おもちょうじちゃぎつねのかかとちゃんぎり【面丁子茶狐の踵ちゃんぎり】むだぐち ことば

★auひかり★

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

「おもしろい」のむだぐちですが、はるかに長ったらしく凝っています。「面白狸の腹鼓」の言葉をどんどん変化させたもの。まず白を丁子茶(紅色がかった茶色)に、狸を狐に、腹を踵に置き換えています。最後の「ちゃんぎり」は、リズムを出すためのお囃子、口拍子で、当たり鉦の異名を付けたもの。

当たり鉦は、江戸時代、願人坊主などが用いた小型の鉦。左手に持った鉦を右手の棒でこすって音を出し、托鉢して歩きました。転じて歌舞伎の下座音楽にもなり、「ちゃんぎり」はその陽気な音色から。似た言い回しに「面黒狐の腹鼓」があります。これは機械的に白を黒、狸を狐にしただけですが、腹鼓を打つはずのない狐を持ってくることで、不釣り合いな滑稽さがより際だちます。

【語の読みと注】
当たり鉦 あたりがね

★auひかり★

おもしろだぬきのはらつづみ【面白狸の腹鼓】むだぐち ことば

自宅で始めて、年収1,300万円以上が可能

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

「おもしろい」を「尾も白い」としゃれ、そこから動物の「狸」と付けたむだぐちです。尾が白い獣はいくらもいるのに、あえてなぜ狸かといえば、やはり腹鼓(狸囃子)の滑稽さからでしょう。あるいは、腹鼓から、腹が破けるほどおかしい意味合いもあるかもしれません。

狸を狐に変えた例もありますが、当然言い捨てで腹鼓はなし。「面白い」を狸に掛けた洒落、むだぐちはけっこうあります。最後の部分だけあげると、「有馬山」「磯にはんべる」「金鍔焼き」など。

「面白い」自体のむだぐちはさらに多く、「面白山」「面白の魚田」「面ちょろし」「尾も白し頭も白し尾長鳥」「おもちょうじちゃぎつねのかかとちゃんきり」など。

自宅で始めて、年収1,300万円以上が可能