かんじんかしまのかなめいし【肝心鹿島の要石】むだぐち ことば

スヴェンソンの増毛ネット

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

慣用句の「かんじんかなめ」をしゃれたもの。もっとも大切な要点という意味です。

鹿島の要石は、常陸国の一宮、鹿島神宮の境内にある神石。「肝心春日」という異名もあり、地震の鎮め石と言われます。恐らく、大鯰でも封じ込んでいるのでしょう。意味自体は、名所古跡を洒落に織り込んだだけの単純なものですが、「か」の頭韻を重ねたリズムは耳に快く、これぞむだ口の真髄でしょう。

スヴェンソンの増毛ネット

コメントを残す