金の味 かねのあじ 演目 

【RIZAP COOK】

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

金属をなめる。緑青の、あの味。奇妙な嗜好をもった人の噺です。

別題:擬宝珠

【あらすじ】

日本橋あたりのご大家の若だんなが、三年越しの大病。跡取り息子なので両親も頭が痛い。

診てもらっても、医者は
「なにか心に思い詰めたことがかなえられれば治る」
と言うばかり。

そこでだんな、たまたまご機嫌伺いにまかり出た幇間の桜川長光に、
「礼ははずむから、せがれが思い悩んでいることを聞き出してほしい」
と頼んだ。

こいつはうまいと、さっそく若だんなにヨイショして聞き出そうとすると
「おまえ、あたしの願いをもし当てて見せたら、土地八百坪やるよ」
「へえ、鳥も通わぬ山奥で、三日目に虎に食われて死んじまうような所じゃあないでげしょうね」
「ばかァ言え、ちゃんとした神田の土地だよ」
「それじゃ、招魂社の鳥居を盗んでみたいとか」
「違うっ」

若だんなはおもむろに
「あたしの考えは深いことだから、おまえにはわかるまい、一緒においで」
と連れ出されのが、浅草寺の境内。

「おまえ、この二百円をやるから、頼みたいことがある。もし聞いて笑ったら、おまえと刺し違えて相果てるよ」
「物騒だね、こりゃ。なんです?」
「五重塔のてっぺんの、擬宝珠の青いところをなめてみたい」

思わず吹き出しかけた長光、若だんながピストルを出しかけたのであわてて、住職にこれこれと願い出ると、
「ウーン、唐土の莫耶という人が鉄の気を好んで、名剣を鍛えたという例もあるから、まんざらない話でもなかろう」
ということで許しが出た。

さっそく、鳶頭が出張して足場を組むという騒ぎで、境内は黒山の人だかり。

若だんな、勇んでてっぺんに登ると、ベロベロベロベロとうまそうになめるわ、なめるわ。

そこへ心配して駆けつけた両親、
「せがれは?」
「なめてらっしゃいます」
「こいつは驚いた。実はオレもばあさんも、擬宝珠が大好物なんだ。やっぱり血は争えねえなあ、ばあさん」
「あたしは、ニコライ堂のが一番おいしかったよ」
「神田橋のも京橋のもいけたなあ。めいめい味が変わっていて、いいや」

大変な一家があるものと、一同あきれていると、さすがに堪能したのか、若だんなが元気いっぱいになって下りてくる。

「おい、うまかったか」
「タクアンの味がしました」
「塩っ気が強かったか。タクアンの塩ならどのくらいだ。四升か五升か」
「いえ、六升(=緑青)の味がしました」

底本:初代三遊亭円遊

【RIZAP COOK】

【しりたい】

鋭い嗅覚 

もっとも古い原話は、元禄16年(1703)、大坂で刊行された初代米沢彦八の編著『軽口御前男』巻一「鼻自慢」という笑話です。くしくもこの年は赤穂浪士切腹の年です。

彦八(?-1714)は、初めて大坂生玉神社境内に葦簾ばりの小屋掛けで一席うかがった伝説の人で、上方落語の祖ともいえる存在です。

この「鼻自慢」は、題名からも推測されるようになめるのでなく、金物の匂いを嗅ぐのが好きな男の話。

男が四天王寺の塔の九輪を投石で打ち落とし、匂いをかいで、「三具足(仏前に置く花瓶、燭台、香炉)と同じ匂いだ」という、ごく当たり前なオチ。今なら文化財保護法違反で即御用です。

観音さま塩気足りず

その後、明和5年(1768)刊の『軽口春の山』中の「ねぶり好き」では、現行にだいぶ近づき、東寺の塔の九輪をなめたあと、「三条大橋の擬宝珠と同じ味だ」というご託宣。

さらに、安永2年(1773)刊『聞上手』中の「金物」になると、舞台は江戸になります。

現行通り、浅草五重塔の擬宝珠を味わって、「思ったほどうまくない。橋の擬宝珠から塩気を抜いたようなもんだな」という、ソムリエ顔負けの厳しい判定。これが、オチを除けば、東京版の直接の原型でしょう。上方落語の演出では、古くから東寺の塔をなめるのが普通です。

金属嗜好症

実態は不明です。類話に、お嬢さんが癪の薬にとヤカンをなめたがる「梅見の薬罐」がありますが、銅(もしくは鉄、錫)に一種の麻薬的効果があるのかどうか疑問です。

鉄なら、あるいはミネラル不足のため、体が無意識に要求するのかもしれませんが、銅に空気中の水分と二酸化炭素が付着して生じる「緑青」は明らかに猛毒のはずです。

毒と知って「逆療法」として用いたか、または、醤油の飲み比べなども行われた幕末デカダンの名残りなのでしょうか。

擬宝珠

ぎぼうしゅ。ぎぼうし。もともとはネギの花の別名であるため、これに似た形の、欄干の柱に付ける飾りをいいました。

擬宝珠のある橋は大橋で、日本橋など市街の中心部にしかないため、明治大正までは、東京の繁華街の寄席に出演できる一流の芸人を「擬宝珠の芸人」と称しました。

莫耶

古代中国、呉の刀工干将とその妻莫耶が、呉王(一説に楚王)の妃が鉄の精を宿して産んだ鉄塊を、夫婦協力して名剣に鍛えたという故事から「干将莫耶の剣」といいます。

この故事は、歌舞伎の時代狂言にはたびたび登場します。

たとえば「実盛物語」では、平清盛の魔手から源氏の源義賢の室・葵御前と遺児を守るため、実盛が、葵御前が人の腕を産んだと強弁。その先例として、長々とこの莫耶の剣の講釈をし、鉄の塊を出産したためしがあるのだから、腕が産まれるのも不思議ではないとマカフシギな論証で、敵方をケムに巻きます。

喬太郎の芸

この噺、明治期は初代三遊亭円遊(鼻の円遊)、大正に入って初代柳家小せんが得意としました。今回のあらすじでは、明治25年(1892)の円遊の速記を参考にしましたが、円遊はテリガラフ(テレグラフ=電信)、ステンショ、鹿鳴館など、文明開化の風俗をふんだんに取り入れています。

戦後は三代目三遊亭小円朝が演じました。

あまりやり手がありませんでしたが、2005年7月の「落語研究会」で柳家喬太郎が好演。主人公を思い切りヘンタイ的に演じ、この噺の新境地を開く、画期的な高座でした。今では「擬宝珠」といえば、喬太郎を連想してしまいます。

【語の読みと注】
幇間 たいこもち
招魂社 しょうこんしゃ:靖国神社
擬宝珠 ぎぼうしゅ
唐土 もろこし
莫耶 ばくや
癪 しゃく:胃けいれん

【RIZAP COOK】

でんぽう【伝法】ことば

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

江戸っ子の美学の一つで、粋、いなせ、勇み肌と似たニュアンスですが、実際は鉄火と同じく、もう少し荒々しいイメージです。

明治初期では、江戸っ子の権化のような名優・五代目尾上菊五郎の芸風・セリフ廻しがそのお手本とされました。普通に「伝法」と言う場合は、主に口調を指す場合が多く、男女を問わず「伝法な言い回し」といえば、かなり乱暴で、なおかつ早口なタンカをまくし立てること。

女の場合は、一人称に「おれ」を用い、男言葉を使う鳶の者の女房などが典型です。

以上までは、まあまあ肯定的な意味合いですが、「伝法」の元の意は、浅草の伝法院の寺男たちが、寺の権威をかさに着て乱暴狼藉、境内の飲食店で無銭飲食し放題、芝居小屋も強引に木戸を破って片っ端からタダ見と、悪事のかぎりを尽くしたことから、アウトロー、無法者の代名詞となったもの。

間違っても美学のかけらもない語彙でした。それが幕末になって、この「伝法者」の粗暴な言葉遣いが、芝居などでちょっと粋がって使われるようになってから、語のイメージがかなり変質したのでしょう。

いずれにしても、歴史ある名刹にとっては、迷惑このうえない言葉ですね。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

後生鰻 ごしょううなぎ 演目

【RIZAP COOK】

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

小動物を放すと功徳が。本末転倒のばかばかしさ。最高絶妙の傑作です。

別題:放生会 淀川(上方)

【RIZAP COOK】

【あらすじ】

さる大家の主人、すでにせがれに家督を譲って隠居の身だが、これが大変な信心家で、殺生が大嫌い。

夏場に蚊が刺していても、つぶさずに、必死にかゆいのをがまんしているほど。

ある日、浅草の観音さまへお参りに行った帰りがけ、天王橋のたもとに来かかると、ちょうどそこの鰻屋のおやじが蒲焼きをこしらえようと、ぬるりぬるりと逃げる鰻と格闘中。

隠居、さっそく義憤を感じて、鰻の助命交渉を開始する。

「あたしの目の黒いうちは、一匹の鰻も殺させない」
「それじゃあ、ウチがつぶれちまう」
と、すったもんだの末、二円で買い取って、前の川にボチャーン。

「あー、いい功徳をした」

翌日、また同じ鰻屋で、同じように二円。

ボチャーン。

「あー、いい功徳をした」

その翌日はスッポンで、今度は八円とふっかけられたが、
「生き物の命はおアシには換えられない、買いましょう」
「ようがす」
というわけで、またボチャーン。

これが毎日で、喜んだのは鰻屋。

なにしろ隠居さえ現れれば、仕事もしないで確実に日銭が転がり込むんだから、たちまち左うちわ。

仲間もうらやんで、
「おい、おめえ、いい隠居つかめえたな。どうでえ、あの隠居付きでおめえの家ィ買おうじゃねえか」
などという連中も出る始末。

ところがそのうち、当の隠居がぱったりと来なくなった。

少しふっかけ過ぎて、ほかの鰻屋にまわったんじゃないかと、女房と心配しているところへ、久しぶりに向こうから「福の神」。

「ちょっとやせたんじゃないかい」
「患ってたんだよ。ああいうのは、いつくたばちまうかしれねえ。今のうちに、ふんだくっとこう」

ところが、毎日毎日隠居を当てにしていたもんだから、商売は開店休業。

肝心の鰻もスッポンも、一匹も仕入れていない。

「生きてるもんじゃなきゃ、しょうがねえ。あの金魚……ネズミ……しょうがねえな、もう来ちゃうよ。うん、じゃ、赤ん坊」

生きているものならいいだろうと、先日生まれたわが子を裸にして、割き台の上に乗っけた。

驚いたのは隠居。

「おいおい、その赤ちゃん、どうすんだ」
「へえ、蒲焼きにするんで」
「ばか野郎。なんてことをしやがる。これ、いくらだ」

隠居、生き物の命にゃ換えられないと、赤ん坊を百円で買い取り、前の川にボチャーン。

「あー、いい功徳をした」

底本:五代目古今亭志ん生

【RIZAP COOK】

【しりたい】

後生

ごしょう。昔はよく「後生が悪い」とか「後生がいい」とかいう言い方をしました。後生とは仏教の輪廻転生説でいう、来世のこと。

現世で生き物の命を助けて功徳(よい行い=善行)を積めば、生まれ変わった来世は安楽に暮らせると、この隠居は考えたわけです。

五代将軍、徳川綱吉の「生類憐みの令」も、この思想が権力者により、ゆがんだ、極端な形で庶民に強制された結果の悲劇です。なにごとも、ほどほどがよろしいようで。

江戸市中に鰻の蒲焼が大流行したのは、天明元年(1781)の初夏でした。てんぷらも、同じ年にブームになっています。

それまでは、鰻は丸焼きにして、たまり醤油などをつけて食べられていたものの、脂が強いので、馬方など、エネルギーが要る商売の人間以外は食べなかったとは、よく言い習わされている説ですね。

それまでも、眼病治療には効果があるので、ヤツメウナギの代わりとして、薬食いのように食べられることは多かったようです。

屈指のブラック名品

オチが効いています。こともあろうに、落語にモラルを求める野暮で愚かしい輩は、ごらんの結末ゆえに、この噺を排撃しようとしますが、料簡違いもはなはだしく、このブラックなオチにこそ、えせヒューマニズムをはるかに超えた、人間の愚かしさへの率直な認識が見られます。「一眼国」と並ぶ、毒と諷刺の効いたショートショートのような名編の一つでしょう。

志ん生、金馬のやり方

上方落語の「淀川」を東京に移したもので、明治期では、四代目橘家円喬の速記が残っています。

戦後では、五代目古今亭志ん生、三代目三遊亭金馬、三代目三遊亭小円朝がそれぞれの個性で得意にしました。志ん生、金馬は、信心家でケチな隠居が、亀を買って放してやろうとし、一番安い亀を選んだので、残った亀が怒って、「とり殺してやるっ」という小ばなしをマクラにしていました。

小円朝は、ふつう隠居が「いい功徳をした」と言うところを、「ああ、いい後生をした」とし、あとに「凝っては思案にあたわず」と付け加えるなど、細かい工夫、配慮をしていました。

この噺は、別題を「放生会(ほうじょうえ)」といいますが、これは旧暦八月十五日に生き物を放してやると功徳を得られるという、仏教行事にちなんだものです。

【RIZAP COOK】