しじみうり【蜆売り】演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

鼠小僧、ふとしたことでかつての因果がわかり、その侠気からお奉行に自首する噺。

【あらすじ】

ご存じ、義賊ぎぞく鼠小僧次郎吉ねずみこぞうじろきち

表向きの顔は、茅場町かやばちょうの和泉屋次郎吉という魚屋。

ある年の暮れ、芝白金の大名屋敷の中間部屋ちゅうげんべやで三日間博奕三昧ばくちざんまいの末、スッテンテンにむしられて、外に出ると大雪。

藍微塵あいみじん結城ゆうきあわせの下に、弁慶縞べんけいじま浴衣ゆかたを重ね、古渡こわたりの半纏はんてんをひっかけ、素足に銀杏歯いちょうば下駄げた、尻をはしょって、濃い浅黄あさぎ手拭たぬぐいでほおっかぶりし、番傘ばんがさをさして新橋の汐留しおどめまでやってきた。

なじみの伊豆屋という船宿で、一杯やって冷えた体を温めていると、船頭の竹蔵がやはり博奕で負けてくさっているというので、なけなしの一両をくれてやるなどしているうち、雪の中を、年のころはやっと十ばかりの男の子が、汚い手拭いの頬かぶり、ボロボロの印半纏しるしばんてん、素足に草鞋わらじばきで、赤ぎれで真っ赤になった小さな手にざるを持ち、「しじみィー、えー、しじみよォー」

渡る世間は雪よりも冷たく、誰も買ってやらず、あちこちでじゃまにされているので、次郎吉が全部買ってやり、しじみを川に放してやれと言う。

喜んで戻ってきた子供にそれとなく身の上を聞くと、名は与吉といい、おっかァと二十三になる姉さんが両方患っていて、自分が稼がなければならないと言う。

その姉さんというのが新橋は金春の板新道じんみちで全盛を誇った、紀伊国屋の小春という芸者だった。

三田の松本屋という質屋の若旦那といい仲になったが、おかげで若旦那は勘当。

二人して江戸を去る。

姉さんは旅芸者に、若旦那の庄之助は碁が強かったから、碁打ちになって、箱根の湯治場とうじばまではるばると流れてきた。

亀屋という家で若旦那が悪質なイカサマ碁に引っ掛かり、借金の形にあわや姉さんが自由にされかかるところを、年のころは二十五、六、苦み走った男前の旦那がぽんと百両出して助けてくれた上、あべこべにチョボイチで一味の金をすっかり巻き上げて追っ払い、その上、五十両恵んでくれて、この金で伊勢詣りでもして江戸へ帰り、両親に詫びをするよう言い聞かせて、そのまま消えてしまったのだという。

ところが、この金が刻印を打った不浄金(盗まれた金)であったことで、若旦那なは入牢、姉さんは江戸に帰されて家主預けとなったが、若旦那を心配するあまり、気の病になったとのこと。

話を聞いて、次郎吉は愕然がくぜんとなる。

たしかに覚えがあるのも当然、その金を恵んだ男は自分で、幼い子供が雪の中、しじみを売って歩かなければならないのも、もとはといえばすべて自分のせい。

親切心が仇となり、人を不幸に陥れたと聞いては、うっちゃってはおかれねえと、それからすぐに、兇状持きょうじょうもちの素走すばしりの熊を身代わりに、おおそれながらと名乗って出て、若だんなを自由の身にしたという、鼠小僧侠気きょうきの一席。

【しりたい】

白浪講談を脚色

幕末から明治にかけての世話講談の名手で、盗賊ものが得意なところから、「泥棒伯円どろぼうはくえん」とも呼ばれた二代目松林伯円しょうりんはくえん(手島達弥→若林義行→若林駒次郎、1834-1905)が、鼠小僧次郎吉の伝説をもとに創作した長編白浪しらなみ講談の一部を落語化したものです。

「白浪」とは盗賊のこと。『後漢書ごかんじょ霊帝紀れいていきの「白波賊はくはぞく」の「白波はくは」を訓読したものです。中国の山西省襄汾県さんせいしょうじょうふんけんの西南の地名です。黄巾こうきんの賊がたてこもった場所で知られています。黄巾の賊は必ずしも盗賊とは言い切れませんが、世間一般では黄巾賊こうきんぞく白波賊はくはぞく=盗賊と認識され、さらに日本では白波はくは白浪しらなみとなり、白浪=盗賊とされました。その結果、「白浪物しらなみもの」は盗賊を主題とした歌舞伎狂言や講談などの総称として使われるようになりました。

戦後は、五代目古今亭志ん生。(美濃部孝蔵、1890-1973)が得意にしました。ほかに上方演出で、大阪から東京に移住した二代目桂小文治(稲田裕次郎、1893-1967)が音曲入りで演じました。

大阪のオチは、「親のシジメ(しじみ=死に目)に会いたい」と地口(=ダジャレ)で落とします。

二代目桂小南(谷田金次郎、1920-1996)は主人公を鼠小僧でなく、市村三五郎という大坂の侠客で演じていました。

実録 鼠小僧次郎吉

天保3年(1832)5月8日、浜町の松平宮内少輔のお屋敷で「仕事」中、持病の喘息の発作が起きてついに悪運尽き、北町奉行・榊原主計頭のお手下に御用となりました。

その生涯の記録は、出撃回数122回うち、大名屋敷95か所から奪った金額3,085両3分(判明分のみ)という、不滅の金字塔です。おそらく、被害総額は実際は4,000両近くにのぼるでしょう。奉行の取り調べでは、そのうち3,121両2分をきれいに使い果たし、窮民になど一文も施してはいません。これが鼠小僧の実態です。

鼠小僧次郎吉の最期

お縄になったときは、深川山本町ふかがわやまもとちょう(俗に櫓下やぐらした、東京都江東区門前仲町)・水茶屋主人半次郎方に居候いそうろうしていました。

天保3年(1832)8月7日、市中引き回しの上、鈴が森ではりつけ。享年35、離婚暦3回でした。墓は本所の回向院えこういんにあります。

歌舞伎の鼠小僧

河竹黙阿弥かわたけもくあみ(吉村芳三郎よしむらよしさぶろう、1816-1893)が、ほぼ講談の筋通りに脚色、安政4年(1857)正月の市村座に「鼠小紋春君新形ねずみこもんはるのしんかた」として書き下ろし、上演しました。芝居では、お上をはばかり、鼠小僧は稲葉幸蔵いなばこうぞう。幕末の世話狂言の名人、四代目市川小団次(栄太または栄次郎、高島屋、1812-1866)が扮しました。

しじみ売りの少年は芝居では三吉。演じたのはのちの明治の名優・五代目尾上菊五郎(寺島清、音羽屋、1844-1903)で、当時12歳。後見人の中村鴻蔵と浅草蛤河岸まで出かけ、実際のしじみ売りの少年をスカウトして、家に呼んで実演してもらったという逸話があります。

その子の六代目尾上菊五郎(寺島幸三、音羽屋、1885-1949)も、やはり子役の三吉役のとき、雪の冷たさを思い知らせるため、父親に裸足で雪の庭に突き落とされる、という折檻せっかんをされたとか。

おっと、書き忘れました。回向院の鼠小僧の墓は、むろん本物でなく、ただの供養墓です。

あれは、明治9年(1876)6月、市川団升いちかわだんしょうという小芝居の役者が、鼠小僧の狂言が当たった御礼に、永代供養料十円を添え、「次郎太夫墳墓」の碑銘で建立したものです。

だいたい、磔の重罪人は屍骸しがい取り捨てが当たり前で、まともな墓など建てられるわけはありません。

コメントを残す