ちきりいせや【ちきり伊勢屋】演目

この噺、柳家系のものですが、円生や彦六が工夫してやっていました。

別題:白井左近

あらすじ

旧暦七月の暑い盛り。

麹町五丁目のちきり伊勢屋という質屋の若主人伝二郎が、平河町の易の名人白井左近のところに縁談の吉凶を診てもらいに来る。

ところが左近、天眼鏡でじっと人相を観察すると
「縁談はあきらめなさい。額に黒天が現れているから、あなたは来年二月十五日九ツに死ぬ」

さらには、
「あなたの亡父伝右衛門は、苦労して一代で財を築いたが、金儲けだけにとりつかれ、人を泣かせることばかりしてきたから、親の因果が子に報い、あなたが短命に生まれついたので、この上は善行を積み、来世の安楽を心掛けるがいい」
と言うばかり。

がっかりした伝二郎、家に帰ると忠義の番頭藤兵衛にこのことを話し、病人や貧民に金を喜捨し続ける。

ある日。

弁慶橋のたもとに来かかると、母娘が今しもぶらさがろうとしている。

わけを尋ねると、
「今すぐ百両なければ死ぬよりほかにない」
というので、自分はこういう事情の者だが、来年二月にはどうせ死ぬ身、その時は線香の一本も供えてほしいと、強引に百両渡して帰る。

伝二郎、それからはこの世のなごりと吉原ではでに遊びまくり、二月に入るとさすがに金もおおかた使い尽くしたので、奉公人に暇を出し、十五日の当日には盛大に「葬式」を営むことにして、湯灌代わりに一風呂浴び、なじみの芸者や幇間を残らず呼んで、仏さまがカッポレを踊るなど大騒ぎ。

ところが予定の朝九ツも過ぎ、菩提寺の深川浄光寺でいよいよ埋葬となっても、なぜか死なない。

悔やんでも、もう家も人手に渡って一文なし。

しかたなく知人を転々として、物乞い同然の姿で高輪の通りを来かかると、うらぶれた姿の白井左近にバッタリ。

「どうしてくれる」
とねじ込むが、実は左近、人の寿命を占った咎で江戸追放になり、今ではご府内の外の高輪大木戸で裏店住まいをしている、という。

左近がもう一度占うと、不思議や額の黒天が消えている。

「あなたが人助けをしたから、天がそれに報いたので、今度は八十歳以上生きる」
という。

物乞いして長生きしてもしかたがないと、ヤケになる伝二郎に、左近は品川の方角から必ず運が開ける、と励ます。

その品川でばったり出会ったのが、幼なじみで紙問屋福井屋のせがれ伊之助。

これも道楽が過ぎて勘当の身。

伊之助の長屋に転がりこんだ伝二郎、大家のひきで、伊之助と二人で辻駕籠屋を始めた。

札ノ辻でたまたま幇間の一八を乗せたので、もともとオレがやったものだと、強引に着物と一両をふんだくり、翌朝質屋に行った帰りがけ、見知らぬ人に声をかけられる。

ぜひにというので、さるお屋敷に同道すると、中から出てきたのはあの時助けた母娘。

「あなたさまのおかげで命も助かり、この通り家も再興できました」
と礼を述べた母親、
「ついては、どうか娘の婿になってほしい」
というわけで、左近の占い通り品川から運が開け、夫婦で店を再興、八十余歳まで長寿を保った。

「積善の家に余慶あり」という一席。

底本:六代目三遊亭円生

しりたい

原話や類話は山ほど  【RIZAP COOK】

直接の原話は、安永8年(1779)刊『寿々葉羅井』中の「人相見」です。

これは、易者に、明朝八ツ(午後2時)までの命と宣告された男が、家財道具を全部売り払って時計を買い、翌朝それが八ツふ鐘を鳴らすと、「こりゃもうだめだ」と尻からげで逃げ出したという、たわいない話です。

易者に死を宣告された者が、人命を救った功徳で命が助かり、長命を保つというパターンの話は、古くからそれこそ山ほどあり、そのすべてがこの噺の原典または類話といえるでしょう。

その大元のタネ本とみられるのが、中国の説話集『輟耕録』中の「陰徳延寿」。それをアレンジしたのが浮世草子『古今堪忍記』(青木鷺水、宝永5=1708年刊)の巻一の中の説話です。さらにその焼き直しが『耳嚢』(根岸鎮衛著)の巻一の「相学奇談の事」。

同じパターンでも、主人公が船の遭難を免れるという、細部を変えただけなのが同じ『輟耕録』の「飛雲の渡し」と『耳嚢』の「陰徳危難を遁れし事」で、これらも「佃祭」の原話であると同時に「ちきり伊勢屋」の原典でもあります。

円生と彦六が  【RIZAP COOK】

明治27年(1894)1月の二代目柳家(禽語楼)小さんの速記が残っています。

小さん代々に伝わる噺ですが、五代目は手掛けていません。三代目小さんの預かり弟子だった時期がある、八代目林家正蔵(彦六)が、小さん系のもっとも正当な演出を受け継いで演じていました。

系統の違う六代目三遊亭円生が晩年熱演しましたが、円生は上記二代目小さんの速記から覚えたものといいますから、正蔵のとルーツは同じです。戦後ではこの二人が双璧でした。

白井左近  【RIZAP COOK】

白井左近の実録については不詳です。
二代目小さん以来、左近の易断により、旗本の中川馬之丞が剣難を逃れる逸話を前に付けるのが本格で、それを入れたフルバージョンで演じると、二時間は要する長編です。この旗本のくだりだけを独立させる場合は「白井左近」の演題になります。

ちきり  【RIZAP COOK】

「ちきり伊勢屋」の通称の由来です。「ちきり」はちきり締めといい、真ん中がくびれた木製の円柱で、木や石の割れ目に押し込み、かすがい(鎹)にしました。同じ形で、機織の部品で縦糸を巻くのに用いたものも「ちきり」と呼びました。下向きと上向きの△の頂点をつなげた記号で表され、質屋や質両替屋の屋号、シンボルマークによく用いられます。これは、千木とちきりのシャレであるともいわれます。

弁慶橋  【RIZAP COOK】

弁慶橋は、伝二郎が首くくりを助ける現場です。

六代目三遊亭円生の速記では、「……赤坂の田町へまいりました。一日駕籠に乗っているので腰が痛くてたまらないから、もう歩いたところでいくらもないからというので、駕籠は帰してしまいます。食違い、弁慶橋を渡りましてやってくる。あそこは首くくりの本場といいまして……そんなものに本場というのもないが、あそこはたいそう首くくりが多かったという」とあります。

弁慶橋は江戸に三か所ありました。

もっとも有名なのが千代田区岩本町二丁目にかつてあった橋。設計した棟梁、弁慶小左衛門の名を取ったものです。藍染川に架かり、複雑なその水路に合わせて、橋の途中から向かって右に折れ、その先からまた前方に進む、卍の片方のような妙な架け方でした。

この弁慶橋は神田ですから、円生の言う赤坂の弁慶橋とは方向が違うわけです。なぜ、円生は弁慶橋と神田のではなくて赤坂のとして語ったのか。おそらくは、ちきり伊勢屋が麹町五丁目にあることから、神田よりも赤坂の方に現実味を感じたのでしょう。円生なりの筋作りの深い洞察かと思われます。本あらすじでは円生の口演速記に従ったため、「弁慶橋」を赤坂の橋として記しました。

赤坂の「食い違い」は「喰違御門」のことで、現在の千代田区紀尾井町、上智大学の校舎の裏側にありました。その門前に架かっていたのが「食い違い土橋」。石畳が左右から、交互に食い違う形で置かれていたのでその名がありました。明治10年(1877)、大久保利通が惨殺された紀尾井坂もちょうどこの付近です。

札ノ辻  【RIZAP COOK】

港区芝五丁目の三田通りに面した角地で、天和2年(1682)まで高札場があったことからこの名がつきました。江戸には大高札場が、日本橋南詰、常盤橋門外、筋違橋門内、浅草橋門内、麹町半蔵門外、芝車町札ノ辻、以上6か所にありました。

高札場  【RIZAP COOK】

慶長11年(1606)に「永楽銭通用停止」の高札が日本橋に掲げられたのが第1号でした。高札の内容は、日常生活にからむ重要事項や重大ニュースが掲示されていたわけではありませんでした。忠孝の奨励、毒薬売買の禁止、切支丹宗門の禁止、伝馬賃銭の定めなどが主でした。その最も重要な掲示場所は日本橋南詰でした。西側に大高札場があり、東側に晒し場がありました。

麹町  【RIZAP COOK】

喜多川歌麿の春画本『艶本 床の梅』の第一図に以下のようなセリフが記されています。

男「こうして二三てふとぼして、また横にいて四五てふ本当に寝て五六てふ茶臼で六七てふ 麹町のお祭りじゃやァねへが、廿てふくれへは続きそうなものだ」

女「まためったには逢われねえから、腰の続くだけとぼしておきな」

男「お屋敷ものの汁だくさんな料理を食べつけちゃ、からっしゃぎな傾城のぼぼはどうもうま味がねえ」

読みやすく適宜直しました。

女は年増の奥女中、男は奥女中の間男という関係のようです。奥女中がなにかの代参で出かけた折を見て男とのうたかたの逢瀬を、という場面です。男が「麹町のお祭りじゃねえが」と言いながら何回も交合を楽しめる喜びを表現しています。

麹町のお祭りとは日枝神社の大祭のこと。麹町は一丁目から十三町目までありました。こんなに多いのも珍しい町で、江戸の人々は回数の多さをいつも麹町を引き合いに表現していました。この絵はそこを言っているわけです。

ちきり伊勢屋は麹町五丁目とのことですが、切絵図を見ると、武家地の番町に対して、麹町は町家地だったのですね。食い違いからも目と鼻の先で、円生の演出は理にかなっています。麹町は、半蔵門から一丁目がが始まって、四ッ谷御門の手前が十丁目。麹町十一丁目から十三丁目まではの三町は四ッ谷御門の外にありました。寛政年間に外濠の工事があって、その代地をもらったからといわれています。麹町という町名は慶長年間に付けられたそうで、江戸では最も古い地名のひとつとされています。

喜多川歌麿『艶本 床の梅』第一図

【語の読みと注】
咎 とが
寿々葉羅井 すすはらい
輟耕録 てっこうろく
耳嚢 みみぶくろ
鎹 かすがい:くさび
千木 ちぎ:質店が用いる竿秤
喰違御門 くいちがいごもん

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!

落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

しにがみ【死神】演目

古典落語の傑作ですが、元ネタはイタリアやドイツにあるそうです。

別題:全快 誉れの幇間

あらすじ

借金で首が回らなくなった男。

金策に駆け回るが、誰も貸してくれない。

かみさんにも
「金ができないうちは家には入れない」
と追い出され、ほとほと生きるのがイヤになった。

ひと思いに首をくくろうとすると、後ろから気味の悪い声で呼び止める者がある。

驚いて振り返ると、木陰からスッと現れたのが、年の頃はもう八十以上、痩せこけて汚い竹の杖を突いた爺さん。

「な、なんだ、おめえは」
「死神だよ」

逃げようとすると、死神は手招きして、
「こわがらなくてもいい。おまえに相談がある」
と言う。

「おまえはまだ寿命があるんだから、死のうとしても死ねねえ。それより儲かる商売をやってみねえな。医者をやらないか」

もとより脈の取り方すら知らないが、死神が教えるには
「長わずらいをしている患者には必ず、足元か枕元におれがついている。足元にいる時は手を二つ打って『テケレッツノパ』と唱えれば死神ははがれ、病人は助かるが、枕元の時は寿命が尽きていてダメだ」
という。

これを知っていれば百発百中、名医の評判疑いなしで、儲かり放題である。

半信半疑で家に帰り、ダメでもともとと医者の看板を出した。

まもなく日本橋の豪商から使いが来た。

「主人が大病で明日をも知れないので、ぜひ先生にご診断を」
と頼む。

行ってみると果たして、病人の足元に死神。

「しめた」
と、教えられた通りにすると、アーラ不思議、病人はケロりと全快。

これが評判を呼び、神のような名医というので往診依頼が殺到し、たちまち左ウチワ。

ある日、麹町の伊勢屋宅からの頼みで出かけてみると、死神は枕元。

「残念ながら助かりません」
と因果を含めようとしたが、先方はあきらめず、
「助けていただければ一万両差し上げる」
という。

最近は愛人に凝って金を使い果たしていた先生、そう聞いて目がくらみ、一計を案じる。

死神が居眠りしているすきに、蒲団をくるりと反回転。

呪文を唱えると、死すべき病人が生き返った。

さあ死神、怒るまいことか、たちちニセ医者を引っさらい、薄気味悪い地下室に連れ込む。

そこには無数のローソク。

これすべて人の寿命。

男のはと見ると、もう燃え尽きる寸前。

「てめえは生と死の秩序を乱したから、寿命が伊勢屋の方へ行っちまったんだ。もうこの世とおさらばだぞ」
と死神の冷たい声。

泣いて頼むと、
「それじゃ、一度だけチャンスをやる。てめえのローソクが消える前に、別のにうまくつなげれば寿命は延びる」

つなごうとするが、震えて手が合わない。

「ほら、消える。……ふ、ふ、消える」

てけれっつのぱ【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!

しりたい

異色の問題作 【RIZAP COOK】

なにしろ、この噺のルーツや成立過程をめぐって、とうとう、かなり厚い一冊の本になってしまったぐらいです。参照『落語「死神」の世界』(西本晃二著、2002年)

一応、原話はグリム童話の中の「死神の名付け親」で、それを劇化したイタリアのオペレッタ「クリスピーノと死神」の筋を、三遊亭円朝が福池桜痴あたりから聞き、落語に翻案したといわれます。

それはともかく、そこのだんな。ああた、あーたです。笑ってえる場合じゃあありません。このはなしを聞いて、たまには生死の深遠についてまじめにお考えになっちゃあいかがです。美人黄土となる。明日ありと思う心の何とやら。死は思いも寄らず、あと数分後に迫っていまいものでもないのです。

東西の死神像 【RIZAP COOK】

ギリシアやエジプトでは、生と死を司る運命もしくは死の神。ヨーロッパの死神は、よく知られた白骨がフードをかぶり、大鎌を持った姿で、悪魔、悪霊と同一視されます。日本では、この噺のようにぼろぼろの経帷子をまとった、やせた老人で、亡者の悪霊そのもの。

ところが、落語版のこの「死神」では、筋の上では、西洋の翻案物のためか、ギリシア風の死を司る神という、新しいイメージが加わっています。

芝居の死神 【RIZAP COOK】

三代目尾上菊五郎以来の、音羽屋の家の芸で、明治19年(1886)3月、五代目菊五郎が千歳座の「加賀鳶」で演じた死神は、「頭に薄鼠色の白粉を塗り、下半身がボロボロになった薄い経帷子に葱の枯れ葉のような帯」という姿でした。不気味に「ヒヒヒヒ」と笑い、登場人物を入水自殺に誘います。客席の円朝はこれを見て喝采したといいます。この噺の死神の姿と、ぴったり一致したのでしょう。

先代中村雁治郎がテレビで落語通りの死神を演じましたが、不気味さとユーモラスが渾然一体で、絶品でした。

「誉れの幇間」はハッピーエンド 【RIZAP COOK】

明治の「鼻の円遊」こと初代三遊亭円遊は、「死神」を改作して「誉れの幇間」または「全快」と題して、やりました。ろうそくの灯を全部ともして引き上げるというハッピーエンドに変えています。

麹町の伊勢屋  【RIZAP COOK】

これはもう「ちきり伊勢屋」をみていただくのがよいでしょう。麹町は町家地、番町は武家地に棲み分けされていたのですね。円生のやり方です。

「死神」のやり方 【RIZAP COOK】

円朝から高弟の初代三遊亭円左が継承、さらに戦後は六代目三遊亭円生、五代目古今亭今輔が得意にしました。

円生は、死神の笑いを心から愉快そうにするよう工夫し、サゲも死神が「消える」と言った瞬間、男が前にバタリと倒れる仕種で落としました。柳家小三治は、男がくしゃみをした瞬間にろうそくが消えるやり方です。

あじゃらかもくれん【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!

落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

うまやかじ【厩火事】演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

働き者の女房と道楽者の亭主。皿か、女房か。究極の選択。

【あらすじ】

女髪結いで、しゃべりだすともう止まらないお崎が、仲人のだんなのところへ相談にやってくる。

亭主の八五郎とは七つ違いの姉さん女房で、所帯を持って八年になるが、このところ夫婦げんかが絶えない。

それというのも、この亭主、同業で、今でいう共稼ぎだが、近ごろ酒びたりで仕事もせず、女房一人が苦労して働いているのに、少し帰りが遅いと変にかんぐって当たり散らすなど、しまつに負えない。

もういいかげん愛想が尽きたから別れたい、というわけ。

ところが、だんなが
「女房に稼がせて自分一人酒をのんで遊んでいるような奴は、しょせん縁がないんだから別れちまえ」
と突き放すと、お崎はうって変わって、
「そんなに言わなくてもいいじゃありませんか」
と、亭主をかばい始め、はては、
「あんな優しいいい人はない」
と、逆にノロケまで言いだす始末。

あきれただんな、
「それじゃひとつ、八の料簡を試してみろ」
と、参考に二つの話を聞かせる。

その一。

昔、唐(もろこし=中国)の国の孔子という偉い学者が旅に出ている間に、廐から火が出て、かわいがっていた白馬が焼け死んでしまった。

どんなおしかりを受けるかと青くなった使用人一同に、帰ってきた孔子は、馬のことは一言も聞かず、
「家の者に、けがはなかったか」

これほど家来を大切に思ってくださるご主人のためなら命は要らないと、一同感服したという話。

その二。

麹町に、さる殿さまがいた。

「猿の殿さまで?」
「猿じゃねえ。名前が言えないから、さる殿さまだ」

その方が大変瀬戸物に凝って、それを客に出して見せるのに、奥さまが運ぶ途中、あやまって二階から足をすべらせた。

殿さま、真っ青になって、
「皿は大丈夫か。皿皿皿皿」
と、息もつかず三十六回。

あとで奥さまの実家から、
「妻よりも皿を大切にするような不人情な家に、かわいい娘はやっておかれない」
と離縁され、一生寂しく独身で過ごした、という話。

「おまえの亭主が孔子さまか麹町か、なにか大切にしている物をわざと壊して確かめてみな。麹町の方なら望みはねえから別れておしまい」

帰ったお崎、たまたま亭主が、「さる殿さま」よりはだいぶ安物だが、同じく瀬戸物の茶碗を大事にしているのを思い出し、それを持ち出すと、台所でわざとすべって転ぶ。

「……おい、だから言わねえこっちゃねえ。どこも、けがはなかったか?」
「まあうれしい。猿じゃなくてモロコシだよ」
「なんでえ、そのモロコシてえのは」
「おまえさん、やっぱりあたしの体が大事かい?」
「当たり前よ。おめえが手にけがでもしてみねえ、あしたっから、遊んでて酒をのめねえ」

【しりたい】

題名は『論語』から

厩は、馬小屋のこと。

文化年間(1804-18)から口演されていたという古い江戸落語です。

演題の「厩火事」は『論語』郷党編十二から。

「厩(うまや)焚(や)けたり。子、朝(ちょう)より退き、『人を傷つけざるや』とのみ言いて問いたまわず」

江戸時代には『論語』『小倉百人一首』などが町人の共有する教養でした。引用も多いのですね。

明治の速記では、初代三遊亭遊三、三代目柳家小さんのものが残ります。

文楽の十八番

戦後は八代目桂文楽が、お崎の年増の色気や人物描写の細やかさで、押しも押されぬ十八番としました。

ライバル五代目志ん生も得意にし、お崎のガラガラ女房ぶりで沸かせました。

志ん生は、マクラの「三角関係」(出雲の神さまが縁結びの糸をごちゃごちゃにする)で笑わせ、「どうしてあんな奴といっしょになったの?」「だって、一人じゃさぶい(寒い)んだもん」という小ばなしで男女の機微を見事に表現し、すうっと「厩火事」に入りました。

女髪結い

寛政年間(1789-1801)の初め、三光新道(東京都中央区日本橋人形町三丁目あたり)の下駄屋お政という女が、アルバイトに始めたのが発祥とされます。

文化年間から普及しましたが、風俗紊乱のもととなるとの理由で、天保の改革に至るまで、たびたびご禁制になっています。

噺にも階級あり

晩年、名古屋で活躍した故・雷門福助の回想。

兄弟子で師匠でもある八代目桂文楽に、「『厩火事』を稽古してください」と頼むと、「ああいいよ、早く真打ちになるんだよ。真打ちになったら稽古してやる」と言われたという。

それだけ、ちょっとやそっとでは歯が立たない噺ということで、昔は、二つ目が「厩火事」なぞやろうものなら「張り倒された」。

それが今では、二つ目はおろか、へたすれば前座のぴいぴいでも平気で出しかねません。いやあ、いい時代になったもんです。

芝居の「皿屋敷」

同じ「皿屋敷」でも、一枚の皿が欠けたため腰元お菊をなぶり殺しにする青山鉄山は麹町の猿よりさらに悪質。

これに対して、岡本綺堂(1872-1939)の戯曲『番町皿屋敷』の青山播磨はモロコシ……ですが、芝居だけに一筋縄ではいかず、播磨は自分の真実の恋を疑われ、自分を試すために皿を割られた怒りと悲しみで、残りの皿を全部粉々にした後、お菊を成敗します。

昭和初期の名横綱・玉錦三右衛門(1903-38)はモロコシだったようで、大切にしていた金屏風を弟子がぶっ壊しても怒らず、「おまえたちにけがさえなきゃいい」と、鷹揚なところを見せたそうです。さすがです。