あたじけなすびのかわきり【あたじけ茄子の皮切】むだぐち ことば

【RIZAP COOK】

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

関東地方の方言で、欲が深い、ケチ、あつかましいという意味の「あたじけない」に茄子を掛けたしゃれ。

「皮切」は、皮ばかりで中身が空っぽなこと。茄子は昔は安価な野菜で貧乏人の象徴とされたので、そのまた切れっ端なら救いようがありません。ケチで強欲、シャイロックですね。

「あたじけなすび」は「かたじけなすび」の地口でもあります。後者は「お有り難やの大明神」と同様、ただただ感謝感激、茄子も正月の縁起物の一つでもあったのに、「か」を「あ」に一音変えただけで、ポジがネガになる皮肉です。

【RIZAP COOK】

コメントを残す