あなぐら【穴蔵】ことば 江戸覗き

【RIZAP COOK】

江戸で穴蔵といえば、りっぱな地下室をさしました。ここでは、土蔵とはまた別の穴蔵と呼ばれた地下の貴重品置き場について記します。

穴蔵伝説の誕生  【RIZAP COOK】

明暦の大火(明暦3年=1657)で、穴蔵に入れておいた財産が無事だったという噂が広まって、その後、これが大流行したといいます。店賃18匁の裏長屋の住人でさえ穴蔵を用意したという話は、アート・ブレイキー来日の昭和35年(1960)の頃に、そばの出前も「モーニン」を口ずさんでいたと話に似ています。ま、それはどうでもいいことですが。

穴蔵といっても、ただ土を掘ってそこに物を入れるのではありません。ヒバ、スギなどの防水性の高い木材を使って、板と板の隙間にはチャンといわれる防水接着剤や槙肌(樹木の繊維)などが詰められていました。

チャンは、松ヤニ、地の粉(粘土の粉末)、荏油(エゴマの種子から抽出)でつくる木工用接着剤のことです。

ともかく、さまざまな工夫をして水漏れを防いだわけです。こんなことを商売にしていたのが穴蔵大工です。資材の調達、大工の手配、穴蔵設計のすべてを一貫して請け負っていました。こういう業者を穴蔵屋と呼びました。

穴蔵屋は、穴蔵以外にも雪隠(トイレ)、湯殿(バスルーム)、流し(キッチン)などの設置、さらには上水工事にもかかわっていました。水回りを得意としていたのですね。船大工や橋大工の系統だといわれています。

穴蔵の目的は防火  【RIZAP COOK】

穴蔵を作る理由は防火用の倉庫を設けるためです。江戸の人々は、以下のようなぐあいに穴蔵を活用していました。

「火事だぁ」の声が上がると、作り置きしてあった穴蔵に貴重品を運び込みます。入り口に蓋をして油紙を敷きます。砂を広げてよく踏みつけて、その上に水でたっぷり湿らせた畳を一枚覆って、その上に水を満杯にした桶を置くのです。

ここまでやっておくと、仮に家が焼けてしまっても、其の衝撃で水桶が壊れて水があたりにあふれ出し、畳をさらに湿らせて類焼しづらい状態となります。

穴蔵は入り口である天井をきちんと防ぎさえすれば、火が中に入りにくい構造です。土蔵よりも確実に残せます。しかも小規模でも作れるところが、さまざまな階層にわたって流行した理由です。

穴蔵に貴重品を入れている(マル囲いの部分) 目黒行人坂火事絵巻より(国立国会図書館所蔵)

参考文献:小沢詠美子『災害都市江戸と地下室』(吉川弘文館、1998年)、波多野純『復原・江戸の町』(筑摩書房、1998年)、小澤弘、丸山伸彦編『江戸図屏風をよむ』(河出書房新社、1993年)、加藤貴編『江戸を知る事典(東京堂出版、2004年)、大濱徹也、吉原健一郎編『江戸東京年表』(小学館、1993年)、『新装普及版 江戸文学地名辞典』(東京堂出版、1997年)