ふくろくじゅ【福禄寿】円朝

【RIZAP COOK】  落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席 円朝作品

円朝、悩みの源泉はわが子朝太郎。これに尽きました。1888年(明治22)の小品です。

【あらすじ】

年の瀬、深川万年町。

福徳屋万右衛門の喜寿の祝いをしている家に、こっそり帰ってきた長男の禄太郎。

無心に戻ってきたのだ。母は父にないしょで金を渡す。

その金で遊ぶ心づもりの禄太郎だが、金を落としてしまった。

おのれの器量や才覚を悟った禄太郎。一念発起、開墾に携わるため北海道に渡る。

出典:岩波版円朝全集第7巻

【しりたい】

禄太郎と朝太郎

禄太郎は、あきらかに一子朝太郎のイメージでしょう。この噺、朝太郎の一件をあらかじめ知っていれば、円朝がどんな思いで創作したのかは容易に想像がつきます。

北海道に渡る禄太郎。

これが円朝の願望だったのでしょうか。朝太郎にはなにかをきっかけに悟り社会的に更生してほしい、という思いがにじみ出ている噺ではないでしょうか。朝太郎が渡ったのは北海道ではなく小笠原でした。その直後の連載が「熱海土産温泉利書」となっていきます。