そうかもんいんのべっとう【そうか門院の別当】むだぐち ことば

★auひかり★

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

相手の言葉に「そうか」と直接自分で反応しているとも取れます。これもダジャレで、元は「皇嘉門院別当」。この人物は本名、正没年月日未詳で、平安末期の女流歌人。百人一首に撰ばれた「難波江の 葦の仮寝の ひと夜ゆゑ 身を尽くしてや 恋わたるべき」がよく知られていますが、むだぐちとの直接な関連はなく、ただ名前を借りられただけでしょう。ここでも「百人一首」からの拝借です。

「そうかもんいん」は、「そうか、もういい」のダジャレがプンプンにおいます。また「別当」は、ずばり「べっかっこう」(あかんべえ)の、これまたダジャレでしょう。いいように名前をおもちゃにされています。

【語の読みと注】
皇嘉門院別当 こうかもんいんのべっとう

★auひかり★

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席