鼠 ねずみ 演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

名人噺。舞台は仙台、伝説の左甚五郎。胸のすく、際立つ匠の物語です。

別題:甚五郎の鼠

【あらすじ】

名工、左甚五郎。

十年も江戸は日本橋橘町の棟梁、政五郎の家に居候の身だ。

その政五郎が若くして亡くなり、今は二代目を継いだせがれの後見をしている。

ある年、まだ見ていない奥州松島を見物しようと、伊達六十二万石のご城下、仙台までやってきた。

十二、三の男の子が寄ってきて、ぜひ家に泊まってほしい、と頼むので承知すると、
「うちの旅籠は鼠屋といって小さいけど、おじさん、布団がいるなら損料を払って借りてくるから二十文前金でほしい」
と言う。

なにかわけがありそうだと、子供に教えられた道を行ってみると、宿屋はなるほどみすぼらしくて、掘っ建て小屋同然。

前には、虎屋という大きな旅籠があって、繁盛している。

案内を乞うと、出てきた主人、
「うちは使用人もいないから、申し訳ないが、そばの広瀬川の川原で足をすすいでほしい」
と言うから、ますますたまげた。

その上、子供が帰ってきて、
「料理ができないから、自分たち親子の分まで入れて、寿司を注文してほしい」
と言い出したので、甚五郎は苦笑して二分渡す。

いたいけな子供が客引きをしているのが気になって、それとなく事情を聞くと、このおやじ、卯兵衛といい、もとは前の虎屋のあるじだったが、五年前に女房に先立たれ、女中頭のお紺を後添いにしたのが間違いのもと。

性悪な女で、幼いせがれの卯之吉をいじめた上、番頭の丑蔵と密通し、たまたま七夕の晩に卯兵衛が、二階の客のけんかを止めようとして階段から落ちて足腰が立たなくなり、寝たきりになったのを幸い、親子を前の物置きに押し込め、店を乗っ取ったと、いう。

卯兵衛は、しかたなく幼友達の生駒屋の世話になっていたが、子供の卯之吉が健気にも、
「このままでは物乞いと変わらない。おいらがお客を一人でも連れてくるから商売をやろう」
と訴えるので、物置きを二階二間きりの旅籠に改築したが、客の布団も満足にないありさま。

宿帳に記された名前から、日本一の彫り物名人と知って卯兵衛は驚くが、同情した甚五郎、一晩部屋にこもって見事な木彫りの鼠をこしらえ、たらいに入れて上から竹網をかけると
「左甚五郎作 福鼠 この鼠をご覧の方は、ぜひ鼠屋にお泊りを」
と書いて、看板代わりに入り口に揚げさせ、出発した。

この看板を見た近在の百姓が鼠を手にとると、不思議や、木の鼠がチョロチョロ動く。

これが評判を呼び、後から後から客が来て、たちまち鼠屋は大繁盛。

新しく使用人も雇い、裏の空き地に建て増しするほどに。

そのうち客から客へ、虎屋の今の主人、丑蔵の悪事の噂が広まり、虎屋は逆にすっかりさびれてしまった。

丑蔵は怒って、なんとか鼠を動かなくしようと、仙台一の彫刻名人、飯田丹下に大金を出して頼み、大きな木の虎を彫ってもらう。

それを二階に置いて鼠屋の鼠をにらみつけさせると、鼠はビクとも動かなくなった。

卯兵衛は
「ちくしょう、そこまで」
と怒った拍子にピンと腰が立ち、江戸の甚五郎に
「あたしの腰が立ちました。鼠の腰が抜けました」
と手紙を書いた。

不思議に思った甚五郎、二代目政五郎を伴って、はるばる仙台に駆けつけた。

虎屋の虎を見たが、目に恨みが宿り、それほどいい出来とは思われない。

そこで鼠を
「あたしはおまえに魂を打ち込んで彫ったつもりだが、あんな虎がこわいかい?」
としかると、
「え、あれ、虎? 猫だと思いました」

底本:三代目桂三木助

【しりたい】

三木助の人情噺

三代目桂三木助が、浪曲師の広沢菊春に「加賀の千代」と交換にネタを譲ってもらい、脚色して落語化したものです。「甚五郎の鼠」の演題で、昭和31年(1956)7月に初演しました。

「竹の水仙」「三井の大黒」などと並び、三木助得意の名工甚五郎の逸話ものです。録音を聴いてみると、三木助がことに子供の表現に優れていたことがよくわかります。お涙ちょうだいに陥るギリギリのところで踏みとどまり、道徳臭さがなく、爽やかに演じきるところがこの人のよさでしょう。左甚五郎については、「三井の大黒」をご参照ください。

日本橋橘町

中央区東日本橋三丁目にあたります。甚五郎の在世中、明暦の大火(1657)以前は旧西本願寺門前の町屋でした。「立花町」とも書かれますが、町名の由来は、当時このあたりに橘の花を売る店が多かったことからきたと言われます。

飯田丹下

実在の彫工で、仙台藩伊達家のお抱えでした。生没年など、詳しい伝記は不詳です。三代将軍家光の御前で、甚五郎と競って鷹を彫り、敗れて日本一の面目を失ったという逸話があります。

安藤鶴夫

三代目三木助がこの噺のマクラに「ベレーが鼠、服が鼠、シャツが鼠で、万年筆が鼠、靴下が鼠でドル入れが鼠、モモヒキが鼠で、靴がまた鼠ッてえン、世の中にゃァ、いろいろまた好き好きてえもんがありますもんですな。このひとが表へ出ましたらお向かいの猫が飛びついてきたってえン」とやったそのねずみ男のモデルが安藤鶴夫(1908-69)だったことは、直木賞受賞作『巷談本牧亭』に書かれています。都新聞の記者、三木助のパトロン、演劇評論家でもありました。日和見で計算高かったようで、いまでは存在感が乏しいのが傷です。

柳朝も得意に

三木助没後は、五代目春風亭柳朝が得意にしました。三木助門下だった入船亭扇橋、あるいは三遊亭円窓などを経て若手にも伝わり、演じ手は少なくない噺です。

【語の注】
旅籠 はたご
鼠屋 ねずみや
損料 そんりょう
卯兵衛 うへえ
生駒屋 いこまや
健気 けなげ
飯田丹下 いいだ・たんげ