ばけものつかい【化け物つかい】演目

使いの荒い男の噺。権助ばかりか化け物までこき使って。

【あらすじ】

田舎者で意地っ張りの権助。

日本橋葭町の桂庵から紹介された奉公人の口が、人使いが荒くて三日ともたないと評判の本所の隠居の家。

その分、給金はいいので、権助は
「天狗に使われるんじゃあるめえし」
と、強情を張って、その家に住み込むことに。

行ってみると、さすがの権助も度肝を抜かれた。

今日はゆっくり骨休みしてくれと言うので、
「なんだ、噂ほどじゃねえな」
と思っていると、その骨休みというのが、薪を十把割り、炭を切り、どぶをさらい、草をむしり、品川へ使いに行って、
「その足でついでに千住に回ってきてくれ。帰ったら目黒へ行って、サンマを買ってこい」
というのだから。

しかも、
「今日一日は骨休みだから、飯は食わせない」
ときた。

それでも辛抱して三年奉公したが、隠居が今度、幽霊が出るという評判の家を安く買いたたき、今までの家を高く売って間もなく幽霊屋敷に引っ越すと聞かされ、権助の我慢も限界に。

化け物に取り殺されるのだけはまっぴらと、隠居に掛け合って三年分の給金をもらい、
「おまえさま、人はすりこぎではねえんだから、その人使え(い)を改めねえと、もう奉公人は来ねえだぞ」

毒づいて、暇を取って故郷に帰ってしまった。

化け物屋敷に納まった隠居、権助がいないので急に寂しくなり、いっそ早く化け物でも現れればいいと思いながら、昼間の疲れかいつの間にか居眠りしていたが、ふと気がつくと真夜中。

ぞくぞくっと寒気がしたと思うと、障子がひとりでに開き、現れたのは、かわいい一つ目小僧。

隠居は、奉公人がタダで雇えたと大喜び。

皿洗い、水汲み、床敷き、肩たたきとこき使い、おまけに、明日は昼間から出てこいと命じたから、小僧はふらふらになって、消えていった。

さて翌日。

やはり寒気とともに現れたのはのっぺらぼうの女。

これは使えると、洗濯と縫い物をどっさり。

三日目には、、やけにでかいのが出たと思えば、三つ目入道。

脅かすとブルブル震える。こいつに力仕事と、屋根の上の草むしり。

これもすぐ消えてしまったので、隠居、少々物足りない。

四日目。

化け物がなかなか出ないので、隠居がいらいらしていると、障子の外に誰かいる。

ガラっと開けると、大きな狸が涙ぐんでいる。

「てめえだな、一つ目や三つ目に化けていたのは。まあいい、こってい入れ」
「とんでもねえ。今夜かぎりお暇をいただきます」
「なんで」
「あなたっくらい化け物つかいの荒い人はいない」

    
底本:七代目立川談志

【しりたい】

明治末の新作  【RIZAP COOK】

明治末から大正期にかけての新作と思われます。原話は、安永2年(1773)刊『御伽草』中の「ばけ物やしき」や、安永3年(1774)刊『仕形噺』中の「化物屋敷」などとされていますが、興津要は、『武道伝来記』(井原西鶴、貞享4=1687年刊)巻三「按摩とらする化物屋敷」としています。

桂庵  【RIZAP COOK】

江戸時代における、奉公や縁談の斡旋業で、現在のハローワークと結婚相談所を兼ね、口入れ屋とも呼びました。日本橋葭町には、男子専門の千束屋、大坂屋、東屋、大黒屋、藤屋、女子専門の越前屋などがありました。

名の由来は、承応年間(1652-55)の医師・大和桂庵が、縁談の斡旋をよくしたことからついたとか。慶庵、軽庵、慶安とも。転じて、「桂庵口」とは、双方に良いように言いつくろう慣用語となりました。

名人連も手掛けた噺  【RIZAP COOK】

昭和後期でこの噺を得意にした七代目立川談志は、八代目林家正蔵(彦六)から習ったといいます。その彦六は同時代の四代目柳家小さんから移してもらったとか。いずれにしても、柳派系統の噺だったのでしょう。昭和では七代目三笑亭可楽、三代目桂三木助、五代目古今亭志ん生、三代目古今亭志ん朝も演じました。

【語の読みと注】
桂庵 けいあん
千束屋 ちづかや

【RIZAP COOK】

落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

さんだいめこさんのえんちょうかん【三代目小さんの円朝観】

【RIZAP COOK】

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

尾崎秀樹。「おざきほつき」と読みます。かつては大衆文学の評論と言えばこの人がダントツでしたが、いまは亡き人、もう忘れ去られているかもしれません。

評論家というのは作家と違って、生きている間はすさまじく席巻し影響を及ぼすものですが、死んでしまうとそれっきりです。他人の褌で相撲を取る風情が敬遠されるのでしょうか。顧みられません。河上徹太郎も、亀井勝一郎も、平野謙も、十返肇も、保正昌夫も、浅見淵も、荻昌弘も、あるいは淀川長治でさえ例外ではなかったかもしれません。唯一の例外は小林秀雄でしょうか。彼の書き残したものは、りっぱにクリティークという作品として残っているように、私には見えるのです。

ま、それはともかく。

尾崎秀樹の仕事はチャンバラ小説ばかりがターゲットだったのかと思っていましたら、初期の頃には落語、それも円朝について記したものがあったのです。「三遊亭円朝」という、一冊の刊行物にするにちょいと寸足らずではありますが、薄っぺらな書きなぐった散文とは異なる味わい、重厚で濃密で、しかも、円朝と仏教とのかかわりについて言及しているのは、おそらく、この人と関山和夫くらいかもしれません。その中で、円朝について少し下った世代はどう見ていたか、というくだりがありまして、三代目柳家小さんの円朝観を、小さんの自著『明治の落語』から引用しています。たいへんおもしろい内容なので、孫引きではありますが、載せさせていただきます。

「円朝は狂言作者を抱えて飼い殺しにしていた。芸は拙いし採る処はないが、作者がついていて常に新しいものを出した。一口に云えば山勘で興行師のような処がありました。年に春秋二回、十五日間位しかやらなくて高いお金をとっていたが、芸は拙い人でした。そこへいったら燕枝は円朝とは訳が違う。燕枝は人物が出来て居た。伯猿という人も、大した評判でしたが、講釈のまずさ加減というものは、無茶苦茶でまるで素人のようなものでした。伯猿と円朝は何故そんなに評判になったかというと、それは番付によい処に出すものですから、あんなになったのです。……(略)話が下手でも、狂言作者が附いていたので、次から次へと新しく行った。それだけのもので円朝は頭の悪い人でした」

以上が三代目小さんの弁。いやあ、ひどい言いようです。でも、見ようによってはこんなところも円朝にはあったのかもしれませんね。

燕枝とは談洲楼燕枝。柳派における円朝のような存在です。円朝が逝った明治33年(1900)に、燕枝も半年ほど早く没しました。燕枝も新作をものして、円朝と違って自ら書き残したものが多いため、今後、格好の研究対象として発掘されていくことでしょう。伯猿とは松林伯円のこと。講談の親分。明治政府から、円朝と並び教導職に任ぜられました。まあ、円朝と同列とされる巨頭でした。

「狂言作者を抱えて」のくだり、これは尾崎も触れていますが、仮名垣魯文、条野採菊、瀬川如皐、宮城玄魚、河竹黙阿弥などとのつきあいを皮肉っているのでしょう。幕末に盛り上がった「粋興連」と称する同好の仲間でした。条野採菊は、江戸期には山々亭有人という名の戯作者で、明治期には警察新聞を買い取ってやまと新聞を創刊した新聞人。その変わり身は円朝にもいえることでしょう。円朝は、江戸期には道具噺で歌舞伎もどきのにぎやかな芸風でしたが、明治5年からは道具を弟子に譲って扇子一本の素噺に変身したのですから。

三代目小さんと言えば、夏目漱石が「三四郎」などで絶賛した希代の話芸の名人でした。尾崎の言葉を借りれば、小さんとはこんな具合です。

三代目小さんは、頭の方はお留守だが腕はいい「与太郎」の登場する「大工調」とか、「笠碁」などをやらすと絶品で鈍重で邪気のない性格が、そのまま作中人物の性格になったといわれたはなしかだった。それだけに、才人で時代を見抜く眼のある円朝の動きは、ムシズが走るくらい嫌だったらしい。

「頭の方はお留守」なのは与太郎であって、小さんではありません。 誤読しそうですが、 ややこしいです。

ここまで来たなら、ついでに、二派の違いを四代目小さんからの引用でちょこっと。これも尾崎論文からの孫引きですが、まあ、お読みください。

柳派と三遊派のちがいについて四代目小さんはうまいことをいっている。「総じて柳の方は地味で、三遊は華やか、柳は隠居やお医者が巧く、三遊は若旦那や幇間、つまり天災や猫久が柳なら、湯屋番や干物箱は三遊といったわけ」(「小さん聞書」参照)これでもわかるように柳派はどちらかといえば地味、三遊派は派手で、小さんのこのみに円朝があわないのはあたりまえかもしれない。

ここらへんにくれば、落語通の方々は「そんなもんだろう」と納得されることでしょう。手垢のついた、ものいいです。三代目小さんが円朝をくさすのは、こんなところからきているのかもしれませんね。

【RIZAP COOK】