってきた若旦那。

「この罰当たりめ。どこォ、のそのそ歩いてやがる」

親父のどなり声を聞いて
「はっはァ、善公は器用だ。親父そっくりだ」

底本:八代目桂文楽

【RIZAP COOK】

【しりたい】

亀清楼  【RIZAP COOK】

明治以来、政財官界お偉方ご用達の高級料亭は東京に何軒もありますが、安政元年(1854)創業にして21世紀の今も台東区柳橋に健在のこの店こそ、日本の近代史の裏側を見つめてきた「国宝級」の老舗といえるでしょう。

伊藤博文ほか、明治政府の高官が柳橋花柳界とともに贔屓にしたことで知られる「亀清」は、以後一世紀以上にわたり、その奥座敷で歴史を左右した政策決定の談合が何度も行われてきたという、いわば「陰の永田町・霞ヶ関」。森鷗外の小説『青年』にも登場します。

ルーツは上方  【RIZAP COOK】

原話は古く、延享4年(1747)京都板の笑話集『軽口花咲顔』の「物まねと入替り」で、筋は現行の噺とほぼ同じですが、オチらしいオチはなく、身代わりを頼まれた悪友が親父に踏み込まれ、「こは不調法」と言って逃げた、というだけです。

別題としては上方落語版で使われる「吹替息子」が一般的ですが、「大原女」「作生」とも呼ばれています。

「大原女」は、東京で五代目古今亭志ん生がやった演出に由来するものです。

「作生」の方ははっきりしませんが、「生」は古い上方言葉の「なまたれる」で、「物腰がしゃっきりしない」「優柔不断」意味があるので、軟派で道楽者の作次郎(若だんなの名?)くらいの意味でしょうか。

鼻の円遊から文楽、志ん生へ  【RIZAP COOK】

明治期の東京では、鼻の円遊こと初代(俗に)三遊亭円遊が独特のくすぐりを入れて改作し、十八番にしていました。

明治22年(1889)刊「百花園」掲載の円遊の速記では、若だんなは金之助、身代わりになるのは取り巻きのお幇間医者・竹庵となっています。

昭和期には八代目文楽、五代目志ん生がともに好んで演じました。ここでのあらすじは、よりスタンダードな文楽版を参考にしています。

志ん生のやり方は、前項の「大原女」のくだりで少し触れましたが、文楽のものとはやや趣を違えていて、若だんなが親父の代理で出席した連座(出席者が俳句を作り、秀句を互選するサークル)で出た、「大原女も 今朝新玉の 裾長し」の句を、親父と身代わり(善公)とのやり取りに使っています。

そのほか、親父が若だんな宛の花魁の手紙を読み、自分の悪口が書いてあるのを見つけ、怒って二階へ上がるというやり方もあります。

【語の読みと注】

作生 さくなま
大原女 おはらめ
新玉 あらたま

【RIZAP COOK】

きんじつむすこ【近日息子】演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

上方噺。三十近い、このどら息子、ばかなんだか、こざかしいんだか。

【あらすじ】

三十歳近くになるが、ぼんくらな一人息子に、おやじが説教している。

芝居の初日がいつ開くか見てきてくれと頼むと、帰ってきて明日だと言うから、楽しみにして出かけてみると「近日開演」の札。

「バカヤロ、近日てえのは近いうちに開けますという意味だ」
とおやじが叱ると、
「だっておとっつぁん、今日が一番近い日だから近日だ」

なにしろふだんから、気を利かせるということをまるで知らない。

「おとっつぁんが煙管(きせる)に煙草を詰めたら煙草盆を持ってくるとか、えへんと言えば痰壺を持ってくるとか、それくらいのことをしてみろ。そのくせ、しかるとふくれっ面ですぐどっかへ行っちまいやがって」
とガミガミ言っているうち、おやじ、かわやに行きたくなったので、
「紙を持ってこい」
と言いつけると、出したのは便箋と封筒。

「まったくおまえにかかると、よくなった体でも悪くなっちまう」
と、また小言を言えば、せがれ、プイといなくなってしまった。

しばらくして医者の錆田先生を連れて戻ってきたから、わけを聞くと
「お宅の息子さんが『おやじの容態が急に変わったので、あと何分ももつまいから、早く来てくれ』と言うから、取りあえずリンゲルを持って」
「えっ? あたしは何分ももちませんか」
「いやいや、一応お脈を拝見」
というので、みても、せがれが言うほど悪くないから、医者は首をかしげる。

それを見ていた息子、急いで葬儀社へ駆けつけ、ついでに坊主の方へも手をまわしたから、説教の薬が効きすぎた。

長屋の連中も、大家が死んだと聞きつけて、
「あのばか息子が早桶担いで帰ってきたというから間違いないだろう、そうなると悔やみに行かなくっちゃなりません」
と相談する。

そこで口のうまい男がまず
「このたびは何とも申し上げようがございません。長屋一同も、生前ひとかたならないお世話になりまして、あんないい大家さんが亡くなるなん……」
と言いかけてヒョイと見上げると、ホトケが閻魔のような顔で、煙草をふかしながらにらんでいる。

「へ、こんちは、さよならっ」
「いいかげんにしろ。おまえさん方まで、ウチのばか野郎といっしょになって、あたしの悔やみに来るとは、どういう料簡だっ」
「へえ、それでも、表に白黒の花輪、葬儀屋がウロついていて、忌中札まで出てましたもんで」
「え、そこまで手がまわって……ばか野郎、表に忌中札まで出しゃがって」
とおやじが怒ると、
「へへ、長屋の奴らもあんまし利口じゃねえや。よく見ろい、忌中のそばに近日と書いてあらァ」

底本:三代目桂三木助

【しりたい】

「近日」は芝居用語

江戸時代の芝居興行では、金主(=スポンサー)と座主(=プロデューサー)のトラブル、資金繰りの不能、役者の「もっといい役をつけろ!」というクレームや、ライバル役者同士の序列争いなど、さまざまな原因で、予定通りに幕が開かないことがしばしばでした。

そこで、それを見越して、初日のだいぶ前から、「近日開演」の札を出して予防線を張っていました。

これを「近日札」といって、大阪・道頓堀の劇場街では、昭和に入っても戦争前まで、このしきたりが残っていたそうです。古くは上方でこれを「前繰(さきぐり)」とも呼びました。

民話からつくられた噺

「病人に坊主」という民話が原型といわれます。

小ばなしでは、先走って寺に知らせるくだりは安永3年(1774)、上方で刊行された笑話本『茶の子餅』中の「忌中」、オチの「近日札」の部分は、その前年に江戸で刊行の『仕形噺口拍子』中の「手まはし」がそれぞれ原話で、この二つをミックスして落語に仕立てたのでしょう。

特に後者は、すでに現在の「近日息子」の後半とほとんど同じです。

三木助の当たり噺に

もともと上方落語で、「吹き替え息子(干物箱)」と同じく「息子」という言い方も大阪のものです。

東京で口演されるようになったのは明治40年ごろからですが、東京の落語家はほとんど手掛けず、もっぱら上方くだりの二代目桂三木助などが、大阪のものをそのまま演じていた程度でした。

大阪での修行時代に二代目桂春団治からこの噺を伝授された生粋の江戸っ子・三代目桂三木助が戦後磨きをかけ、独特の現代的くすぐりをふんだんに入れて大当たり。十八番に仕上げました。

三木助演出の特徴は、年代を大正末期に設定してあるため、長屋の連中の会話がデスマス調でていねいなことや、名前も錆田に長谷川と、新作落語のような印象が新鮮な点でしょう。

三木助のくすぐりから

●(長屋の住人の会話。昨夜乙が湯屋で会った大家が死んだと聞いて)

甲「なんですか? ゆうべ湯に行って帰りにざるを二杯食べると、今朝死ねませんか」
乙「死ねないって理屈はないでしょうけどねえ」
甲「あのね、イースーピン(一四筒)が通ってもチーピン(七筒)が通らない場合があるン」

「イースーピン」のくすぐりは、戦後の麻雀ブームでサラリーマンや学生客に大ウケだったとか。

●(早桶をかついできた息子)

「おとっつあん、ちょっと入ってみてねえ、そいで具合が悪いようだったら、あの、今のうちならね、(寝棺と)取り替えてくれるって」