ぎがん【義眼】演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

目がらみの噺。江戸では眼病の男がよほど多かったのでしょう。

別題:いれめ

【あらすじ】

ある男、目の具合がどうもよくないので、医者に相談するが、ますます見えなくなるばかり。


眼科の先生もしまいには面倒くさくなり、えいとばかり悪い方の目をスッポリ抜き取り、代わりに義眼をはめ込んでごまかしてしまった。

「あー、どうです具合は?……そりゃよかった。それから、入れた方の目は夜は必要ないンだから、取りましてね、枕元に水を置いて、浮かべときなさい。そうすりゃ長持ちするから」

入れ歯と間違えているようだが、当人すっかり喜んで、その夜、吉原のなじみの女郎のところへ見せびらかしに行く。

男前が上がったというので、その晩は大変なモテよう。

さて、こちらは隣部屋の客。

反対に相方の女が、まるっきり来ない。

女房とけんかした腹いせの女郎買いなのに、こっちも完璧に振られ、ヤケ酒ばかり喰らい、クダを巻いている。


「なんでえ、えー、あの女郎は……長えぞオシッコが。牛の年じゃあねえのか?それにしても、隣はうるさいねえ。え、『こないだと顔が変わった』ってやがる。七面鳥のケツじゃあるめえし、え、そんなにツラが変わるかいッ!こんちくしょうめ!」


焼き餠とヤケ酒で喉が渇き、ついでにどんなツラの野郎か見てやろうと隣をのぞくと、枕元に例の義眼を浮かべた水。


色男が寝ついたのを幸いに忍び込んで、酔い覚めの水千両とばかり、ぐいっとのみ干したからたまらない。


翌日からお通じはなくなるわ、熱は出るわで、どうにもしようがなくなって、医者に駆け込んだ。


さて……「あー、奥さん、お宅のご主人のお通じがないのは、肛門の奥の方に、何か妨げてるものがありますな」

サルマタを取って、双眼鏡で肛門をのぞくなり先生、「ぎゃん」と叫んで表へ逃げだした。

男の女房が後を追いかけてきて、「先生、いったいどうなさったんです」「いやあ驚いた。今、お宅のご主人の尻の穴をのぞいたら、向こうからも誰かにらんでた」

底本:五代目古今亭志ん生

【しりたい】

「いれめ」とも

「義眼」と記して、「いれめ」と読んだりもします。

短いけれども、楽しいナンセンスにあふれた展開、オチの秀逸さで、落とし噺としては、最もすぐれたもののひとつといえるでしょう。

五代目古今亭志ん生が時々、実に楽しそうに演じた噺で、速記を読んだだけで吹き出してしまうほど。

意外にも、明治の大看板で人情噺の大家・初代三遊亭円左が得意にしていて、それを大正の爆笑王・柳家三語楼がさらにギャグを加え、オチも円左の「尻の穴ににらまれたのは初めてだ」から、よりシュールな現行のものに変えました。

三語楼から志ん生、さらにこれも昭和初期に「猫と金魚」などの爆笑落語で売れた初代柳家権太楼に継承されました。

権太楼のレコードは、尻をメガネでのぞく場面が、何と効果音入りという凝ったものだったとか。

志ん生の音源発掘!

2004-05年、志ん生の、未公表のきわめて貴重な音源・映像・写真を多数含む「講談社DVDBOOK・志ん生復活!落語大全集」全13巻が発売され、第5巻に「義眼」が収録されています。カセットテープ版として、日本クラウンから発売されたものを改めて収録したものです。

この巻には長男の馬生とのリレー落語「宿屋の富」(初公開)も収録。志ん生フリークには楽しめる一冊です。

【義眼 古今亭志ん生】