あなぐら【穴蔵】ことば 江戸覗き

【RIZAP COOK】

江戸で穴蔵といえば、りっぱな地下室をさしました。ここでは、土蔵とはまた別の穴蔵と呼ばれた地下の貴重品置き場について記します。

穴蔵伝説の誕生  【RIZAP COOK】

明暦の大火(明暦3年=1657)で、穴蔵に入れておいた財産が無事だったという噂が広まって、その後、これが大流行したといいます。店賃18匁の裏長屋の住人でさえ穴蔵を用意したという話は、アート・ブレイキー来日の昭和35年(1960)の頃に、そばの出前も「モーニン」を口ずさんでいたと話に似ています。ま、それはどうでもいいことですが。

穴蔵といっても、ただ土を掘ってそこに物を入れるのではありません。ヒバ、スギなどの防水性の高い木材を使って、板と板の隙間にはチャンといわれる防水接着剤や槙肌(樹木の繊維)などが詰められていました。

チャンは、松ヤニ、地の粉(粘土の粉末)、荏油(エゴマの種子から抽出)でつくる木工用接着剤のことです。

ともかく、さまざまな工夫をして水漏れを防いだわけです。こんなことを商売にしていたのが穴蔵大工です。資材の調達、大工の手配、穴蔵設計のすべてを一貫して請け負っていました。こういう業者を穴蔵屋と呼びました。

穴蔵屋は、穴蔵以外にも雪隠(トイレ)、湯殿(バスルーム)、流し(キッチン)などの設置、さらには上水工事にもかかわっていました。水回りを得意としていたのですね。船大工や橋大工の系統だといわれています。

穴蔵の目的は防火  【RIZAP COOK】

穴蔵を作る理由は防火用の倉庫を設けるためです。江戸の人々は、以下のようなぐあいに穴蔵を活用していました。

「火事だぁ」の声が上がると、作り置きしてあった穴蔵に貴重品を運び込みます。入り口に蓋をして油紙を敷きます。砂を広げてよく踏みつけて、その上に水でたっぷり湿らせた畳を一枚覆って、その上に水を満杯にした桶を置くのです。

ここまでやっておくと、仮に家が焼けてしまっても、其の衝撃で水桶が壊れて水があたりにあふれ出し、畳をさらに湿らせて類焼しづらい状態となります。

穴蔵は入り口である天井をきちんと防ぎさえすれば、火が中に入りにくい構造です。土蔵よりも確実に残せます。しかも小規模でも作れるところが、さまざまな階層にわたって流行した理由です。

穴蔵に貴重品を入れている(マル囲いの部分) 目黒行人坂火事絵巻より(国立国会図書館所蔵)

参考文献:小沢詠美子『災害都市江戸と地下室』(吉川弘文館、1998年)、波多野純『復原・江戸の町』(筑摩書房、1998年)、小澤弘、丸山伸彦編『江戸図屏風をよむ』(河出書房新社、1993年)、加藤貴編『江戸を知る事典(東京堂出版、2004年)、大濱徹也、吉原健一郎編『江戸東京年表』(小学館、1993年)、『新装普及版 江戸文学地名辞典』(東京堂出版、1997年)

みついのだいこく【三井の大黒】演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

名人噺。能たる鷹は爪を隠す。甚五郎はときおり爪をさらします。

別題:左小刀 出世大黒 左甚五郎

【あらすじ】

名人の噺。飛騨の名工・左甚五郎の。

伏見に滞在中に、江戸の三井(越後屋)の使いが来て、運慶作の恵比寿と一対にする大黒を彫ってほしいと依頼される。

手付に三十両もらったので、甚五郎、借金を済ました残りで江戸に出てきた。

関東の大工仕事を研究しようと、日本橋を渡り、藍染(あいぞめ)川に架かる橋に来かかると、板囲いの普請場で、数人の大工が仕事をしている。

のぞいてみると、あまり仕事がまずいので
「手切り釘こぼし……皆半人前やな。一人前は飯だけやろ」

これを聞きつけて怒ったのが、血の気の多い大工連中、寄ってたかって袋だたき。

棟梁の政五郎が止めに入り、上方の番匠(ばんじょう=大工)と聞くと、同業を悪く言ったおまえさんもよくないと、たしなめる。

まだ居場所が定まらないなら、何かの縁だからあっしの家においでなさいと、勧められ、甚五郎、その日から日本橋橘町の政五郎宅に居候。

とにかく口が悪いので、政五郎夫婦は面食らうが、当人は平気な顔。名前を聞かれ、まさか、日本一の名人でございとは名乗れないから、箱根山に名前を置き忘れたとごまかすので、間が抜けた感じから「ぬうぼう」とあだ名で呼ばれることになった。

翌朝、甚五郎はさっそく、昨日の藍染川の仕事場に出向いたが、若い衆、
「名前を忘れるようなあんにゃもんにゃには下見板を削らしておけ」
ということになった。

これは小僧上がりの仕事なので、大工の作法を知らないと、むっとしたが、棟梁への義理から腹に納め、削り板に板を乗せると、粗鉋(あらしこ)で二枚削り。

これを合わせて水に浸け、はがして、またぴたりと合わせると、さっさと帰ってしまう。

後でその板をみると、二枚が吸いつくように離れない。

話を聞いた政五郎、若い者の無作法をしかり、「離れないのは板にムラがないからで、これは相当な名人に違いない」と悟る。

その年の暮れ。

政五郎は居候を呼んで、
「江戸は急ぎ仕事が求められるから、おまえさんの仕事には苦情がくると、打ち明け、上方に帰る前に、歳の市で売る恵比寿大黒を彫って小遣い稼ぎをしていかないか」
と勧めるので、甚五郎、ぽんと手を打ち
「やらしてもらいたい」

それから細工場に二階を借り、備州檜のいいのを選ぶと、さっそくこもって仕事にかかる。

何日かたち、甚五郎が風呂へ行っている間に政五郎がのぞくと、二十組ぐらいはできたかと思っていたのが一つもない。

隅を見ると、風呂敷をかけたものがある。

取ると、二尺はある大きな大黒。

これが、陽に当たってぱっちり目を開けた。

そのとき、下から呼ぶ声。

出てみると、駿河町の三井の使い。

手紙で、大黒ができたと知らせを受けたという。

政五郎、やっと腑に落ち、
「なるほど、大智は愚者に似るというが」
と感心しているところへ、当人が帰ってくる。

甚五郎、代金の百両から、お礼にと、政五郎に五十両渡した。

「恵比寿さまになにか歌があったと聞いたが」
「『商いは濡れ手で粟のひとつかみ』というのがございますが」

そこで、さらさらと「守らせたまえ二つ神たち」と書き添えると、いっしょに三井に贈ったという、甚五郎伝の一節。

底本:六代目三遊亭円生

【しりたい】

左甚五郎

甚五郎(1594-1641)は江戸前期の彫刻・建築の名匠です。異名を左小刀(さしょうとう)といい、京都の御所大工でしたが、元和6年(1620)、江戸へ出て、将軍家御用の大工として活躍する一方、彫刻家としても、日光東照宮の眠り猫、京都知恩院の鶯張りなど、歴史に残る名作を生み出し、晩年は高松藩の客分となりました。

落語や講談では「飛騨の甚五郎」が通り相場で、姓の「左」は「飛騨」が正しいとする説もありますが、実際は播磨国・明石の出身ともいい、詳しい出自ははっきりしません。

落語では「竹の水仙」「ねずみ」に登場するほか、娘が甚五郎作の張形(女性用の淫具)を使ったため「処女懐胎」してしまうバレ噺「甚五郎作」があります。

要するに、江戸時代には、国宝級の名作はすべて「甚五郎作」にされてしまうぐらい、左甚五郎は「名人の代名詞」だったわけです。

三木助最後の高座

講談から落語化されたもので、戦後では六代目三遊亭円生と三代目桂三木助が、ともに十八番としました。

とりわけ三木助は、同じ甚五郎伝の「ねずみ」も事実上の創作に近い脚色をするなど、甚五郎にはことのほか愛着を持っていたようで、この噺もたびたび高座に掛けました。

三木助最後の高座となった、昭和35年(1961)11月の東横落語会の演目も、この「三井の大黒」でした。

三木助没後は高弟の入船亭扇橋、さらにその門下の扇遊へと継承されてました。

藍染川と今川橋

藍染川は神田鍛冶町から紺屋町を通り、神田川に合流した掘割です。紺屋町の染物屋が、布をさらしたことからこう呼ばれました。

明治18年(1885)に埋め立てられています。

六代目円生は「今川橋」の出来事として演じましたが、実際の今川橋は、藍染川南東の八丁堀に架かっていた橋で、日本橋本白銀町(ほんしろがねちょう)二丁目と三丁目を渡していました。

下見板

噺の中で甚五郎がくっつけてしまう「下見板」は、家の外壁をおおうための横板で、大工の見習いが練習に、まず削らされるものでした。甚五郎が怒ったのも、無理はありません。

駿河町の三井

初代・三井八郎右衛門高利が延宝元年(1673)、日本橋本町一丁目に呉服屋を開業。天和2年(1682)の大火で、翌年、駿河町(東京都中央区日本橋室町一、二丁目)に移転、「現金掛値なし」を看板にぼろもうけしました。