たてばやし【館林】演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

先代の桂文治が得意に。町人が剣術。江戸中期からはよくあったようです。ならば「士農工商」、実際とはかけ離れていたのですね。

別題:上州館林

あらすじ

町人の半さん、剣術を少しばかり稽古してすっかり夢中になり、もう道場の先生の右腕にでもなったつもりでいる。

そこである日、諸国を修業してまわり、腕を上げてきたいと先生に申し出る。

本気で、商売をやめて剣術遣いになるつもりらしい。

先生心配になって、自分の武者修行の時の体験談をひとくさり。

ある時、上州館林のご城下を歩いていると、一軒の造り酒屋の前に人だかりがし、何やら騒いでいる。

聞いてみると、まだ夕方なのに泥棒が入り、そいつが抜き身を振り回して店の者を脅し、土蔵に入り込んだ。

外から鍵をかけ、雪隠詰めにしたものの、入ってくる奴がいれば斬り殺そうと待っているので、誰でも首が惜しいから、召し捕ろうとする者もいない、とのこと。

先生、
「しからば拙者が」
と、そこが武芸者、飯六杯味噌汁三杯食って腹ごしらえの上、生け捕りにしてくれようと、主人を呼んで空き俵二俵用意させ、左手で戸を開けると、右手で俵を中に放り込んだ。

向こうは腹が減って気が立っているから、俵にぱっと斬りつけるところを、小手をつかんで肩に担いで岩石落とし、みごと退治した、という一席。

しかし、泥棒の腕がナマクラだったから幸いしたが、腕が立っていたらどうなったかわからない。

「おまえも、もう少し腕を磨いた上で」
と先生が諭すので、半さんもそんなものかと思い直して帰っていく。

しかし。

「オレも先生のような目にあってみたい」
と、まだ未練たらたらな半さん。

独り言をいいながら歩いていくと、ちょうど夕方。

町の居酒屋の前に人だかり。

聞いてみると、侍に酔っぱらいがからんでけんかを吹っかけた。

「斬るほどのこともない」
と峰打ちを食わせたが、酔っぱらいがまだしつこくむしゃぶりつくから、侍は
「めんどうくさい」
と酒屋の土蔵に逃げ込んでしまった、という。

さあ、ここが腕の見せどころ、と半さん。

「あのお侍は悪くはないんだから、おまえが出て騒ぎを大きくすることはない」
と止められても聞かばこそ、先生のまねをして
「しからば拙者が生け捕りにいたしてくれる。所は上州館林。そやつを捨ておけば数日の妨げ。主人、炊き立ての飯を出せ」

腹ごしらえまでそっくりまねて、いよいよ生け捕りの計略。

俵を持ってこさせると、土蔵の戸を右手で開け、左手で俵を放り込む。

向こうは血迷っているから、ぱっと斬りつけ……て、こない。

もう一俵放り込んでも中は、しーん。

こりゃ約束が違う。

「中でどうしているんだろう」
と言いながら、首をにゅっと入れた。

とたん、侍の刀が鞘走り、半公の首がゴロゴロ。

「先生、うそばっかり」

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

うんちく

切れのいいシュール落語

首が口をきくという、同工異曲の噺に「胴取り」がありますが、オチの切れ味、構成とも、問題なくこちらが優れています。

原話は不詳で、別題を「上州館林」。昭和初期には八代目桂文治が得意にし、同時代には六代目林家正蔵(1929年没)も演じましたが、戦後、文治没後は、惜しいことにこれといった後継者はありません。

六代目正蔵は、首が口をきくのが非現実的というので、半公はたたきつけられるだけにしていました。演者自身が、現実を飛び越える落語の魅力を理解できず、噺をつまらなくしてしまう最悪の例でしょう。

ヤットウヤットウ

江戸の町道場は、権威と格式はあっても、総じて経営が苦しいので背に腹はなんとやら、教授を望む者は、身分にかかわらず門弟にしたところが多かったようです。

身分制度のたてまえから、幕府はしばしば百姓や町人の町道場への入門を禁じましたが、江戸は武士の町で、その感化で町人にも尚武の気風が強く、また治安も悪かったため、自衛の意味で、柔や剣術を身につけたいという町人が江戸中期ごろから増加しました。

町人の間では、稽古の掛け声から、剣術を「ヤットウ」と呼びならわし、特に幕末には、物騒な世相への不安からか、江戸の四大道場と称される、神田お玉ヶ池の千葉道場、御徒町の伊庭道場、九段坂上の斎藤道場、京橋蛤河岸の桃井(もものい)道場など、有名道場には志願者が殺到。町人原則だめのたてまえは怪しくなりました。町道場の「授業」時間は、午前中かぎりが普通でした。

「士農工商」なんて言ってなかった

道場の先生も武士でない出身も多く、習う者も町内の若い衆で、幕末に新選組が登場する素地は、江戸中期から次第につくられていったようです。

なんといっても、江戸時代とはいっても、18世紀に江戸前期と江戸後期に区別できるほど、社会史、経済史、文化史といった方面で明らかな断裂が生じています。江戸前期までの日本は銀の輸出国でしたが、18世紀半ば以降には銀の輸入が始まります。その頃には、石見銀山から採掘できなくなってくるのです。銀の枯渇です。

高校の教科書からも「士農工商」の用語が載らなくなり始めたようです。この言葉、中国には紀元前1000年頃にはあったそうです。『漢書』(班固編著、紀元70年頃)には「士農工商、四民に業あり」と載っています。とはいえあ、ただ昔からあった言葉というだけで、江戸時代にひんぱんに使われたわけでもありません。「士農工商」という四階層の身分制度があったわけではなく、この噺のように、江戸中期以降、町人が剣術の心得を持っているのは珍しくありません。身分制があったのはあえていえば、武士とその他(ここに農工商が入ります)という区分です。それでさえ、消費しかしない(生産活動をしない)武士が困窮の果てに自らの武士の利権を「その他」に売ることはときにある現象でした。こうなると、四民は混在、むちゃくちゃ状態。これが幕末だったわけで、全国の「志士」と称する輩を見ると、足軽どころか、農民、神主、商人、漁民など、まさに草莽の連中でした。この時点ですでに身分制は崩壊状態だったのでしょう。問題は、四民とは別に扱われていた穢多、非人などの人々です。この人たちを明治という社会に組み込むかが、政府の大きな課題だったようです。これはあちこちで問題が勃発しています。看過できない問題でした。

話を戻します。「士農工商」という言葉を今の日本人が知っているのかと言えば、明治時代に日本の歴史を編纂する際に江戸時代を説明しやすくするために歴史学者がちゃっかり使ったものなんだそうです。その伝でいくと「幕府」も同様です。「鎖国」も。「鎖国」は志筑忠雄(1760-1806、長崎の商人出身の蘭学者)が使ったと言われていますが、当時の日本人が「今の日本は鎖国なんだぜ」なんて日常生活で使っていたわけでもありません。これも明治の学者が教科書用に転用したご都合主義の日本史用語です。1990年代以降、このような「明治の呪縛」から私たちを少しずつ解放しようという研究が歴史学の世界で進んでいます。

【語の読みと注】
雪隠詰め せっちんづめ
伊庭道場 いばどうじょう
桃井道場 もものいどうじょう

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

コメントを残す