ぐにんなつのむし【愚人夏の虫】むだぐち ことば

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

双六博打で、賽の目が五二(ぐに)と悪く出たときの愚痴。「ぐに」と「ぐにん」を掛け、格言の「愚人は夏の虫」をそっくりいただいたしゃれです。愚か者は自らわが身を危地に陥れるもの、の意味から、無謀なギャンブルで自分の首を締めたか、という自嘲と取れます。

「夏の虫」は「飛んで火に入る夏の虫」を縮めて付け、ダメ押ししたもの。古く「御伽草子」の大江山酒呑童子の後悔に「ぐにんなつのむし飛んで火に入るとは、今こそ思い知られたり」とあります。同じ状況でのむだぐちに「ぐにくま太郎てて(=父)は藤四郎」とも。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

コメントを残す