ここんていしんじゃく【古今亭志ん雀】噺家



  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席

【芸種】落語
【所属】落語協会
【入門】2006年、六代目古今亭志ん橋
【前座】2007年3月、古今亭志ん坊
【二ツ目】2010年9月、古今亭志ん吉
【真打ち】2021年9月、古今亭志ん雀
【出囃子】忠弥合方
【定紋】鬼蔦
【本名】池田悟朗
【生年月日】1980年3月6日
【出身地】東京都練馬区
【学歴】早稲田中学校→早稲田高校→早稲田大学第一文学部
【血液型】A型
【ネタ】
【出典】公式 落語協会 Wiki
【蛇足】趣味は観劇、筋トレ、横笛演奏、鉄道など。特技は耳を動かせること。りっしん出世の会(三遊亭律歌と)



  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席

ここんていはっちょう【古今亭八朝】噺家



  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席

古今亭八朝師匠は、2023年6月26日(月)、老衰のため亡くなりました。71歳でした。ご冥福をお祈りいたします。合掌。

【芸種】落語
【所属】落語協会
【入門】1969年7月、三代目古今亭志ん朝(美濃部強次、1938-2001)に
【前座】1970年4月、古今亭志ん吉
【二ツ目】1975年11月、古今亭八朝
【真打ち】1984年9月
【出囃子】雛鶴三番叟
【定紋】鬼蔦
【本名】丸山美治まるやまみはる
【生年月日】1951年7月19日-2023年6月26日
【出身地】東京都豊島区
【学歴】東京都立明正高校
【血液型】B型
【ネタ】
【出典】公式 落語協会 Wiki
【蛇足】趣味は巨人軍の応援(年間ドームに30回)、カラオケ。1984年9月、上野本牧亭で八朝師の真打ち襲名披露がありました。その日、志ん朝師匠がやったのは「時そば」。なんという見事な話芸なのかと、ただただ感激したものです。



  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席

第615回 TBS落語研究会  2019年9月27日 寸評

  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席

2019年9月27日(金) 東京・国立小劇場 古木優

【RIZAP COOK】

普段の袴  古今亭志ん吉 ★★★

落ち着いている。「落語」になっている。おもざしは味気ないが、通る声で心地よい。上下の使い分けがどうも。工夫が必要。光るものを大いに感じた。竹葉亭

蛙茶番   春風亭柳朝  ★★

一本調子の通る声が新味。誰がなにを言っているのかがてんでわからない。寝る客続出。こんなんで十二年も張ってたのか。「落語」を聴かせてほしい。いづもや

こんな顔  桂文治    ★★★★★

短い噺だからえんえんとマクラが続く。これが絶妙。安定した笑いがお次を期待させる、よいテンポ。どう終わらすのか気になりつつも、気持ちのよい笑いを最後まで提供してくれた。のだや

野ざらし  古今亭文菊  ★★★★★

ふらがある。色気がある。面妖なしぐさがいい。落ち着いたいなせな語りぶりは役者じみてて小気味よい。人物の彫り込みもわかりやすい。ふとしたあわい、文菊ワールドだった。つきじ宮川本廛

猫の災難  橘家文蔵   ★★★★

畳にこぼれた酒をせこく飲み干すしぐさは絶妙。ささやくような話柄も色気が漂ってて悪くない。たまに都下のあんちゃんが操るような言葉遣いが。これは興醒め。喜代川

  成城石井.com  ことば 演目  千字寄席

%d