くれはおけやのたなにあり【くれは桶屋の棚にあり】むだぐち ことば

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

くれくれとしつこくねだる相手をこれで撃退。「くれ」と、桶の原材料の材木である榑(くれ)を掛けています。「いいかげんにしておけや」と「桶屋」も掛かっているわけです。

榑なら桶屋の仕事場の棚にあるから、「欲しけりゃそこからかっぱらっておけ」というわけ。頼む側も断る側も「くれ」のしゃれはけっこうあり、「くれのかね(暮れの鐘=金をくれと掛ける)」、江戸の地名を出した「榑木河岸(くれきがし)」など。榑木河岸は、旧日本橋榑正町(くれまさちょう)にあった河岸通りで、中央区江戸橋三丁目付近。

この手のしゃれではるか後年のものでは、東京節(1918年)の替え歌の一節で「なににもくれないクレマンソー」というのがありました。ベルサイユ講和会議(1919年)。「クリルくれくれクレムリン」てえのはなかったんですかね。

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席