いかさまたこさまあしはっぽん【烏賊様蛸様足八本】むだぐち ことば

「ごもっとも」「さようで」の意味の「いかさま」と「烏賊様」をまぜっかえして「いかさまさかさま」と言っていました。その発展形がこれ。さらにいくと、「烏賊様蛸様トト様カカ様さかさま」となります。

リズムが悪くてことばにオチがありません。オチのない笑いは中世に多いのですが、このむだぐちも室町期につくられてものでしょう。

ところが、「烏賊様蛸様足八本」はリズムにも切れがあって、「足八本」というオチもすんなり付きます。これぞ近世流のむだぐちです。ま、だからといって、さしたる深い意味はありませんが。

2011-13年、TBSテレビ系で『まさかのホントバラエティー イカさまタコさま』という番組がありました。 「ホントの中に潜むウソ=イカさまを選り分ける新感覚のクイズ系バラエティ番組」、「ホントかウソかの判断に悩む、真偽ぎりぎりの話題を楽しむという番組」だそうです。さまぁーずが司会。「いかさまたこさま」。こんふうに使われるわけですね。「いかさま」と言ったら「たこさま」が思い浮かぶのはごく普通の感覚なのでしょう。ことばに発すると小気味いいですね。