高田裕史の工房

たかだひろしのこうぼう  落語あらすじ事典 web千字寄席

【 ごあいさつ 】

学生時代、滑稽本や人情本など、徹底的にこの世を茶化し抜いた江戸の戯作にのめり込み過ぎたせいで、その毒気にあてられ、いつの間にやらこの世を斜に構えてしか見られない、困った精神構造が根つきました。

テレビ番組のコメディーだろうが漫画だろうが、ちょっとやそっとではクスリとも笑えない不幸な体に変質。

もっとも、草創期のテレビ番組や少年漫画雑誌に耽溺した小学校時分でも、本当に腹八分目以上に笑わされたのは「トムとジェリー」「おそ松くん」にクレージーキャッツくらいでしたから、幼い頃から性根がカーブしていたのかもしれません。

落語に本格的にのめり込みだしたのは大学時分のこと。のめり込むといっても、そのネジ曲がった自らのフィルターを通してしか、噺も噺家も評価はできません。

落語の価値基準は以下の二つ。

①噺は優れた短編小説のように短くシャープであるべき。②オチが噺の価値の大半を決める湿ったものよりもドライなファースで構成された噺がより好ましい。

捕捉するなら、「毒」をどこかに隠している噺、また、それを洒脱に演じられる噺家はさらにお好みである。

とまあ、こんなふうに决めています。

立川談志がよく「落語は業の肯定」と念仏のように唱えていましたが、「毒をもって毒を制す」という通り、今本当に必要なのは清濁併せ持つダイナミズムと、どの時代にも存在した社会の「毒」への耐性を少しでも取り戻すことではないでしょうか。

その点、リニューアルした本サイトを通して、落語の持つものすごい魅力を、ほんの少しばかりの知性と業と毒の絶妙な加減の上にあることを、向こう見ずにも大いに喧伝したいと思っております。

お引き立てのほどをよろしく願い上げます。

高田裕史 1956年新宿区生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒。

【私の好きな落語家7傑】

八代目雷門助六

四代目春風亭柳朝

四代目柳家小せん

十代目桂文治

八代目古今亭志ん馬

三代目八光亭春輔

二代目春風亭梅橋

上位3傑は志ん生、志ん朝、馬生で決まり。4位以下の7人です。順不同。

トップページ

コメントを残す