えいこくのおとしばなし【英国の落とし噺】落語演目



  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席

【どんな?】

酒好きが大酒競争を。負けた男は悔しくて、どうしてもそのからくりを知りたい。
酒豪自慢の噺。種明かしは「ルバイヤート」。

【あらすじ】


倫敦近在、ウーリッチの兵営でのこと。

ある晩、さる陸軍大佐が宴会を開くことにした。

料理のあとには酒となって、話がはずむ。

一人の客が
「世間でまず、僕くらい酒をたんと飲む者はあるまい」
と、自慢を始める。

どれくらいいくのかい、と尋ねると、これこれこう、とこたえる。

たいしたことはないので、大佐が
「私の部下のジョンという兵士は、酒樽というあだ名がついていて、1本4合入りのビールを一度に15本は空にするだろう」
と、笑って話した。

客は自慢の鼻をへし折られそうなので、ムキになって
「そんならその兵士をここに連れてこいよ。飲めるか飲めないか、50ポンドの賭けだ」
と提案した。

よかろう、ということで、大佐がジョンを呼びにやる。

入り口でポカンと立っているジョンに、じつはかくかくしかじかと事情を話して
「もし15本、計6升のビールを飲み干せたら、たんまり小遣いをやるが、どうだ」
と持ち掛けた。

ジョンはしばらく思案した後、大佐にこう言った。

「あっしはたしかに酒好きですが、どのくらい飲めるかまだ試したことはありません。どうかだんな(大佐のこと)、とくと考えて返事しますんで、1時間だけお待ちくだせえ」
「いいだろう」

ということで、ジョンはお座敷(宴会場)を退いた。

1時間がたつと、ジョンが帰ってきた。

「ちょうだいいたしやす」

テーブルの上には、15本のビールがずらりと並べられた。

ジョン、給仕が次から次へと注ぐコップを、息も継がせずにきれいに15本分飲み干した。
あまりにあっと言う間だったので、一同はあっけにとられたが、賭けに負けた客は悔しくてならない。

ただの男がこんなにたくさん飲める道理がない、と。

「おまえが手妻使い(手品師)でなければ、なにか酒を飲んでも酔わない薬か、ありがたいお札やまじないでもあるんだろう。それを教えたまえ」

そう言って、客は兵士に詰め寄った。

ジョンは困って、
「ただの酒好きでさあ」
と言うばかり。

それでも客は、
「うそを言っちゃいかん。1時間の猶予をもらったのが、なによりの証拠じゃないか。その間、どこかへ行って薬を飲むか、なんぞまじないをしてきたに違いあるまい。キリキリ白状したまえ」
と、興奮ただならず。

ジョンは困り果て、もうお手上げという顔で
「じつはだんな、1時間の間に、飲めるかどうか、ちょっくら試しに、横町の酒屋でビール15本を飲んできましたんでさあ」

底本:初代快楽亭ブラック

【しりたい】

快楽亭ブラック

この噺の作者は、初代快楽亭ブラック(ヘンリー・ジェイムズ・ブラック、1858-1923)。

明治期に活躍した落語家です。

講釈師、奇術師でも活躍した、多才の人でした。

当時はまだ英領だったオーストラリアのアデレードで生まれました。

先祖はスコットランド人で、祖父の代までは陸海軍の軍人だったそうですが、父親がどこか異端だったようです。

ジョン・レディー・ブラックは、アジア各地を巡業する歌手でした。

慶応元年(1865)、横浜に上陸し、しばらくして後、「週刊ジャパン・ヘラルド」紙の記者となりました。

歌手から記者へ

新聞記者となった父を追い、母とともに来日したのが、息子のヘンリーでした。

父のジョンはその後、「日新真事誌」紙で明治政府の政策をさんざん非難したことで、同紙は廃刊となり、日本を見限って上海に逃げてしまいました。

18歳の息子は日本に残り、明治9年(1876)、奇術の三代目柳川一蝶斎一座に雇われて西洋奇術を始めました。「ハール・ブラック」という芸名でした。

いったん海外に出たヘンリーは、明治12年(1879)にはふたたび来日。

今度は、講談の二代目松林伯円(手島達弥→若林義行→若林駒次郎、1834-1905、新聞伯円、泥棒伯円)に誘われて、横浜馬車道の富竹亭で政治演説に出演したりしています。

明治13年(1880)には、改めて二代目伯円に入門し、「英人ブラック」と名乗りました。

政府の許可が必要だったり、高座に出たところで、知人などからが猛反対したりして、結局は、廃業して英語塾を開いたりもしています。

それでも、人前での熱演が忘れられず、演芸界の舞い戻ることに。

明治17年(1884)、不度は、三遊亭円朝(出淵次郎吉、1839-1900)、三代目三遊亭円生(嶋岡[野本]新兵衛、1839-81)らの三遊派に入りました。

「快楽亭ブラック」を名乗ったのは、明治24年(1891)3月からです。

明治26年(1893)4月には、浅草猿若町菓子店の娘、石井アカと結婚して婿養子となりました。

のち、ヘンリーの男色癖を理由に離婚しますが、ここで彼は念願の日本国籍を取得し、「石井貌剌屈」と改名しました。

ドナルド・キーンの「鬼怒鳴門」もそうですが、欧米人の帰化名が日本人の感覚と少々の異なるのはなぜでしょう。

ブラックは創作の噺家でした。これがすごい。

その手法は、どこか円朝の創作法に似ています。なにがしかの影響があったはずです。

西洋の小説を翻案した短編小説や、それを素材に噺をつくり出したのを手始めに、次第に自作の噺をつくるようにまでなります。

べらんめえ調をあやつる青い眼の噺家。

これが、寄席客には奇異に映り、人気を博しました。

噺ばかりか、その途中に手品を見せたりも。

歌舞伎の舞台に端役で飛び入り出演も。

明治29年(1896)には、日本初の催眠術実演も行っています。

ブラックと録音技術

明治36年(1903)に英グラモフォン社の録音技師フレッド・ガイズバーグが来日します。

通訳を介さずに会話ができる利点を生かして、ブラックは落語、浪曲、かっぽれなど諸芸を録音円盤に録音することを誘います。

日本初のレコード録音です。

四代目橘家円喬(柴田清五郎、1865-1912)、初代三遊亭円右(沢木勘次郎、1860-1924、→二代目円朝)、初代三遊亭円遊(竹内金太郎、1850-1907、鼻の、自称三代目)、三代目柳家小さん(豊島銀之助、1857-1930)、初代浪花亭愛造(黒屋貞吉、1870-1906)、豊年斎梅坊主(松本梅吉、1854-1927)などの肉声が残ることになりました。

円朝は間に合いませんでしたが。

ブラックの、この功績はあまりあるほど偉大でした。

外国人の凋落

明治40年(1907)頃から、ブラックの人気が凋落していきます。

お雇い外国人が一掃されて、国家が軍艦を自前でつくれるようになる時期と、不思議に一致します。

ブラックは自殺未遂事件まで起こすほどに落ちぶれます。

それでもなんとか生き抜いたのですが、人気は落ちたまま。

大正12年(1923)9月19日、白金三光町の自宅で亡くなりました。脳卒中でした。

関東大震災を経験したのですね。64歳。生き抜きました。えらいもんです。

横浜の外国人墓地に、父の隣に埋葬されました。

この親子を調べると、明治期日本の本性が見えてきます。



  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席

コメントを残す