そうそうへんじょうあまつかぜ【早々返上天津風】むだぐち ことば

スヴェンソンの増毛ネット

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

「すぐにお返しします」というだけの実です。名前と自慢の和歌を、後世の江戸の町人どもにもてあそばれた気の毒な例。僧正遍昭の代表歌「天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ」(古今集)は「百人一首」の一首で、江戸時代の人々には親しまれていました。

出典をいくつか見ると、どうやら盃のやりとりのときのむだぐちのようです。相手に盃をさされて「はい、それでは早速ご返杯」と、今でもよくみられる光景です。特に歌の文句と関連はないようですが、もし「吹き閉じよ」「お止め」で、「はい、もうこれ切り。後の盃はご辞退申します」という心を含ませているのなら、なかなかのしゃれ者です。

【語の読みと注】
僧正遍昭 そうじょうへんじょう:816-90 平安前期の六歌仙の一人

スヴェンソンの増毛ネット

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席