2分で落語まるわかり

 

むだぐち ことば  落語演目 【RIZAP COOK】

竜楽師が末広亭に!?

落語好きの友人が「新宿末広亭で竜楽さんの親子酒を聴きましたよ。おもしろかった」と喜んでいました。

え、三遊亭竜楽師が末広亭に? そんなの、ありなの? コロナ禍の銀座で中国人ご一行が爆買いしているかんじでした。

ありなんですね。芸協受け持ちの定席では「円楽一門交互」というおたのしみがあって、あの一門の噺家たちが代わりばんこに出演しているんです。落語芸術協会と円楽一門は友好関係なのですね。

落語界のデタントでしょうか。そうとはいえないかな。昭和53年(1978)5月のあの騒動から43年。ベルリンの壁(1961-89)があったのは28年間でした。それよりも長い。ビックリです。彼らの離合集散は明治以来の「伝統芸」です。長い目で見ていきましょう。少しずつ前に向かっているんですかね。

2021年7月10日 古木優

落語で知りたいことはなんでもお伝えします

■落語で世間の息吹や人々の息遣いを覗いてみましょう。紹介する落語は450席。演目ごとに千字でまとめたあらすじと、知っていると便利な用語を深くわかりやすく載せました。下段の「落語演目の索引」ボタンから演目を探してみてください。落語を聴いているときに生じた「?」にお答えします。耳に残った人名や言い回しを右の検索窓に入力しても項目が出ます。かゆいところに手が届いた情報がいっぱいです。しっかりお手伝いさせていただきます。どうでもよいことですが、毎日更新しています。敬称略。

千字寄席編集部 (古木優/高田裕史)

もくじ】