今戸焼 いまどやき 演目

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

これは短い。千字どころか百字ほどの短いはなしです。

【あらすじ】

役者大好きのかみさんが、今日も芝居に出かけて帰ってこない。

その留守に戻った亭主、おもしろくないので、七輪に火を起こして仰ぎながらブツクサ。

そこへ女房が帰って来て、あれがよかったこれがよかったと芝居と役者の噂ばかりするから
「亭主のオレと役者とどっちが大切だ。さてはてめえ、役者とあやしいな」
と、大げんかになる。

「亭主の帰る時間がわからなくてどうする。でえいち、てめえの言いぐさが気に入らねえ。建具屋の吉っつぁんは音羽屋似だの、源兵衛さんは宗十郎そっくりだのと抜かす前に、少しは自分の亭主をほめろ」
「あら、おまえさん、福助によく似てるよ」
「役者のか?」
「今戸焼の」

底本:五代目三升家小勝

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

【しりたい】

「留さん」得意のシブイ噺

残念ながら、原話はまったく不明です。

戦後は、八代目三笑亭可楽、五代目三升屋小勝、「留さん」こと九代目桂文治など、ややマイナーな玄人好みの落語家がよく演じました。

文治は、いい男の例に長谷川一夫やマーロン・ブランドを出し、「おっかあ、今日は誰の命日だと聞いたら、『佐田啓二さんの』ってやがる」と、くすぐりでオチていました。中井貴一の父である往年の二枚目俳優佐田啓二の事故死は「いだてん」東京オリンピック直前の昭和39年(1964)8月のことでした。

古い速記では、演者名があるものとしては昭和12年(1937)に出版された五代目三升家小勝著『小勝特選落語集』に「福助くらべ」と題して収録されたものが唯一。

福助

本来は、福を招くとされる人形で、七福神の一である福禄寿を写したものでしょう。裃を着て、頭が大きく、ずんぐりした形が特徴。絵にもよく描かれます。叶福助ともいい、寛政年間(1789-1800)に初めて作られました。ただしここでは、その福助の形に似せた今戸焼の火鉢のことです。

今戸焼発祥之地

今戸神社(台東区今戸1丁目)の境内には「今戸焼発祥之地」の碑があります。以下、碑文の内容です。適宜読みやすく直しました。

今戸焼は台東区今戸の地で焼かれてきた日用品の土器類, 土人形類のことで、かつては江戸を代表する焼き物として繁栄していました。地元の今戸神社にある狛犬台座には宝暦2年(1752)に奉納した42人の陶工らの名前が刻まれており、数多く軒を並べていたことがうかがえます。今戸焼の起源は定かではないのですが、伝承によれば天正年間(1573-91)に、このへんの有力豪族だった千葉氏の家臣が今戸あたりで焼き物を始めたという話が残っています。あるいは、徳川家康の入府後、三河の陶工が今戸に移ってきたともいわれています。今戸焼の名としては 18世紀末頃から明らかに見られ、18世紀前半頃に本格的な土器生産が始まったと思われます。その昔、隅田川沿岸は瓦を含めた土製品の生産がさかんだったようで、瓦町の名や瓦焼が早くから知られていました。「江戸名所図絵」には瓦造りの挿絵がみられ、「隅田川長流図巻」(大英博物館所蔵)には今戸焼の窯が描かれています。最近の江戸遺跡の調査によって、施釉土器、土人形や瓦などが多く出土し、そのなかには今戸焼職人の名が刻印されている土器や土人形、今戸の地名を印した瓦もみられて、隅田川沿岸の窯業との関連が注目されています。関東大震災や東京大空襲により職人が次々に区外へ移住し、現在今戸には1軒だけが残り、伝統を伝える「口入れ狐」や「招き猫」などの人形が今でも製作されています。(平成13年3月現在、台東区教育委員会の記述を基にしました)

【語の読みと注】
叶福助 かのうふくすけ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

にんぎょうかい【人形買い】演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

初節句のお返しに人形を。いい年した大人が青っぱなのガキにそそのかされて。

【あらすじ】

長屋の神道者の赤ん坊が初節句で、ちまきが配られたので、長屋中で祝いに人形を贈ることになった。

月番の甚兵衛が代表で長屋二十軒から二十五銭ずつ、計五円を集め、人形を選んでくることになったが、買い方がわからない。

女房に相談すると、「来月の月番の松つぁんは人間がこすからいから、うまくおだててやってもらいな」と言う。

馬鹿正直な甚兵衛がそれを全部しゃべってので、本人は渋い顔。

行きがかり上、しかたなく同行することになったが、転んでもただで起きない松つぁん、人形を値切り、冷や奴で一杯やる金をひねり出す腹づもり。

人形屋に着くと、店番の若だんなをうまく丸め込み、これは縁つなぎだから、この先なんとでも埋め合わせをつけると、十円の人形を四円に負けさせることに成功。

候補は豊臣秀吉のと神宮皇后の二体で、どちらに決めるかは長屋に戻り、うるさ方の易者と講釈師の判断を仰がなければならない。

そこで、さっき甚兵衛が汚い人形と間違えた、青っぱなを垂らした小僧に二体を担がせて店を出る。

ところがこの小僧、とんだおしゃべりで、この人形は実は一昨年の売れ残りで処分に困り、だんなが「店に出しておけばどこかの馬鹿が引っかかって買っていく」と吹っ掛けて値段をつけた代物で、あと二円は値切れたとバラしたから、二人はまんまとだまされたとくやしがる。

その上、若だんなが女中おもよに言い寄るシーンを話し、十銭せしめようとするのでまたまた騒然。

帰って易者に伺いを立てると、早速、卦を立て「本年お生まれの赤さんは金性。

太閤秀吉公は火の性で『火剋金』で相性はよろしからず。

神宮皇后さまは女体にわたらせられるから、水性。

水と金は『金生水』と申して相性がよい。神宮皇后になさい」というご託宣。

二人が喜んで帰ろうとすると、「見料五十銭置いていきなさい」

これで酒二合が一合に目減り。講釈師のところへ行くと「そも太閤秀吉という人は、尾州愛知郡百姓竹阿弥弥助のせがれにして幼名を日吉丸……」と、とうとうと「太閤記」をまくしたてる。

「それで先生、結局どっちがいいんで」                 「豊臣家は二代で滅んだから、縁起がよろしくない。神宮皇后がよろしかろう」

それだけ聞けば十分と、退散しようとすると「木戸銭二人前四十銭置いていきなさい」

これで冷や奴だけになったと嘆いていると「座布団二枚で十銭」。

これで余得はなにもなし。

がっかりして、神道者に人形を届けにいくと、甚兵衛が、ちまきは砂糖をかけなくてはならないからかえって高くつくという長屋の衆の陰口を全部しゃべってしまう。

神道者は「お心にかけられまして、あたくしを神職と見立てて、神宮皇后さまとはなによりもけっこうなお人形でございます。そも神宮皇后さまと申したてまつるは、人皇十四代仲哀天皇の御后にて……」と講釈を並べ立てるから、松つぁん慌てて「待った待った、講釈料は長屋へのお返しからさっ引いてください」

【しりたい】

インチキ祈祷師はいつの世も

上方落語で、三代目三遊亭円馬が明治末年に東京に移植しました。

神道者は、神道系の祈祷師のことで、京都の白河家か吉田家の支配を受け、烏帽子・狩衣姿で鈴を振ってお祓いして回ります。

俗に拝み屋、上方では「祓いたまえ屋」とも呼ばれましたが、仏教系の願人坊主同様、かなり胡散臭い手合いでした。江戸では「しんどうじゃ」と読みます。

江戸の人形屋

人形屋は、大店は俗に十軒店(じっけんだな)、現在の日本橋室町三丁目付近に集まっていました。

そのほか露店で主に土人形や市松人形を安く売る店がそこここにありましたが、この噺の人形は節句の武者人形で、相当値段が張りますから、十軒店のちゃんとした店でしょう。

頭が木彫り、胴体は藁と紙の衣装人形です。

隠れた円生の十八番

円馬の元の型は、人形屋の主人が親切から負けてくれる演出でした。

それを、三代目桂三木助と六代目三遊亭円生が直伝で継承し、それぞれ得意にしていました。

円生では、長屋から集金せず、辰んべという男が博打で取った金を、前借するという段取りです。

現在聞かれる音源は、東京のものは円生の吹き込みのみです。

【人形買い 三遊亭円生】