世界一周 せかいいっしゅう 演目

【RIZAP COOK】

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

映画「タイタニック」もまっさお。100年ほど前の噺です。

【あらすじ】

お調子者の秀さん、隠居のところへ訪ねてきた。

「わっちもなにかして名前を上げたい」と思ったが、名案が思いつかないので勧工場をぶらつくと、五厘で古新聞の「やまと新聞」を売っていたから買って読んでみた。

歩いて世界一周をした外国人のことが出ていた。そこで自分も行きたくなって、横浜から船に乗った。

以下、世界珍旅行の模様を得々と語る。

船に乗ってみると、なんと、知っている連中がワンサカ。

髪結床のおやじに薬屋の隠居、清元のお師匠さんに落語家講釈師、相撲幇間官吏、百鬼夜行、森羅万象、神社仏閣、オッペケペーの川上音二郎までいて、にぎやかな旅立ち。

天津まで行くと、船がバラバラ。「テンシンバラバラ」というくらい。

そこで、船を借り換えて、ホンコンからシンガポールへ。

そこで主人と家来がけんかしていて、家来が勝った。

「そういうわけで?」
「それもそのはず。臣が放る(シンガポール)」
「もう尾かえる」

そこからインド洋を渡り、アラビア海からスエズ運河を経てフランスのマルセイユ、パリ見物して英国に渡り、ロンドンは煙突の煙でなにも見えないので、ロンドン(=どんどん)急いでアメリカへ。

大陸を横断して、サンフランシスコから帰りの船。

一時間四十マイルも出る快速船で、じきに帰れると喜んでいると、途中で大嵐。

風雨はだんだん激しくなり、なにやらメリメリいいだしたと思ったら、あっという間に暗礁に乗り上げ、船には大穴。

船長、もはやこれまでと甲板に現れ、申し訳にピストルでいさぎよく自害。

アーメンというのが、この世の別れ。人間をヤーメンて冥土へ出帆。

それを見て、われも冥土のお供と、機関士も客もみな刺し違え、鮮血淋漓、血潮紅葉と取り乱し、無残なりけるありさま。

「はあ、大変だな。お前は助かったのかい」
「折れた帆柱に体をゆわい付け、一生懸命捕まっているうちに、船は千尋の海底に。漂っていると横浜が見えてきたので、やれうれしやと思ううちに、帆柱がズブズブ。ワッチは逆さまに沈んでいく」
「それは困った」
「一世一代の声で『助けてくれえ』とどなると、隣のかみさんが起こしてくれた」

全部夢の話。万国絵図の上で寝ていたというお粗末。冷たいと思ったら、自分のヨダレ。

底本:初代談洲楼燕枝

【RIZAP COOK】

【うんちく】

上方スペクタクル噺の改作

初代談洲楼燕枝(1838-1900)の創作ですが、江戸の「ガリバー旅行記」ともいえる「唐茶屋」や上方落語のスペクタクル巨編「島めぐり」を文明開化向きにアレンジ、改作したというのが正確でしょう。燕枝は円朝のライバルで、柳派の人情噺の巨匠でした。

この「世界一周」のあらすじは、燕枝の死の直前、『文藝倶楽部』の明治33年(1900)2月号に掲載された最後の速記をテキストにしました。燕枝没後一世紀以上、やり手はありません。

オリジナルの速記では、隠居が「ドーンという音は?」と聞くと秀さんが「時計を見ましたら、十二時が五分ばかり廻って居ました」とオチています。これは、「ドーン」が明治の風物詩、午砲(ドン)を踏まえたと思われますが、肝心の「ドーン」の伏線が前になく、ただのミスでしょう。あらすじでは省略しました。

それでは、上方落語のスペクタクル巨編「島めぐり」のあらすじをご紹介します。「唐茶屋」については、その項をご参照ください。

「島めぐり」

正しくは「万国島めぐり」。

アホの喜六が隠居宅で、「朝比奈島めぐり」の絵本を見せてもらううち、女護が島へ行ってみたくなり、さっそく異国通いの船で密航。小人国に置き去りにされ、殿さまを印籠の中に放り込む。そのまま進むと、やがて巨人国。今度は逆に、巨人の印籠に放り込まれる。息苦しくて印籠を開けて気付け薬をのもうとすると、小人の殿さまが丸薬に腰掛けて切腹していた。

印籠からつまみ出され、巨人の子供のなぶりものにされた喜六。脱走を試みるも、お釈迦さまの掌の孫悟空よろしくすべて失敗。ところが、巨人の竜巻のような屁に吹き上げられ、天空に舞い上がる。

落下したところは、待望の女護が島。この国始まって以来の男の客というので、たちまちVIP待遇。

ここからご想像の通り、露の五郎兵衛好みのポルノ落語に。風呂場で股間のエテモノを、山なす野次馬に観察され、質問責め。

「これは、何に使う棒ですねん?」
「こりゃ、あんたらのヘソ下を掃除する掃除棒やがな」

そこで、掃除希望が殺到。掃除料を取ったあげく、連日連夜の奮戦で棒はすり減る一方。

オチは
「こない仰山掃除してたらオレの命がもたん」
または、女たちが大喜びで、
「値が値だけのものはある」

とうとう逃げ出して「唐茶屋」へ。

世界一周狂奏曲

ジュール・ヴェルヌ(1828-1906)がパリの「ル・タン」紙に「八十日間世界一周」を連載したのは1872年(明治5)ですが、その奇抜な着想に刺激されてか、1889年(明治22)、米女性記者ネリー・ブライが、この小説のコース通り、ただしニューヨークを出発点に西回りで72日6時間11分の世界一周レコードを樹立。それに続いて、同国のフィッツモリスらが1890年代を通じて次々と記録を更新し、ちょっとしたブームを巻き起こしました。1903年(明治36)には、ヘンリー・フレデリックが54日7時間2分、1907年(明治40)にはバーンレイ・キャンベルがシベリア鉄道回りで40日19時間30分と、列車・汽船の発達で、記録は日進月歩という時代でした。

日本では明治維新後、知識階級の間で洋行熱が高まり、早くも明治3年(1870)には、仮名垣魯文(1829-94)が、十返舎一九の「膝栗毛」の主人公・弥次喜多に英国まで旅をさせる戯作「西洋道中膝栗毛」初編を刊行しています。「八十日間世界一周」を川島忠之助(1853-1938)が初めて邦訳したのが、明治11-13年(1878-1880)でした。噺の中に出る「歩いて世界一周をした外国人」については未詳です。

川上音二郎

川上音二郎(1864-1911)は、「マダム貞奴」の夫、新派劇の草分けにして、「オッペケペ節」の書生芝居の創始者として知られますが、上方落語の桂文之助に入門して「浮世亭○○(マルマル)」の芸名を持つ寄席芸人でもありました。落語はやらなかったようです。

音二郎貞奴夫婦の洋行は、明治31年(1898)から34年(1901)まで足掛け四年に及びました。

やまと新聞

明治17年(1884)、「警察新報」として創刊。幕末の戯作者山々亭有人から、維新後にはジャーナリストに転じた条野採菊(1832-1902)によって、2年後、編集方針を一変して「やまと新聞」と改名。三遊亭円朝の速記掲載によって人気を得ました。円朝人気で発行部数を維持するため、円朝晩年のいくつかの作品は条野自らがこさえた作品だといわれています。

やまと新聞は、芸界や花柳界のゴシップ、スキャンダルを暴く大衆紙として長く大衆的人気を保ってきました。ライバルの「万朝報」が主に政界の醜聞を暴いたのに対し、こちらはもっぱら軟派に徹したため、読者層も分かれました。円朝の没年である明治33年(1900)あたりを境に、条野自身が経営や編集から退き、紙面は大きく変わりました。

大正期の第一次護憲運動を擁護する御用新聞とみなされて社屋を暴徒に襲撃されたり、大正12年(1923)の関東大震災では社屋を焼失したりして、大きく衰退しました。昭和前期には右翼国粋主義を主張する新聞と変貌し、昭和18年(1943)には右翼の児玉誉士夫に移りました。太平洋戦争末期、昭和20年(1945)5月、新聞統制などで廃刊となりました。児玉は昭和21年(1946)10月、児玉は「やまと新聞」を復刊しましたが、その後、「新夕刊」「日本夕刊新聞」「国民タイムズ」「夕刊東京スポーツ」「東京スポーツ」と名称を変更していきました。経営も児玉から高源重吉、三浦義一、永田雅一などに移っていきました。

警察系の新聞からスタートしたやまと新聞。時代に翻弄されながらも、つねに政府擁護の姿勢で変遷していったのが、この新聞の特徴といえるでしょう。

【語の読みと注】
山々亭有人 さんさんていありんど
万朝報 よろずちょうほう

【RIZAP COOK】

雁風呂 がんぶろ 演目

自宅で始めて、年収1,300万円以上が可能

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

これは珍しい、水戸黄門も落語に。ご一行漫遊の一席です。

別題:天人の松(上方噺)

【あらすじ】

かの有名な黄門、水戸光圀公。

ご隠居の身の気軽さで、供そろいわずか八人を引き連れて諸国を漫遊中、東海道は掛川の宿に来かかった。

ある質素な、老夫婦二人だけでやっている立場で休憩し、昼食をとっていると、田舎のことで庭に肥桶が置いてあると見え、プーンと臭い匂いが漂ってくる。

さりとて、障子を閉めてしまうと陰気臭くなるので、屏風か衝立を持ってくるようにおやじに言いつける。

恐縮したおやじが運んできた屏風の絵を見て、驚いた。

こんな粗末な立場にあるとは思えないような、土佐光信の屏風絵。

ただ、図柄が変わっていて、松の枝に雁。

屏風は一対だから、別のには松の大木が描かれてあろうと思われる。

松には鶴、雁には月を描くのが普通。

「ははあ、光信の奴、名声におごって、なにを描いてもよいと増長したか」
と光圀公、不快になって、帰館のあかつきには光信の絵はすべて取り捨てると言い出す。

そこへ相客。

上方者らしい、人品卑しからぬ町人の、主従二人連れ。

主人の方は屏風絵を見て感嘆し、
「さすがに光信さんや、松に雁とは、風流の奥義を極めた絵やなァ。これは秋の雁やのうて、春の帰雁や。なにも知らん奴が見たら、雁頼まれたら月を描き、鶴なら松を描くと思い込むやろが、そんな奴は眼あって節穴同然や。もう、他に二人とない名人やなァ」

聞いた光圀公、自分の不明を思い知らされ、町人ながら風流なる者と感心して、近習に命じて男を呼ばせ、松と雁の取り合わせの由来を尋ねた。

初めは、えらいことがお武家さまのお耳に入ったと恐縮していた町人、たってと乞われて語り出したところによると、
「雁は海の向こうの常盤の国という暖国から渡ってきて、冬を函館の海岸で過ごし、春にまた帰っていくが、大きく体が重い鳥だから、海を渡る途中に墜落して命を落とすこともたびたびある。海上で体がくたびれると、常盤の国を出る時くわえてきた枝を海に落として、それを止まり木にして羽を休め、またくわえて、ようやく函館の松までたどり着く。松に止まると、枝をその下に落として、春まで日本全国を飛び回るが、その間に函館の猟師たちが、枝の数を数えて束にし、雁が南に帰る季節になると、また松の下に、その数だけ置いてやる。雁は自分の枝がわかるので、帰る時に各々それをくわえていく。猟師は残った枝を数え、ああ、またこれだけの雁が日本で命を落としたか、あわれなことだと、その枝を薪にして風呂を炊き、追善のため、金のない旅人や巡礼を入れて一晩泊め、なにがしかの金を渡して立たせてやる。これはその時の、帰雁が枝をくわえようとしている光景だ」
という。

すっかり感心した光圀公、身分を明かし、
「そちの姓名はなんと申す」
とご下問になる。

町人、びっくり仰天して、額を畳にこすりつけながら、おそるおそる
「私は大坂淀屋橋の町人で、分に過ぎたぜいたくとのおとがめを受け、家財没収の上、大坂三郷お構いに相なりましたる、淀屋辰五郎と申す者にござります」
と言上。

昔、柳沢美濃守さまに三千両お貸ししたが、ずっとお返しがなく、今日破産し浪々の身となったので、なんとかお返しを願おうと、供を連れてはるばる江戸までくだる途中、と聞いて、光圀公、雁風呂の話の礼にと、柳沢に、この者に三千両返しつかわすようにという手紙を書いてやり、その金でめでたく家業の再興がなったという、一席三千両のめでたい噺。

底本:初代談洲楼燕枝

自宅で始めて、年収1,300万円以上が可能

【しりたい】

上方版はオチ付き

「水戸黄門漫遊記」を題材にした講談をもとに作られた噺のようですが、はっきりしたネタ元は不明です。

もともとは上方噺で、別題を「天人の松」ともいいますが、上方版ではオチがついていて、「雁風呂の話一つで三千両とは、高い雁(かりがね=借り金)ですな」「そのはずじゃ。貸し金を取りにいく」とオチます。

現在、この噺を得意にしていた桂米朝は「雁風呂の講釈をしたおかげで、借金(しゃっきん)が取れますがな」「そらそうや、かりがね(雁=借り金)の話をしたんじゃ」としています。

このオチの部分の原話は、最古の噺本として知られる『醒睡笑』(安楽庵策伝著、寛永5年=1628年成立)巻一の「祝ひ過ぎるも異なもの」とみられ、「借り金」=「雁がね」の、まったく同じダジャレオチがみられます。

東京では円生

明治の落語界で三遊亭円朝と並び称された初代談洲楼燕枝の速記では、このあらすじの通り講談に近い形をとり、オチはついていません。

戦後は、六代目三遊亭円生が大阪の二代目桂三木助直伝で、オチのある上方系のやり方で演じました。

速記、音源とも、残されているのは上方の米朝版を除けば、円生のもののみです。

円生の芸談

「この噺でむずかしいところというと、副将軍である光圀公の描写、また辰五郎というのは大阪では有名な金持ちの息子ですから、言葉つきから何から品が悪くてはいけません。これを第一に心がけるということが大事だと思います」

雁風呂

噺に出てくる伝説の正確な出自は不明ですが、雁風呂もしくは雁供養の習慣は、本来、青森県・津軽の外ケ浜のものです。

したがって、函館としているこの噺とは食い違いますが、函館にもそんな習俗があっても不思議はありません。

このエピソード、昭和の終わりごろに、某洋酒メーカーのコマーシャルにも使われていました。

「雁風呂」は春の季語にもなり、「雁風呂の 燃ゆるままなる 淋しさよ」(一樹)ほか、多くの句があります。

函館の松

歌枕として著名で、六代目円生は淀屋の説明の中で、
「秋は来て 春かえり行く かりがねの はがい休めむ 函館の松」
という紀貫之の歌を出していました。

淀屋辰五郎

生没年は不詳です。鴻池と並ぶ大坂の豪商でしたが、この噺のとおり、あまりに金の使いっぷりがよすぎて公儀ににらまれ、資産没収のうえ大坂追放処分になったのが宝永2年(1705)。したがって、野暮をいえば、その五年前の元禄13年(1700)に没した水戸光圀と、ここで出会うことはないはずです。

上方では辰五郎の息子で演じるのが普通で、円生もこれにならっていました。

【語の読みと注】
肥桶 こえおけ
屏風 びょうぶ
衝立 ついたて

自宅で始めて、年収1,300万円以上が可能

心眼 しんがん 演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

円朝の名作。気の利いた短編小説を読む心地よさです。

別題:心の眼

【あらすじ】

浅草馬道に住む、目が不自由な按摩の梅喜。

今日ははるばる横浜まで流しに行ったが、ろくに仕事がなかったと、しょんぼりと帰ってくる。

顔色が真っ青なので、恋女房のお竹が、なにかあったと勘づき、聞いてみると、梅喜はこらえ切れずに泣き出した。

両親を早く亡くした梅喜が、幼いころから育てた弟の金公に、大恩ある兄の自分が藁にもすがる思いで金を無心に行くと、こともあろうに目の不自由なのをあざけられ、
「『また食いつぶしに来やがった』と抜かしやがった。もう悔しくて口惜しくて、いっそあのちくしょうの喉笛に食らいついて……と思ったが、こんな不自由な体だから負けてしまうし、いっそ面当てに軒ででも首をくくって死んでしまおうと本気で考えたものの、親身になって心配してくれるおまえがさぞ力を落とすと思い、人間は一心になったらどんなことでもできるのだから、茅場町の薬師さまを信心して、たとえ片方だけでも目を開けていただこうと気を取り直し、横浜から歩いて帰ってきた」
という。

お竹は懸命に慰めて、
「あたしも自分の寿命を縮めても、おまえさんの目が開くようにお願いするから」
となだめ、その夜は寝かせる。

翌日から、さっそく薬師如来に三七、二十一日の日参。

ちょうどその満願の日、目が開かないので梅喜が絶望して、
「いっそあたしを殺してくれ」
と叫んでいるところへ、得意先の上総屋のだんなが声をかける。

「おまえ、目が開いているじゃないか」
と言われてはっと気がつくと、なるほど、見える見える、なにもかもはっきりと目に映る。

さては夫婦の一念が通じたかと狂喜し、いちいち
「へえ、あれが人力車……あれが……」
と確かめながら、だんなについて浅草仲見世まで行く途中で、自分が男前であること、女房のお竹は人三化七の醜女だが、気だてのよい貞女であることをだんなから聞かされた梅喜、わが女房ながらそんなにひでえご面相かとがっかり。

そこでぱったり出くわしたのが、これもお得意の芸者、小春。

誘われるままに富士横丁の「釣堀」という待合に入り、杯をさしつさされつしているうち、小春が
「実は、ずっとおまえさんを思っていた」
と告白し、誘惑する。

すっかり有頂天になった梅喜、
「化け物面のお竹なんぞはすっぱり離縁して、おまえさんと一緒になる」
と怪気炎。

二人はしっぽり濡れ、いつしか一つ床に……。

そこへ、二人が待合に入ったという上総屋の知らせで、お竹が血相を変えて飛び込んでくる。

いきなり梅喜の胸ぐらをつかんで、
「こんちくしょう、この薄情野郎っ」
「しまった、勘弁してくれっ、おい、お竹、苦しいっ」

とたんに、はっと目が覚める。

「うなされてたけど、悪い夢でも見たのかい」
という優しいお竹の言葉に、梅喜我に返って、
「あああ、夢か。……おい、お竹、おらあもう信心はやめるぜ」
「なぜさ」
「目が見えねえてえなあ、妙なものだ。寝ているうちだけ、よォく見える……」

底本:八代目桂文楽

【しりたい】

円朝晩年の作

三遊亭円朝が、盲目の音曲師だった円丸の、横浜での体験談をもとにまとめあげたといわれます。一説には円丸は門人で、三代目円生から円朝門に移り、のち右多丸と改名した人ともいいますが、はっきりしません。

円朝の原作は、現行とは少し異なり、亭主の目が開くなら自分の目がつぶれてもいいと、密かに薬師に願掛けしていた女房、お竹の願いが聞き届けられ、梅喜は開眼するものの、お竹の目はつぶれます。梅喜と小春が富士下(浅草馬道の富士浅間神社の坂下)の「釣堀」という料亭にしけこんだと聞いて、お竹が女按摩に化けて乗り込み、さんざん恨みごとを並べたあげく、堀に身を投げ……、というところで梅喜の目が覚めます。オチは「目が覚めたら何も見えない」という、後年の八代目桂文楽のものとは正反対で、陳腐なものとなっています。

文楽の十八番

戦後は、八代目桂文楽の、文字通りの独壇場でした。文楽は、二代目談洲楼燕枝から習ったこの噺を盲人のせつない心情をみごとに描ききった独自の人情ものとして磨き、その存命中はほかに誰も演じ手がないほどの極め付けでした。

現在出ている速記、音源とも、文楽のものばかりで、唯一古いものでは、円朝の原作をほぼ踏襲した初代三遊亭金馬(のち二代目小円朝)の「心の眼」と題した明治三十二年(1899)の速記が残っていますが、これは円朝在世中のものです。

心眼

物事の真実を見抜く心の働きをいいます。これはオチの「寝ているうちだけ……」に通じ、この場合は梅喜が、夢の中で眼の開いた自分が女の色香にうつつをぬかす姿の浅ましさを、目覚めてはっきり悟り、改めて妻の愛情の深さをかみしめたことを意味するのでしょう。浄瑠璃や歌舞伎の「壺坂霊験記」に一脈通ずるものがあります。

茅場町の薬師

現在の中央区日本橋茅場町一丁目。

薬師如来は、別名、大医王仏、医王善逝とも呼ばれます。病を癒して悟りに導くとされ、江戸では多田の薬師(墨田区東駒形一丁目の今の東江寺)とともに信仰を集めました。眼病のほか、歯痛にも霊験あらたかということで、歯守薬師というのもあります。人々は目に紅絹の布をあてて参詣し、文銭という、裏に文の字を鋳出した穴開き銭をめの字型に並べた額や、めの字を書いた絵馬を奉納して祈願しました。

【もっとしりたい】

 三遊亭円朝の作といわれている。盲人の弟子円丸の体験に材を取ったのだそうだ。この噺を得意とした八代目桂文楽は、マクラにそんないわれを語っていた。話を広げていった果てに「なんだ夢か」で終わる。この手の構成は、小説の新人賞ではもっとも嫌われる。創作の禁じ手である。明治三十二年(1899)にやった初代三遊亭金馬の速記を見ても、さほどのできでもない。文楽の「心眼」が秀逸なのは、梅喜とお竹との細やかな交情を前半で随所にたっぷり演じているからだ。それが十分でなければ、鼻白む人情噺に終わる。つまり、構成そのものができそこないではあっても、演じ方次第で客をうならせられるのが落語の魅力だ。先日、落語研究会で入船亭扇辰がこの噺をやっていた。盲人の所作がこなれていなかった。演技過多。按摩をあまり見なくなったからだろうか。日本の社会には盲人を支えるシステムが存在した。室町時代には「当道座」という幕府公認の職能特権集団があった。もとは「平家物語」を語る(平曲)琵琶法師が主体だったが、江戸期には箏曲、三絃、針灸、按摩なども加わった。元締めとして、京都の公家である久我家が当たり、全国の盲人を支配した。検校、別当、勾当、座頭、衆分という五階級の盲僧官の認定や管理をつかさどっていた。ところが、針灸にたけていた杉山和一という検校が五代将軍綱吉の病気を治してしまってから信を得て、元禄五年(1692)、本所一ツ目の屋敷に関東総録を置けるようになった。これは、関東八か国においてのみ、久我家ではなく杉山検校が盲人を統括するというもの。しかし、これも享保年間までのことだった。以降はまたも久我家に戻った。名目だけは残り、本所一ツ目弁天堂の琵琶会という催しは、明治期まで2月と6月に開かれていたという。座頭金というのがある。盲人は公に貸し金業が許可されていた。これも盲人の生活を支えるシステムだった。小口現金の短期貸付だから、いまの消費者金融のイメージだろう。盲人同士は横の連帯が強かったらしく、集団で旗本など借り手の玄関に立って、外聞外見をはばからずに強催促したとか。座頭にはどこか因業なイメージがついて回った。按摩は導引とも言った。盲人の按摩は杉山流、それ以外の按摩は吉田流とすみ分けされていた。体全体を揉んで四十八文が相場。骨折や脱臼の治療なども行っていたそうだが、明治四十四年(1911)の施行法によって完全に禁止された。これ以降、按摩の需要が変わったようである。 寒空に響く、物悲しい心持ちを誘い出すような按摩の笛の音。按摩が笛を吹いて歩いていたのは、吉原界隈だけでだった。吉原以外でも行われるようになったのは寛政年間(1789-1800)からだという。こういう流しの按摩を「振り按摩」と呼んだ。「振り」とは、常連やなじみの客がいないこと。近ごろのフーゾクでは、指名をせずに店に入ることを「フリー」と呼んでいる。「振り」のつもりなのだろうが、いまや「フリー」という言葉のほうが通じてしまう。和魂洋才である。(古木優)

【語の読み】
浅草馬道 あさくさうまみち
按摩 あんま
梅喜 ばいき
富士下 ふじした
日本橋茅場町 にほんばしかやばちょう
当道座 とうどうざ
久我家 こがけ
検校 けんぎょう
別当 べっとう
勾当 こうとう
座頭 ざとう
衆分 しゅうぶん
杉山和一 すぎやまわいち
杉山検校 すぎやまけんぎょう
座頭金 ざとうがね
三絃 さんげん
針灸 しんきゅう
導引 どういん
杉山流 すぎやまりゅう
吉田流 よしだりゅう
振り按摩 ふりあんま