はなよめのへ【花嫁の屁】演目

【RIZAP COOK】

落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

もとは、小咄かマクラ程度の軽い噺だったものです。

【あらすじ】

ある田舎で婚礼があった。

ところが、いよいよ三三九度という時、花嫁が衆人環視の中、「プーッ」と一発。

面目ないと、あっという間に裏の井戸に身を投げた。

すると、花嫁の両親も、娘の不始末のおわびと、同じく井戸にドボン。

今度は婿さんが、嫁の一家だけ死なせては義理が立たないと、これも井戸へ飛び込んだ。

これを見ていた婿さんの両親、せがれと嫁が死ぬならあたしたちもと、これまた井戸底に直行。

最後に残った仲人夫婦、みなさんがお飛び込みなら、あたしたちもこうしてはいられないと、後を追って飛び込もうとしたら、井戸のところに赤い札で「満員」。

【RIZAP COOK】

【しりたい】

時代を感じさせるオチ

オチは、路面電車に、当時(明治末から大正初期)「満員」の赤札が下がったことからきています。

噺としてはおもしろいのですが、時代色がつき過ぎ、現代の客にはまるで理解できないので、このあたりをうまく改作しないと、とうてい高座には掛けられないでしょう。

当時の東京の市電はやたらに故障し、満員になると、どんなに客が待っていてもあっさり通過してしまうので、評判は最悪だったとか。

大正中期ですが、「東京節」(添田さつき)の一節には、こんなものが。

東京の名物満員電車
いつまで待ってても乗れやしねえ 
乗るにゃケンカ越し命がけ 
やっとこさと空いたのが来やがっても 
ダメ、ダメと手を振って 
そのまま乗せずに行きゃあがる 
なんだ、故障車か
ボロ電車め

誰かやらないか?

速記、音源はおろか、口演記録もまったくない幻の珍品です。

三代目三遊亭円馬が明治末期、立花家左近時代に作ったという掌編で、マクラにでも使っていたのでしょう。

それにしては、実に皮肉な、カラシがきいた逸品で、埋もれさせるにはちと惜しいブラック落語です。

円馬に前座・二つ目時代に仕込まれた八代目桂文楽が自伝『あばらかべっそん』中で梗概を紹介しています。

【RIZAP COOK】

おちゃのこさいさいかっぱのへ【お茶の子さいさい河童の屁】むだぐち ことば

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

ものごとがすらすらさらさらスムーズにできるという意味です。

俗謡のはやしことば「のんこさいさい」をもじっていることばです。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

ししゅくのへ【四宿の屁】演目

スヴェンソンの増毛ネット

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

尾籠な小噺の寄せ集め。これだけ集めりゃ、におってきそうです。

【あらすじ】

江戸時代、品川、新宿、千住、板橋の四つの岡場所(非公認の遊廓)を四宿といい、吉原についでにぎわったわけだが、それぞれの女郎の特徴を、屁で表した小噺。

まず品川。

昼遊びで、女郎が同衾中に布団のすそを足で持ち上げ、スーッとすかし屁。

客が
「寒い」
と文句を言うと
「あそこの帆かけ舟をごらんなさいよ」
と、ごまかす。

そろそろ大丈夫と足を下ろすと、とたんにプーンとにおう。

「うーん、今のは肥舟か」

次は新宿。

これも、女郎が布団の中で一発。

ごまかそうと
「今、地震じゃなかった?」

今度は千住。

女郎が客に酌をしようとしている時に、不慮の一発。

そばにいた若い衆が、自分が被ってやると、客は正直さに免じて祝儀をくれる。

女郎があわてて
「今のは私」

最後に板橋。

ここは田舎出の女が多く、粗野で乱暴。

客が女郎に
「屁をしたな」
と文句を言うと、女は居直って客の胸ぐらをつかみ
「屁をしたがどうした。もししゃばりやがったらタダはおかねえ」
と脅す。

仰天して
「言わないからご勘弁を」
「きっと言わねえな」
と言うと
「それじゃ、もう一発。ブーッ」

スヴェンソンの増毛ネット

【うんちく】

四宿

四宿と呼ばれた新宿、品川、千住、板橋は、それぞれ、街道の親宿(=起点)で、吉原のように公許ではないものの、飯盛女の名目で遊女を置くことが許された四大「岡場所」でした。

以下、そのうち、新宿、板橋の沿革をひとくさり。ほかの二宿については、「居残り佐平次」「品川心中」(品川)、「藁人形」「今戸の狐」(千住)をご参照ください。

内藤新宿

新宿は、正式名称は内藤新宿。落語では「文違い」「縮みあがり」「五人廻し」(演者によって吉原)などに登場します。

地名の起こりは、家康公江戸入府直後、高遠城主・内藤信濃守に、現在の新宿御苑の地に屋敷を賜ったことからというのが定説ですが、他に諸説あって、確定しません。甲州街道の起点で、宿場設立は元禄11(1698)年。浅草阿部川町の名主・喜兵衛ら有志六人が設立を請願、その際、飯盛を置くことを許可されたものです。

当初は田んぼの中にあったとか。当初、遊女の客引きが目に余るというので、宿場そのものが享保3(1718)年にお取りつぶし。54年後の明和9年(1772)に復興しました。

その後、新宿追分(新宿1、2丁目)を中心に栄え、旗本・鈴木主水と遊女・白糸の情話もここが舞台。遊女の投げ込み寺(死体遺棄所)として成覚寺がありました。新宿の有名な郭は、「豊倉」「新金」など。中でも新金は、明治時代には、娼妓の扱いが過酷なところから「鬼の新金」の異名があり、現在の伊勢丹向かい、マルイのあたりにあった見世です。

板橋

板橋は中山道の起点。

上宿、中宿、平尾宿の三つに分けられていました。

宿場の起源ははっきりしませんが、幕府が中山道の宿駅をを正式に定めた寛永7年(1630)当時からある、古い宿場です。

板橋の地名は、室町時代初期の成立とされる「義経記」にも、既に記載されていますが、上宿と中宿の境を流れる、石神井川に掛かっていた木橋から起こったとされます。

郭は、四宿の中では最も格下で、飯盛もこの噺に登場するように粗野で田舎じみていると評されました。

板橋を舞台とする噺は他には「阿武松」くらいで、演者によって「三人旅」の出発を中山道回りとする場合に板橋を見送りの場に設定することもあります。

名人たちの逃げ噺

六代目三遊亭円生が「客がセコな時にやったネタ」(立川談志)として有名です。六代目春風亭柳橋は、トリでこれを毎日演じて、席亭に文句を言われたというエピソードも。円生の師匠で、明治大正の名人、四代目橘家円蔵もしばしば演じたといいます。

屁の小咄

短い小咄の寄せ集めなので、演者によって異なったものを挿入することがよくあります。

以下、そのいくつかをご紹介。

花魁が、客の前でスーッ。ごまかそうと、母親の病気を治すため願掛けして月に一度恥をかいていると言いつくろう。客が感心して「えらいねえ」と言ったとたん、また一発。「ほい、これは来月分」。

これは五代目志ん生のもの。

江戸城の大広間に、諸大名が集まっているところで、将軍が一発。水戸さまが鼻を押さえて「草木(=臭き)もなびく君の御威勢」紀州さまが「天下泰平(=屁)」と続けると、諸大名が「へーへーへー」

禿が客に酌をしながら一発。花魁が叱って、下に降りろと言ったとたんに自分も一発。「えー、早く降りないかい。あたしも行くから」。……まことにどうも、罪のないというか、阿呆らしいというか。

原話

千住の小咄の原話のみ分かっていて、明和9年(1772)刊の笑話本『鹿の子餅』中の「屁」です。

ただ、オチの部分は異なっていて、後で、女郎がご祝儀をもらった若い衆にそっと「あたしのおかげだよ」とささやき、恩に着せるというもの。現行のようなシャープさはありませんが、これはこれで、その恩義が「屁」であるという、ばかばかしいおかしみがあります。

【語の読みと注】
岡場所 おあかばしょ:非公認の遊廓
禿 かむろ

スヴェンソンの増毛ネット

てんしき【転失気】演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

知ったかぶりすると、ほれ、こんな具合におもしろく。

【あらすじ】

在所の住職。

知ったかぶりで負けず嫌いだから、知らないことを認めたがらない。

ある日、下腹が張って医者を呼んだ時
「てんしきはありますか」
と聞かれ、わからないとは言えないのでしかたなく
「はい」
と答えてしまった。

悔しいので小僧の善長に
「花屋に行って爺さんに、てんしきを借りてこい。もしなかったら隠居のところに行け」
と、言いつける。

花屋もなんだかわからないが、これも同じように負けず嫌いなので
「惜しいことをした。この間二つ三つあったが、もう温かくなってあんまり使わないから、親類に貸してしまった」
と、ごまかす。

隠居の家に行くと、これも知らない。

「いらないものだから台所の隅に放っておいたが、鼠が棚から落として掃きために捨ててしまったよ」

しかたなく帰って和尚に報告したが、善長も気になって
「和尚さん、その『てんしき』ってなんですか? 見たことがありません」

和尚は返答に困るが、
「ばか野郎。そんなことを知らないでどうする。わしが教えてやるのはわけはないが、おまえは遊びにばかり気がいって、すぐ忘れてしまう。先生のところに薬を取りに行って、自分の腹から出たようにちょっと聞いてこい」
と、送り出す。

医者は
「『てんしき』というのは『傷寒論』の中にある。転び失う気、と書いて転失気だ。オナラのことだよ」
「オナラってのはなんです? どういう形で?」
「形はない。屁のことだ」
「屁ってえと、あのプープー、へえ、あれのことですか」

これで、和尚も花屋も隠居も、知らないでゴマかしたことがばれた。

善長、和尚に言っても逆に説教を食うと思うから、嘘をつくことにした。

「どうした、聞いてきたか」
「へえ、てんしきとは盃のことだそうで」
「盃? うーん、そうだとも。忘れるなよ。テンは呑む、シュは酒で、キは器。これで呑酒器という」

照れ隠しに、こじつけているところに医者。

和尚、よせばいいのに見栄を張り
「お尋ねのてんしきを、今日はいろいろ用意してありますので、お目にかけます。まずは大きいてんしきを」

蒔絵の箱から秘蔵の盃を取り出して
「私はテンシキ道楽で。こっちは九谷焼のてんしきで」
「ははあ、医者の方では傷寒論の中の言葉から、屁のことを申しますが、あなたの方では盃のことをいいますか」
「さよう」
「どういうわけで?」
「盃を重ねますと、しまいいにはプープーが出ます」

底本:三代目柳家小さん

【しりたい】

有名な前座噺

「まんじゅうこわい」などとともに、落語の「代表作」の一つで、噺の筋をご存じの方も多いと思います。典型的な前座噺です。

戦後では三代目三遊亭金馬がしばしば演じました。金馬のやり方は、隠居を出さず、その代わり花屋を夫婦にして、掛け合いのくすぐりで笑わせました。門弟の二代目桂小南、孫弟子の桂文朝なども好んで手掛けました。

小僧の名は、弁長、珍念など、演者によってまちまちです。

金馬のくすぐりから

(花屋のおやじ)「もう一つは、おつけの実にして食っちゃったって、和尚さんに伝えとくれ」

わかりにくいオチ

オチの「プープー」は、今ではわかりづらくなっていますが、古い江戸ことばで、酔っ払いへの苦情、小言を意味します。「プープー」とやっている演者や速記が多いので、一応このように表記しましたが、本来「ブーブー」「ぶうぶう」が正しいのです。それを、放屁の音と引っ掛けただけの単純なものです。

傷寒論

しょうかんろん。後漢の張機(字は仲景、196-221)が著した古医書。中国医学書の最古のもの。晋の王叔和が補修し、北宋の林億が校訂したものが今に伝えられています。全16巻。

張機は長沙の太守となったのですが、一族に急性の熱病が多発し、その観察と治療の経験から、発汗、嘔吐、瀉下を対策の基本とする記録を残しました。それが『傷寒論』です。太陽病など6型に分類した記載があります。下って江戸期には、山脇東洋や吉益東洞などの古方派医師たちが、薬物療法の最重要書としてあがめてきました。古代では、病気といえば、まずは熱病だったわけですかね。

【語の読み】
転失気 てんしき
蒔絵 まきえ
傷寒論 しょうかんろん
張機 ちょうき
張仲景 ちょうちゅうけい
長沙 ちょうさ
太守 たいしゅ
王叔和 おうしゅくわ
林億 りんおく
発汗 はっかん
嘔吐 おうと
瀉下 しゃか
山脇東洋 やまわきとうよう:1705-62 江戸中期の医師 実験医学の先駆者
吉益東洞 よしますとうどう:1702-73 江戸中期の医師 万病一毒説 実験重視