やくばらい【厄払い】演目

いまはすたれた「お払い」をネタにした噺です。いまとなっては興味津々の話題ですね。

【あらすじ】

頭が年中正月の与太郎。何をやらせてもダメなので、伯父さん夫婦の悩みの種。

当人に働く気がまるでないのだから、しかたがない。

おふくろを泣かしちゃいけないと説教し、
「今夜は大晦日だから、厄払いを言い立てて回って、豆とお銭をもらってこい」
と言う。

小遣いは別にやるから、売り上げはおふくろに渡すよう言い聞かせ、厄落としのセリフを教える。

「あーらめでたいな、めでたいな、今晩今宵のご祝儀に、めでたきことにて払おうなら、まず一夜明ければ元朝の、門に松竹、注連飾り、床に橙鏡餅、蓬莱山に舞い遊ぶ、鶴は千年、亀は万年、東方朔は八千歳、浦島太郎は三千年、三浦の大助百六ツ、この三長年が集まりて、酒盛りをいたす折からに、悪魔外道が飛んで出で、妨げなさんとするところ、この厄払いがかいつかみ、西の海へと思えども、蓬莱山のことなれば、須弥山の方へ、さらありさらり」
というものだが、伯父さんの後について練習しても文句が覚えられないので、紙に書いてもらって出かける。

表通りで
「ええ、こんばんは」
「なんだい」
「厄払いでござんす」
「もう払ったよ」
「もういっぺん払いなさい」
「なにを言やがる!」

別の厄払いに会ったので
「おいらも連れってくれ」
「てめえを連れてっても商売にならねえ」
「おまえが厄ゥ払って、おいらが銭と豆をもらう」

追っ払われて
「えー、厄払いのデコデコにめでたいの」
とがなって歩くと、おもしろい厄払いだと、ある商家に呼び入れられる。

前払いで催促し、おひねりをもらうと、開けてみて
「なんだい、一銭五厘か。やっぱりふところが苦しいか」
「変なこと言っちゃいけない」

もらった豆をポリポリかじり、茶を飲んで
「どうも、さいならッ」
「おまえはなにしに来たんだ」
とあきれられ、ようやく「仕事」を思い出す。

表戸を閉めさせて「原稿」を読み出すが、つっかえつっかえではかどらない。

「あらあらあら、荒布、あらめでたいな。あら、めでたいなく」
「おい、めでたくなくちゃいけない」
「くの字が大きいんだ。鶴は十年」
「鶴は千年だろ」
「鶴の孫」
「それだって千年だ」
「あ、チョンが隠れてた。鶴は千年。亀は……あの、少々うかがいます」
「どなたで?」
「厄払いで」
「まだいやがった。なんだ」
「向こうの酒屋は、なんといいます」
「万屋だよ」
「ええ、亀はよろず年。東方」

ここまで読むと、与太郎、めんどうくさくなって逃げ出した。

「おい、表が静かになった。開けてみな」
「へい。あっ、旦那、厄払いが逃げていきます」
「逃げていく? そういや、いま逃亡(=東方)と言ってた」

【RIZAP COOK】

【しりたい】

「黒門町」の隠れ十八番  【RIZAP COOK】

原話は不詳で、文化年間(1804-18)から口演されてきました。東西ともに演じられますが、上方の方はどちらかというとごく軽い扱いで、厄払いのセリフをダジャレでもじるだけのもの。オチは「よっく挟みまひょ」で、「厄払いまひょ」の地口です。

明治34年(1901)の四代目柳亭左楽の速記では、「とうほうさく」のくの字が「く」か「ま」か読めず、「とうほうさま、とうほうさく」とうなっていると、客「弘法さまの厄除けのようだ」、与太郎「百よけいにもらやあ、オレの小遣いになる」とダジャレの連続でオチています。

昭和期では、たまに八代目桂文楽が機嫌よく演じ、これも隠れた十八番の一つでした。文楽没後は、三笑亭夢楽も得意にしました。現在、若手も結構手掛けていますが、音源は文楽、夢楽のほか古くは初代桂春団治のレコードがあり、米朝、小三治もCDに入れています。

一年を五日で暮らす厄払い  【RIZAP COOK】

古くは節分だけの営業でしたが、文化元年(1804)以後は正月六日と十四日、旧暦十一月の冬至、大晦日と、年に計五回、夜に廻ってくるようになりました。この噺では大晦日の設定です。古くは、厄年の者が厄を落すため、個人個人でやるものでしたが、次第に横着になり、代行業が成り立つようになったわけです。

もっとも、個人でする厄落しがまったくなくなったわけではなく、人型に切り抜いた紙で全身をなで、川へ流す、また、大晦日にふんどしに百文をくくり、拾った者に自分の一年分の厄を背負わせるといった奇習もありました。要は、フンドシが包んでいる部分は、体中でもっとも男の厄と業がたまっているから、というわけです。

江戸の厄落しは「おん厄払いましょう、厄落し」と、唄うように町々を流し、それが前口上になっています。文句は京坂と江戸では多少異なり、江戸でも毎年、また節季ごとに変えて工夫しました。厄落しの祝詞は、もとは平安時代に源を発する厄除けの呪文・追儺祭文からきたとか。

前口上で家々の気を引いて、呼び込まれると門付けで縁起のいい七五調の祝詞を並べます。いずれも「あーらめでたいな、めでたいな」で始まり、終わりに「西の海とは思えども、東の海へさらーり」の決まり文句で、厄を江戸湾に捨て流して締めます。祝儀を余計はずむと、役者尽くし、廓尽くしなど、スペシャルバージョンを披露することもありました。

こうなると縁起ものというより、万歳同様、一種の芸能、エンターテイメントでしょう。祝儀は、江戸では十二文、明治では一銭から二銭をおひねりで与え、節分には、それに主人の年の数に一つ加えた煎り豆を、他の節季には餅を添えてやるならわしでした。

『明治商売往来』(仲田定之助、ちくま文庫)」に言及がありますが、1888年(明治21)生まれの仲田でさえ、記憶が定かでないと述べているので、おそらく明治30年代終わりには、もういなくなっていたのでしょう。

こいつぁ春から  【RIZAP COOK】

歌舞伎で、黙阿弥の世話狂言「三人吉三」第二幕大川端の場の「厄落し」のセリフは有名です。夜鷹のおとせが、前夜の客で木屋の手代・十三郎が置き忘れた百両の金包みを持って、大川端をうろうろしているところを、親切ごかしで道を教えた女装の盗賊・お嬢吉三に金を奪われ、川に突き落とされます。ここで七五調の名セリフ。

月もおぼろに白魚の
かがりも霞む春の空冷てえ風もほろ酔いに
心持よくうかうかと浮かれがらすのただ一羽
ねぐらへ帰る川端で棹の雫か濡れ手で粟
思いがけなく手に入る百両

懐の財布を出し、にんまりしたところで、「おん厄払いましょう、厄落し」と、厄払いの口上の声。

ほんに今夜は節分か
西の海より川の中落ちた夜鷹は厄落し
豆沢山に一文の
銭と違って金包み
こいつぁ春から(音羽屋!)縁起がいいわえ

「西の海」の厄払いの決まり文句、豆と一文銭というご祝儀の習慣がちゃんと読み込まれた、心憎さです。

こんなぐあいですから、歌舞伎の世界ではすらすら流れる名調子を「厄払い」と言っているそうです。

東方朔  【RIZAP COOK】

東方朔(BC154-)は中国・前漢の人。西王母(仙人)の、三千年に一度実る桃を三個も盗み食いし、人類史上ただ一人、不老不死の体になった人。李白の詩でその超人ぶりを称えられ、能「東方朔」では仙人として登場します。漢の武帝に仕え、知略縦横、また万能の天才、漫談の祖としても知られました。BC92年、62歳で死んだと見せ掛け、以後仙人業に専念。2152歳の今も、もちろんまだご健在のはずです。ただし、探し出して桃のありかを吐かせようとしても次に実るのはまだ千年も先ですので、ムダでしょう。

三浦の大助百八つ  【RIZAP COOK】

平安末期の武将、三浦義明(1092-1180)のこと。相模の有力豪族、三浦氏の総帥で、治承2年(1178)、源頼朝の挙兵に応じましたが、石橋山の合戦で頼朝が敗北後、居城の衣笠城に籠城。一族の主力を安房に落とし、自らは敵勢を引き受け、城を枕に壮絶な討死を遂げました。実際には88歳までしか生きませんでしたが、古来まれな長寿者として、誇張して伝承され、「三浦大助」として登場する歌舞伎「石切梶原」では106歳とされています。厄払いでは「みうらのおおすけ」と発音されます。

【語の読みと注】
門 かど
注連飾り しめかざり
東方朔 とうぼうさく
須弥山 しゅみせん
追儺祭文 ついなさいもん

【RIZAP COOK】

落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席