そば清 そばせい 演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

そばの噺。そば好きがどうしたらそば賭けで金をせしめられるかという算段。

【あらすじ】

旅商人の清兵衛は、自分の背丈だけのそばが食べられるという、大変なそば好き。

食い比べをして負けたことがないので、もう誰も相手にならないほど。

ある時、越後から信州の方に回った時、道に迷って、木陰で一休みしていると、向こうの松の木の下で狩人が居眠りをしている。

見ると、その木の上で大蛇がトグロを巻いていて、あっと言う間もなく狩人を一のみ。

人間一匹丸のみしてさすがに苦しくなったのか、傍に生えていた黄色い草を、長い真っ赤な舌でペロペロなめると、たちまち膨れていた腹が小さくなって、隠れて震えていた清兵衛に気づかずに行ってしまった。

「ははん、これはいい消化薬になる」
と清兵衛はほくそ笑み、その草を摘めるだけ摘んで江戸へ持ち帰った。

これさえあれば、腹をこわさずに、無限にそばが食えるので、また賭けで一もうけという算段。

さっそく友達に、そばを七十杯食ってみせると宣言、食えたらそば代は全部友達持ち、おまけに三両の賞金ということで話が決まり、いよいよ清兵衛の前に大盛りのそばがずらり。

いやその速いこと、そばの方から清兵衛の口に吸い込まれていくようで、みるみるうちに三十、四十、五十……。

このあたりでさすがの清兵衛も苦しくなり、肩で息を始める。

体に毒だから、もうここらで降参した方が身のためだという忠告をよそに、少し休憩したいからと中入りを申し出て、皆を廊下に出した上、障子をピタリと閉めさせて、例の草をペロリペロリ……。

いつまでたっても出て来ないので、おかしいと思って一同が障子を開けると、清兵衛の姿はない。

さては逃げだしたかとよくよく見たら、そばが羽織を来て座っていた。

【しりたい】

食いくらべ

有名なのは、文化14年(1817)3月、柳橋の万屋八郎兵衛方で催された大食・大酒コンクールで、酒組、飯組、菓子組、鰻組、そば組などに分かれ、人間離れのした驚異的な記録が続出しました。

そば組だけの結果をみると、池之端の山口屋吉兵衛(38歳)がもり63杯でみごと栄冠。新吉原の桐屋惣左衛門(42歳)が57杯で二位、浅草の鍵屋長助(45歳)が49杯で三位となっています。

したがって、清兵衛の50余杯(惜しくも永遠に未遂)は決して荒唐無稽ではありません。

これこそデカダンの極北、醤油ののみ比べもありました。

これについては高木彬光の短編「飲醤志願」に実態が詳しく描写されていますが、まさしく死と隣り合わせです。

上方は餅食い競争

類話の上方落語「蛇含草(じゃがんそう)」は、餅を大食いした男が、かねて隠居にもらってあった蛇含草なる「消化薬」をこっそりのむ設定です。
したがってオチは「餅が甚兵衛(夏羽織)を着てあぐらをかいていた」となります。

三代目桂三木助が、この上方演出をそのまま東京に移植して十八番とし、それ以来、「そば清」とは別に「蛇含草」も東京で演じられるようになりました。

三木助演出は「餅の曲食い」が売り物で、「出世は鯉の滝登りの餅」「二ついっぺんに、お染久松相生の餅」と言いながら、調子よく仕草を交えて、餅をポンポンと腹に放り込んでいきます。

「そば清」の古いやり方

明治期には三遊亭円朝も演じました。

その型を忠実に踏襲した四代目円生の速記では、清兵衛がなめるとき、「だんだん腹がすいてきたようだ」とつぶやきます。

内臓が溶けつつあるのを、腹の中のそばが溶けたと勘違いしているわけで、笑いの中にも悲劇を予感させる一言ですが、今はこれを入れる人はいないようです。

そばを溶かす草の話

根岸鎮衛の『耳嚢』巻二に「蕎麦を解す奇法の事」と題し、荒布(あらめ=海藻の一種で食用)が、そばを溶かす妙薬であるとの記述があります。

ただし、真実かどうかはわかりません。

【そば清 古今亭志ん朝】

コメントを残す