崇谷 すうこく 演目

自宅で始めて、年収1,300万円以上が可能

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

今となっては聴くこともできない噺。崇谷は人名で、18世紀が舞台。

【あらすじ】

水戸藩に使えていた、英林斎藤原崇谷という名高い絵師。

今は浪人で、本所の中之郷原庭町で気ままな暮らしをしている。

この先生、浅草観音堂の奉納額に「源三位頼政、鵺退治」の絵を書いたことで有名な天下の名人だが、気まぐれの変人で大酒呑み。

諸侯からの依頼が引きもきらないが、気が向かないと千両積まれてもダメ。

かと思えば、近所の子供に頼まれれば気さくに書いてやる、という具合。

弟子志願者も大勢いたが、絵はさっぱり教えないわ、弟子から小遣いは取り上げるわ、酔いつぶれているのを起こせばゲンコツを飛ばしてコブだらけにするわで、一人去り二人去り、今では虚仮の一念の内弟子二人だけ。

ある夜。

雲州候松平出羽守の命で、近習の中村数馬という若侍が、崇谷に絵の依頼に来る。

若殿の初節句なので、墨絵の鍾馗を描いてほしいという望み。

ところが、先生、例の通り朝から五升酒をくらって気持ちよさそうに寝ていたのをたたき起こされたからヘソを曲げ、数馬をコブだらけにした上、
「頼みたければ、出羽守じきじきに来い」
だのと、言いたい放題。

数馬はかっとして切り捨てようと思ったが、ぐっと堪えてその日は帰り、主君に復命すると、出羽守少しも怒らず、
「今一度頼んでまいれ」
と命じたので、数馬は翌日また中之郷原庭町を訪ねる。

崇谷は相変わらずのんだくれていて、
「大名は嫌いだ」
とごねるので、数馬が、
「どうしてもダメなら切腹する」
と脅すと、崇谷は二人の弟子に、
「武士の切腹が実地で見られるのだから、修行には願ってもない機会だ」
と言いだす始末。

これには数馬も降参して、再度懇願すると、その忠心に動かされたか、崇谷もやっと承知。

駕籠に酒を持ち込んでグビグビやりながら、赤坂の上屋敷へとやってきた。

先生、殿さまの前に出ても、あいさつの途中で寝てしまう体たらくだが、出羽守が礼儀正しくことを分けて頼んだので気をよくしたか、茶坊主に墨をすらせ、その顔をパレット代わり。

筆の代わりに半紙の反故紙で無造作に書きなぐったものを三間離れて見ると、鍾馗が右手に剣、左手に鬼の首をつかんで睨み付けた絵が生きて飛び出さんばかり。

「さすがに英林斎先生」
と感服した殿さま、今度は
「草木なき裸山を四季に分けて描いてほしい」
と注文。

崇谷、これも見事に描いて見せたので、
「さすがに名人」
と、浴びるほど酒をふるまって
「素人は山を描くのが難しいと申すが、画工といえどやはり描きにくいか」
「私はなにを描いても同じことだが、私の家の裏の、七十七歳の爺はそう申しております」
「して、その者も画工か」
「いえ、駕籠かきです」

底本:二代目柳家(禽語楼)小さん

自宅で始めて、年収1,300万円以上が可能

【うんちく】

「そばの殿さま」雲州候

松江藩第七代藩主、松平治郷(1751-1818)は、明和4(1767)年に襲封。石高は十八万五千石。藩財政の建て直しに努め、農政を改革、飢饉対策として、領国に信州からそばを移植、これが現在の出雲そばの濫觴です。

不昧公と号され、風流人で茶道を好み、大名茶を大成しました。この噺にもみられるとおり、芸術にも理解と造詣が深かったことで有名です。「そばの殿さま」のあの方です。

どこかで聴いたオチ

講釈(講談)を基に作られたと思われますが、はっきりしません。明治23年(1890)11月、『百花園』に掲載された二代目柳家(禽語楼)小さんの速記がありますが、その後の後継者はいないようです。

オチの部分の原話は、元禄16年(1703)刊『軽口御前男』(初代米沢彦八・編著)中の「山水の掛物」とみられます。

これは、須磨という腰元が給仕をしていて雪舟の掛け軸の絵を見て涙をこぼすので、客が不審に思って訳を尋ねると、「私の父親も山道をかいて死にました」。「そなたの父も絵師か」と聞くと、「いえ、駕籠かきでした」というもの。このオチは「抜け雀」と同じです。

崇谷という人

本姓は高崇谷(1730-1804)で、別号は屠龍翁、楽只斎、湖蓮舎、曲江、翆雲堂などさまざま。噺中の英林斎というのは不詳です。江戸中期の絵師で、佐脇崇之の門人でした。この噺に登場する額については、『武江年表』の天明7年(1787)の項に、「五月、屠龍翁高崇谷、浅草寺観音堂へ頼政猪早太鵺退治の図を画きたる額を納む。(中略)人物の活動、普通の画匠の及ぶ所にあらず」と記録されています。

土佐狩野両派の手法を採り入れ、町絵師ながら、次代の浮世絵師に大きな影響を与えました。多くの門弟を育て、明和から寛政年間(1764-1801)にかけて活躍。墓所は浅草西福寺・智光院にあります。

【語の読みと注】
中之郷原庭町 なかのごうはらにわちょう
鵺 ぬえ
虚仮 こけ:うそ、絵空事
鍾馗 しょうき
松平治郷 まつだいらはるさと
濫觴 らんしょう
不昧公 ふまいこう

自宅で始めて、年収1,300万円以上が可能

正直清兵衛 しょうじきせいべえ 演目

生まれたてにはむりかなスヴェンソンの増毛ネット

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

もう半分」とつながりのありそうな噺。こっちはむごたらしいのです。

【あらすじ】

本所林町三丁目で八百屋を営む、清兵衛。

今年十七になる、おしげという娘と二人暮らしだが、大変に正直者なので、「正直清兵衛」とあだ名にまで呼ばれている。

酒好きなので、今日も杉酒屋の忠右衛門という居酒屋で、つつましくチビリチビリとやっている。

雪が降ってきたので
「早めに帰る」
と言って清兵衛が店を出た。

そのあと、今日は早じまいをしようと、かみさんが後片付けをしていると、戸口になにか落ちている。

よく見ると、中に十五両もの金が入った汚い財布。

清兵衛が落としていったに違いない。

だが、これは天からの授かりものと夫婦でほくそ笑み、さっそくネコババすることに決めて、たんすの後ろに隠した。

そこへ案の定。

清兵衛が息せき切って駆け込んでくる。

「確かにここに十五両の金を忘れたに違いないから、返してくれ」
と頼むのを忠右衛門、
「そんなものは知らない」
と突っぱねるばかりか、
「おまえのようなじいさんが十五両もの大金を持っているわけがねえ、お上でも怪しいと思うだろうから、そっちにも嫌疑がかかる、訴え出るなら勝手にしねえ」
と、逆ねじをくわせた。

涙ながらに清兵衛、
「あの金は去年の秋、自分が大病した時に、薬代で全財産使ってしまって途方に暮れていると、孝心あつい娘のおしげが、吉原京町二丁目の朝日丸屋に身を売って、おとっつぁんの商売の元手にとこしらえてくれた金だ」
と、話す。

しかし、なおも忠右衛門が「知らない」と言い通すので、清兵衛はあきらめ、とぼとぼ雪の中を引き返して行った。

金のいきさつを聞いて、心穏やかでなくなった忠右衛門。

あのじじいは正直者と評判だから、いつ「お恐れながら」とお上に訴え出ないとも限らないし、こっちもすねに傷を持つ身。というのは、桶川の問屋場で帳付けをしていた頃、遠州浜松在の一の宮から来た六蔵という男から預かった十両の金を横領し、そのため六蔵が井戸へ身を投げたので、悪評判が立って、在所にいられなくなり、江戸へ流れてきた、といういきさつがあったから。

この上、余罪が露顕すれば首が胴についていないので、用心にしくはないと清兵衛の後を追いかけ、金が見つかったと渡すふりをして、あいくちでズブリ。

しかし、たたりはあるもので、その月、女房のお里が懐妊した。

十月十日たって生まれたのが、玉のような男の子、ではなかったから、産婆が腰を抜かした。

顔にしわが寄って、頭は白髪。

これがお里を見て、ニヤリとすごい顔で笑う。

さては清兵衛の生まれ変わりかと、夫婦は青くなったが、いくら悪党でも親子の情。

殺しきれずに育てたが、やがてこの子が成人の後忠右衛門夫婦を殺すという、因果は巡る糸車。

スヴェンソンの増毛ネット

【うんちく】

問屋場

といやば。宿場はずれで、宿泊の斡旋、伝馬、荷馬、駕籠などを調達し、旅行者や荷物の運送を取り扱う、公設の会所です。

大名行列の宿割りや、下座触れといって、大名行列が通るときに、沿道の旅人や土地の者に、土下座をしておくように触れ回る役目もありました。

問屋場の責任者を長、下役を手代と呼びました。噺の中で忠右衛門がしていた帳付けは、出納帳に出入りの金を書き付ける仕事です。

「問屋駕籠」は、宿駅の問屋場に常備している粗末な駕籠で、これは、非常の、急な必要に備えるためでした。

「もう半分」の姉妹編

天保年間(1830-44)につくられた長編怪談噺「正直清兵衛雪埋木」の抜き読みですが、全編は現在伝わっていません。

興津要は、井原西鶴の『本朝二十不孝』巻三(貞享3=1686年刊)中の「当社の案内申す程をかし」を原話としていました。

これは、油売りを殺して金を奪い、その娘といっしょになって子ができたが、その子が油を飲み、殺人のいきさつを物語るという因果話です。

もう半分」はあらすじが似ているので、原話は同じで、「正直清兵衛」の一部が分かれて改作されたのではないかと思われます。

この噺は大詰めの敵討ちの場面を中心に二世河竹新七(黙阿弥)の手で歌舞伎に脚色され、安政4年(1857)5月、「敵討噂古市」の外題で、市村座で初演されています。

怪老人「百歳正蔵」

明治40年(1907)7月、『文藝倶楽部』に載った五代目林家正蔵の速記が、現存する唯一のものです。

この正蔵、異名の「百歳正蔵」が示す通り、芸よりなにより、今なお破られていない落語家の最長寿レコード保持者として語り伝えられています。

当人は速記の冒頭で「私は当年八十四歳の老人でございますが」と語っています。文政7年(1824)11月11日生まれが現在の一応の定説で、大正12年(1923)3月6日没、享年百。ただし、当人も正確な年はわからなかったらしく、数え百二歳説もあります。

五代目古今亭志ん生が、正蔵の享年を「一束十五(115)」としているのは、いくらなんでもオーバーでしょうが。

この正蔵、志ん生が若き日、ドサ回りでいっしょになった時は少なくも、もう九十に手が届く年。それが……。「下座のおばさんのところへ夜ばいに行った」と。「大変な爺ィがあったものであります」と、志ん生が脱帽している「怪人」でした。

「正直清兵衛」、正蔵爺さんが冥土へ持っていったと見え、彼の没後はまったくと途絶えています。

杉酒屋

入り口に、丸く切った杉板を看板代わりに掛けてある安酒屋です。

【語の読みと注】
長 おさ:問屋場の責任者
手代 てだい:問屋場の下役
敵討噂古市 かたきうちうわさのふるいち

清兵衛さんにもスヴェンソンの増毛ネット