あきのみやじままわればしちり【安芸の宮島廻れば七里】むだぐち ことば

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

「飽き」と「秋」を掛け、秋風が吹く頃、冷気が身にしみるように、男女の情愛がすっかり冷めきってしまうこと。

それに地名の「安芸(広島県の旧称)」をさらに掛けた、和歌では紋切型のパターンです。「安芸の宮島……」は、宮島(厳島)三島めぐりの有名な民謡そのままで、「浦は七浦七恵比寿」と続きます。

厳島神社の祭神は「宗像三女神」と呼ばれる市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命の女神三柱なので、この戯言の「飽き」が色事の結果なのは明(=安芸)らかですね。江戸ではこの後「気がもめ(=駒込)のお富士さん」と付けてダメを押します。

宗像大社は三つの神社で成り立つ複合神社です。宗像氏は安曇氏とともに海の民でした。安曇氏は出雲族とてをむすんだため、出雲王国が崩壊する際、海の民を捨てて信州の山間にこもりました。一方の宗像氏は天皇家と手をむすび、今日まで栄えました。交通、商売、交流、繁栄をつかさどる人々です。大陸との橋渡しもしてきました。宗像大社は以下の三つの社の総称です。

沖津宮 田心姫神(タゴリヒメ)
中津宮 湍津姫神(タギツヒメ)
辺津宮 市杵島姫神(イチキシマヒメ)

コメントを残す