あたりきしゃりきくるまひき【当たりき車力車曳き】むだぐち ことば

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

江戸・東京の職人言葉で「あったりめえよ」といったところ。「あたぼう」と同義です。

昭和中期辺りまでは「あたりきしゃりき」まではまだ使われていましたが、今ではもう滅亡種でしょう。

「き」は単なる言葉癖で、「りき」から語呂合わせで「車力」を出しています。車力も車曳も、元々大八車を曳く都市労働者。これが明治維新後、人力車を走らせる俥曳きの意味に転じました。

類似の言い回しとして、「車曳き」のところが「穴馬力」(荷馬車の意)「あんまの眼玉」などと変えられた例があります。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

コメントを残す