まちわり【町割】ことば 江戸覗き

なぜ江戸なのか   【RIZAP COOK】

徳川家康が拠点として江戸を選んだのはなぜでしょう。

江戸湾に面しているのと、背後に武蔵野台地が入り江間際までつながっているから。江戸は、じつは天然の要害だったのですね。

品川などの江戸の港は江戸湾の奥にあるので、海は荒れずに天然の良港でした。品川は中世から太平洋側の中継港として栄えました。

台地を防壁とすれば、低地には街道を配していました。都市としては十分の機能を用意できていたのですね。

海と台地。この二点こそ、家康が江戸を選んだ決め手だったのですね。

江戸も碁盤目状   【RIZAP COOK】

江戸にも碁盤目状の都市区画はありました。京都と異なるのは、全体一律に碁盤目にするのではなく、地形や地域に合わせての碁盤目だったので、江戸全体を俯瞰すると、なんだかいびつでゆがんだ都市のように見えるのです。

たとえば、日本橋では、北側と南側では碁盤目が四十五度ずれているそうです。たしかに、大通りは一直線ではありません。南端で大きく曲がっていますね。

町人地の町割   【RIZAP COOK】

日本橋の北側では本町通り、南側では通町通りを軸として、京間60間(118m)の内法制を基本に、碁盤目状の町割がつくられていきました。

表通り、裏通り、横丁に囲まれた京間60間の正方形の街区を、京間20間(約39m)ずつに三分割して、周りに町屋敷を建てて、中央に会所地を置くのです。会所地とはみんなが共同で使える土地です。

当初の会所地は、宅地造成で生じた土の置き場やごみ捨て場、排水の溜め池などに使われていましたが、17世紀半ばには新道が通されて、使い勝手がよくなっていきました。

後になってからできた道、これが新道です。新道というのは、このような流れの中から生まれたものでした。

両側町   【RIZAP COOK】

江戸の都市計画は京都がモデルでした。通りを挟んだ家々が結束するのは生活感覚によく合ったものでしょう。

通りを中心に構成された町を両側町と呼びます。表通りや裏通りに面した京間60間と横町に面した京間20間の町が生まれていきました。

江戸も京間   【RIZAP COOK】

京間の1間は6尺5寸(197cm)です。京間では、8畳で4寸(12cm)角とすると、畳の大きさは6尺3寸×3尺1寸5分となります。

江戸で京間が用いられたのは、町割の担当者が中井正清だったことと関係していたといわれます。

中井は法隆寺村出身の御大工で、開幕当時の幕府の建物のほとんどを受け持っていました。家康に重用された建築家だったのです。

家康の後には、京に移って中井役所をつくりました。これは、畿内近江六か国の大工や左官たちの建築工事を差配する役所となりました。

庇の効用   【RIZAP COOK】

庇は、江戸の町家の特徴のひとつでした。二階建ての町家の一階部分を道にせり出させて、アーケードのような連続した道としたのです。雪国の雁木のようなものです。

明暦3年(1657)の大火後に出された町触では、どうなっているのか。本町通りと通町通りについては私有地である屋敷地と公儀地に属する道からそれぞれ半間出しあって、一間幅の庇下通道を連続してつくることが定められました。

参考文献:波多野純『復原・江戸の町』(筑摩書房、1998年)、小澤弘、丸山伸彦編『江戸図屏風をよむ』(河出書房新社、1993年)、加藤貴編『江戸を知る事典(東京堂出版、2004年)、大濱徹也、吉原健一郎編『江戸東京年表』(小学館、1993年)、『新装普及版 江戸文学地名辞典』(東京堂出版、1997年)

【語の読みと注】
内法制 うちのりせい:畳割
畳割 たたみわり
新道 じんみち

【RIZAP COOK】

落語ことば 落語演目 千字寄席 落語あらすじ事典

ほうちょう【包丁】演目

まぬけなワルを描いた噺。落語のもうひとつの醍醐味です。

別題:えびっちゃま 出前包丁 庖丁間男(上方)

【あらすじ】

居候になっていた先の亭主がぽっくり死んで、うまく後釜に納まった常。

前の亭主が相当の小金をため込んでいたので、それ以来、五円や十円の小遣いには不自由せず、着物までそっくりちょうだいして羽振りよくやっていたが、いざ金ができると色欲の虫が顔を出し、浅草新道の清元の師匠といつしかいい仲になった。

だんだん老けてきた二十四、五になる女房の静と比べ、年は十九、あくぬけて色っぽい師匠に惚れてしまったので、こうなるとお決まりで、女房がじゃまになってくる。

どうにかしてたたき出し、財産全部をふんだくって師匠といっしょになりたいと考えているところに、ひょっこり現れたのが、昔の悪友の寅。

こちらの方はスカンピン。

常は鰻をおごって寅に相談を持ちかけるが、その筋書きというのがものすごい。

亭主の自分がわざと留守している間に、寅が友達だと言ってずうずうしく入り込み、うまくかみさんをたらし込んで、今にも二人がしっぽり濡れるというころあいを見計らって、出刃包丁を持って踏み込み、「間男見つけた、重ねておいて四つにする」と言えば、もうどうにもならないだろう、という計略。

じゃまな女房を離縁の上、「洲崎や吉原に売れば水金引いても二、三百にはなるだろうが、年増なので品川や大千住で手取り八十円だろう。二人で山分けだ」と持ちかけたので、こうなると色と欲との二人連れ。

寅は飛びつく。

当日。

新道で「貸し夜具」をなりわいとする常の家。

予定通り、寅が静をくどこうとするが、この女、聞かばこそで、やたらに頭をポカポカこづくものだから、寅はコブだらけ。

閉口して、あろうことか、悪計の一切合切を白状してしまう。

「まあ、なんて奴だろう。もうあいつには愛想が尽きましたから、寅さん、おまえさん、こんなおばあさんでよければ、あたしを女房にしておくれでないか」
「よーし、そうと決まったら、野郎、表へ引きずり出して」

瓢箪から駒。

寅がすっかり寝返って、二人で今度は本当にしっぽりと差しつ差されつ酒を飲んでいるところへ、台本が差し替えられているとも知らない常さん、
「間男見つけた」
と、威勢よく踏み込んだとたん
「ふん、出ていくのはおまえだよ」

したたかにぶんなぐられ、下着一枚で表に放り出された。

やっと起き上がると
「ひでえことしやがる。さあ、出刃を返せ」
「なんだ、まだいやがった。切るなら切ってみろ」
「横丁の魚屋へ返してくるんだい」

【RIZAP COOK】

【しりたい】

恵比寿さま 鰻でタイを釣りそこね?  【RIZAP COOK】

上方落語「庖丁間男」を明治期に東京に移したもので、移植者は三代目三遊亭円馬とされます。

明治31年(1898)11月の四代目柳亭左楽の速記が残っていて、この年円馬はまだ16歳なので、この説はあやしいものです。

左楽は「出刃包丁」の題で演じていますが、明治期までは東京での演題は「えびっちゃま」。

にやにや笑って相手の言うことをまともに聞かないことを恵比寿のにこやかな笑いに例えた慣用表現ですが、オチにこの語を使ったことからとも言われ、はっきりはわかりません。

左楽の古い速記では、常が寅を鰻屋に誘うとき、「霊岸島の大黒屋、和田、竹葉、神田川、芝の松金、浅草の前川へ行くというわけにはいかないから」と明治30年代の人気店を挙げています。

昭和の両巨匠の競演  【RIZAP COOK】

戦後では六代目三遊亭円生、五代目古今亭志ん生の二名人が得意としました。

本来は音曲噺で、円生は橘家橘園という音曲師に習っています。

現在、速記・音源ともほとんど円生のもので、残念ながら志ん生のはありません。

円生からは一門の五代目円楽、円弥、円窓らに継承。志ん生からは長男の十代目金原亭馬生に受け継がれていました。

水金  【RIZAP COOK】

みずがね。元の意味は、文字通り、湯水のように使いきる金のことですが、ここでは、常が「水金引いても…」と言っているので、女の斡旋手数料を意味します。

「水」は「廓の水が染み込んで…」という慣用句があるとおり、今でいう「水商売」のこと。


落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席