はやしやそめごろう【林家染語楼】噺家

  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席


【芸種】落語
【所属】上方落語協会
【入門】2001年12月、四代目林家染語楼(鹿田佳歩、1950-2005)に林家市楼で。2005年3月、四代目林家染丸の預かりに。2022年11月、五代目林家染語楼を追贈
【出囃子】 天王寺
【定紋】 ぬの字うさぎ
【本名】鹿田圭人
【生年月日】1980年4月13日
【没年月日】2022年11月14日 心臓疾患で
【出身地】大阪市
【学歴】大阪府立東住吉高校中退
【血液型】A型
【出典】上方落語家名鑑HP 林家市楼Wiki
【蛇足】新作中心。祖父は三代目林家染語楼(鹿田吉彦、1918-75)

林家市楼、逝く

成城石井.com

上方落語の林家市楼(鹿田圭人しかたよしと)さんが、心臓疾患のため、11月14日に亡くなりました。42歳でした。

市楼さんは、12日に鹿児島県の加計呂麻島かけろまじまで落語会を催し、翌日はこの島で行われた5kmのマラソン大会に参加しました。14日、大阪に戻ると知人の飲食店で倒れ、救急搬送されましたが、そのまま亡くなりました。

市楼さんは1980年生まれの大阪市出身。祖父は三代目林家染語楼、師匠でもある父は四代目林家染語楼という、三代続く噺家一家でした。四代目染語楼の没後は林家染丸一門の預かりとなっていました。一門の意思により、五代目林家染語楼を追贈することが決まりました。

ご冥福を祈ります。

2022年11月18日 古木優

  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席

しょうふくていしょうし【笑福亭松枝】噺家

  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席

【芸種】落語
【所属】上方落語協会
【入門】1969年3月、六代目笑福亭松鶴(竹内日出男、1918-86)に松枝で
【出囃子】早船
【定紋】五枚笹
【本名】秦富男
【生年月日】1950年11月20日
【出身地】大阪府貝塚市
【学歴】大阪府立岸和田高校
【血液型】AB型
【出典】上方落語家名鑑HP 笑福亭松枝Wiki 笑福亭松枝公式
【趣味や特技】日本史の解説 古寺・古跡めぐり
【蛇足】上方落語協会顧問 

  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席

繁昌亭大賞、笑福亭たま

【RIZAP COOK】

上方落語協会によれば、天満天神繁昌亭で年間を通じていちばん活躍した中堅の落語家に贈る「第16回繁昌亭大賞」に、笑福亭たま師を選んだとのことです。12月23日のことです。

笑福亭たま師は大阪府貝塚市出身の46歳。本名は辻俊介。京都大学経済学部を卒業して、1998年(平成10)、笑福亭福笑師匠に入門しました。

意識してネット配信を取り入れた「電脳落語会」や、若手中心の公演「落語フォー・ザ・フューチャー」を企画するなど、コロナ禍で厳しい状況が続く上方落語界をにぎやかに盛り上げたことが、大きく評価されたそうです。

奨励賞は、桂阿か枝師、林家染左師のお二人で、ともに50歳。表彰式と記念落語会は、2022年3月1日に行われます。

しょうふくていにかく【笑福亭仁鶴】噺家

  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席


【芸種】落語
【所属】上方落語協会
【入門】1961年4月、六代目笑福亭松鶴(竹内日出男、1918-86)に仁鶴で
【出囃子】猩猩くずし
【定紋】五枚笹
【本名】岡本武士
【生没年月日】1937年1月28日-2021年8月17日 84歳
【出身地】大阪府大阪市 実家は鉄工所
【学歴】大阪市立生野工業高校
【血液型】O型
【出典】上方落語家名鑑HP 笑福亭仁鶴Wiki
【所属】吉本興行
【蛇足】上方落語協会相談役でした 「どんなんかなぁ」

  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席

かつらきちや【桂吉弥】噺家


【芸種】落語
【所属】上方落語協会
【入門】1994年11月、桂吉朝(上田浩久、1954-2005)に吉弥で
【出囃子】真室川音頭
【定紋】三つ柏、結び柏
【本名】富谷竜作とみやりゅうさく 旧姓は新保しんぼ
【生年月日】1971年2月25日
【出身地】大阪府茨木市
【学歴】大阪府立春日丘高校→神戸大学教育学部
【血液型】O型
【出典】上方落語家名鑑HP 桂吉弥Wiki 桂吉弥公式HP
【趣味】音楽・演劇鑑賞、サッカー観戦、阪神タイガース応援
【蛇足】

かつらしゅんちょう【桂春蝶】噺家

【芸種】落語
【所属】上方落語協会
【入門】1994年8月、三代目桂春団治(河合一、1930-2016)に三代目春蝶で
【出囃子】神田祭
【定紋】中陰花菱
【本名】浜田大助
【生年月日】1975年1月14日
【出身地】大阪府吹田市
【学歴】北陽高校
【血液型】0型
【出典】馬風一門HP 落語協会HP 鈴々舎馬風Wiki
【蛇足】2009年、繁昌亭大賞爆笑賞 2013年、咲くやこの花賞 父は二代目桂春蝶(浜田憲彦、1941-93)