やなぎのばば【柳の馬場】演目

原話は遠く中国にあるそうです。彦六が得意とした噺。

【あらすじ】

按摩の杢市は、ある旗本の殿さまのごひいきに預かり、足げく揉み療治に通っている。

ある日、いつものように療治が終わってからのよもやま話で、目の不自由な人間をいじめる輩への怒りを訴えたところから口が滑って、自分はいささか武道の心得がある、と、ホラを吹いてしまった。

殿さまが感心したのでつい図に乗って、剣術は一刀流免許皆伝、柔術は起倒流免許皆伝、槍術は宝蔵院流免許皆伝、薙刀は静流免許皆伝と、もうこうなると止まらない。

弓術は日置流免許皆伝、そこまで並べたところで殿さまが
「剣や槍はわかるが、的も見えないそちが弓の名手とはちと腑に落ちんぞ」
と文句を言うと、
「そこは心眼で」
とごまかす。

ますます口が滑らかになり、
「ご当家は三河以来の馬術のお家柄なのに、りっぱな馬場がありながら馬がいないというのは惜しい。自分は馬術の免許皆伝もあるので、もし馬がいればどんな荒馬でも乗りこなしてみせるのに残念で」
などと見栄を切ったのが運の尽き。

殿さまが膝を乗り出して
「実はこの間、友人の中根が『当家に馬がないのはご先祖にも申し訳あるまい。拙者が見込んだ馬を連れてきてやろう』と言っていたが、その馬が荒馬で、達人の中根自身も振り落とされてしまった。きさまが免許皆伝であるのは幸い。一鞍責めてくれ」

杢市は青くなったが、もう遅い。

もとより馬のウの字も知らないから、しかたなく、今のは全部うそで、講釈場で「免許皆伝」と流儀の名前だけを仕入れたことを白状。

殿さまは
「身供に術を盗まれるのを心配してさようなことを申すのであろう」
と、全然取りあってくれない。

若侍たちにむりやり抱えられ、鞍の上に乗せられてしまった。

馬場に向かって尻に鞭をピシッと当てられたからたまらず、暴れ馬はいきり立って杢市を振り落とそうとする。

半泣きになりながら必死にぶるさがって、馬場を半周ほどしたところに柳の大木。

この枝にあわてて飛びつくと、馬は杢市を残してどどっと走っていってしまう。

「杢市、しっかとつかまって手を離すでない。その下は谷底じゃ。落ちれば助からん」
「ひえッ、助けてください」
「助けてやろう。明日の昼間までには足場が組めるだろう」

冗談じゃない。もう腕が抜けそうだ。

「長年のよしみ、妻子老母は当屋敷で養ってつかわす。心置きなく、いさぎよく死ね」

耐えきれなくなり
「南無阿弥陀仏」
と手を離すと、地面とかかとがたった三寸。

【RIZAP COOK】

【しりたい】

円喬伝説、彦六好みのシブーイ噺  【RIZAP COOK】

中国明代の笑話集『応諧録』中の小咄が原型とみられますが、日本での原話は不詳です。

明治期は四代目橘家円喬の名演がいまだに語り草です。幼時に見た六代目円生の思い出では、円喬は座って演じているのに、杢市が枝にぶら下がった足先に、本当に千尋の谷底が黒々と広がって見えたとか。円生は、生涯この噺を手掛けませんでした。

初代三遊亭円左も得意としました。円左は三遊亭円朝門下の俊秀でしたが、目が細かったのであだ名が「按摩」「鍼医」。この噺を何度も演じているのに、本格的に売り物にしようというとき、わざわざ兄弟子の三遊一朝に改めて断りに行ったそうです。明治人の義理がたさでしょう。

その一朝から、八代目林家正蔵(彦六)と二代目三遊亭円歌が直伝で継承しました。両者とも音源を残していますが、特に正蔵のものは、地味ながら滋味あふれる語り口で名品でした。オチは、この後「口は災いのもと」と「ダメを押す」(正蔵)こともありました。主人公の杢市は「富市」で演じることもあります。

彦六の芸談から  【RIZAP COOK】

杢市がぶら下がったとき、下から手を突き上げるようにすると、腕がのび切ったように見えます。(中略)このはなしは先代の(注:八代目)文治さんもやりました。文治さんのは、杢市がしゃべりまくるので、旗本がうるさがってだまっちゃうんです。すると杢市が「殿さま、殿さま、かわやへお立ちになったんですか」「杢市」「ああ、いた」というところが、よかったですね。

彦六にはほかに、主人公の按摩が終始一人称で語る形式の人情噺「あんま」(村上元三・作)がありました。

按摩と座頭  【RIZAP COOK】

しばしば混同されますが、前者は職業名、後者は位階です。視覚障害者の身分差、位階については「松田加賀」をご参照ください。按摩は揉み療治、鍼灸などを業とし、座頭の位がもらえて初めて営業を許されました。按摩には目の不自由な人だけでなく、目が見える者も多く、その場合は座頭の資格ではなく、頭を丸めて医者と名乗っていました。

黙阿弥の世話狂言「加賀鳶」の悪按摩・熊鷹道玄とおさすりお兼はともに視覚に問題はありません。お兼はゆすりに来て、「按摩按摩と番頭さん、あんまり安くお言いでない。マクラ付きの揉み療治、二朱より安い按摩はしませんよ」と居直る通り、ついでにいかがわしいサービスも行っていたわけで、女性にはこういう手合いもいたようです。同狂言では、本郷菊坂にあった目の不自由な人たちの長屋の場があり、当時の風俗の貴重なルポともなっています。

一般に、全身マッサージ(上下=かみしも)の場合は、幕末で四十八文が相場とされ、お兼の言う二朱は四百八十文相当ですから、十倍! いくらなんでも無茶苦茶な「揉み代」です。

【語の読みと注】
按摩 あんま
杢市 もくいち
槍術 そうじゅつ
薙刀 なぎなた
日置流 へきりゅう
鞍 くら
鞭 むち

【RIZAP COOK】

落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

あさのれん【麻暖簾】演目

スヴェンソンの増毛ネット

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

落語の按摩さんは、なぜか強情な人が多いです。

別題:按摩の蚊帳

【あらすじ】

按摩の杢市は、強情で自負心が強く、目の見える人なんかに負けないと、いつも胸を張っている。

今日も贔屓のだんなの肩を揉んで、車に突き当たるのは決まってまぬけな目の見える人だという話をしているうちに夜も遅くなった。

だんなが泊まっていけと言って、離れ座敷に床を取らせ、夏のことなので、蚊帳も丈夫な本麻のを用意してくれた。

女中が部屋まで連れていくというのを、勝手知っているから大丈夫だと断り、一人でたどり着いたはいいが、入り口に麻ののれんが掛かっているのを蚊帳と間違え、くぐったところでぺったり座ってしまう。

まだ外なので、布団はない。

いやに狭い部屋だと、ぶつくさ言っているうちに、蚊の大群がいいカモとばかり、大挙して来襲。

杢市、一晩中寝られずに応戦しているうち、力尽きて夜明けにはコブだらけ。

まるで、金平糖のようにされてしまった。

翌朝、だんながどうしたのと聞くので、事情を説明すると、だんなは、蚊帳をつけるのを忘れたのだと思って、杢市に謝まって女中をしかるが、杢市が蚊帳とのれんの間にいたことを聞いて苦笑い。

「いったい、おまえは強情だからいけない」
と注意して、
「今度は意地を張らずに案内させるように」
と、さとす。

しばらくたって、また同じように遅くなり、泊めてもらう段になった。

また懲りずに杢市の意地っ張りが顔を出した。

だんなが止めるのも聞かず、またも一人で寝所へ。

今度は女中が気を利かせて麻のれんを外しておいたのを知らず、杢市は蚊帳を手で探り出すと
「これは麻のれん。してみると、次が蚊帳だな」

二度まくったから、また外へ出た。

底本:五代目古今亭志ん生

スヴェンソンの増毛ネット

【しりたい】

ジュアル落語の典型

原話は不明です。この噺を得意にしていた晩年の三代目小さんの、「按摩の蚊帳」と題した速記(大正13年)が残されていますが、もともとオチを含め、「こんにゃく問答」などと同じく、実際に寄席で「目で見る」噺なので、速記も少なく、音源もあまりありません。

昭和に入って、ラジオ放送やレコードが盛んになっても、このため、これらのメディアに取り上げられることも少なかったようです。

小さんにはオチのところに工夫があります。杢市が最初、のれんにそっと触れ、次に両手を広げて大きな動作で触るというものです。これも目で見ていないとその芸の細かさはわからないでしょう。

オチも普通に寄席で演じるときはしぐさオチで、蚊帳の外に出たところを動作で表現しますが、レコードやラジオではそうはいかず、戦後この噺を一手専売にした五代目古今亭志ん生も、速記では「また向こうへ出ちゃった」と地の説明で終わっています。

志ん生の隠れた逸品

戦後は五代目志ん生の独壇場でした。志ん生がいつ、誰からこの噺を教わったか、よくわかりません。やり方は三代目小さんのものを踏襲しながら、「目をあいてりゃァなんか見りゃァほしくなってくるでしょ?……それェ見ただけで、エエほしいなッと思うことが、自分の思ったことが通らない。じゃァ情けないじゃァありませんか。それよか目が見 め)えなきゃなんにも見ないですからねェ、ええ。これいちばんいいですよォ。ああァ目あきは気の毒だ……」というようなセリフに、杢市の片意地、負けず嫌いと、その裏にある身障者の屈折した心理が、より色濃く出ているといえるでしょう。

志ん生没後は、五代目小さんが時々演じたくらいで、現在はあまりやり手がいません。

三代目小さん以来、前半に杢市がだんなに語る、提灯を持っていて暗闇で人に突き当たられ、「おまえさんみたいな、そそっかしい目あきに突き当たられんのが嫌だから、こうやって提灯を持ってるんだァ」と毒づいたはいいが、実は提灯の灯はもともと消えていた、という体験談を入れるのがお決まりです。こうした内容も、昨今ではいろいろな意味で誤解を生じやすく、やりにくくなっているのが現状でしょう。

蚊帳にもいろいろ

蚊帳は、古くは竿を通し、天井から吊り下げました。部屋の大きさによって、五六 五六は縦横の割合。三畳用)や六七 四畳半用)などの種類がありました。

この噺で杢市が寝かされるのは八畳間で、本式には八十のサイズになりますが、三代目小さんの速記では六八 正確には七八。六畳用)で代用しています。

女性の按摩

按摩は按摩取ともいい、マッサージ、鍼灸師の古称です。この仕事は江戸時代には目の不自由な人がほとんどでした。四世鶴屋南北作の歌舞伎『東海道四谷怪談』の宅悦、同じく黙阿弥作『加賀鳶』の熊鷹道玄とおさすりお兼のように、健常者もいました。女性の按摩もけっこう多かったようです。女性の按摩には按摩以外にも売春をする者もいたようです。「枕つきのもみ療治、二朱より安い按摩はしないよ」と居直る、尾上多賀之丞のお兼のセリフは有名です。

男性の按摩は「当道座」という全国的な互助組合が組織させていましたが、女性の按摩には「瞽女座」がありました。「盲御前」がなまって「瞽女」となったということです。こちらは全国組織ではなく、駿河、甲斐、信濃、越後あたりに留まり、多くは藩が抱えていました。瞽女の主たる仕事は三味線を弾いて歌謡して流すこと。とりわけ、長岡藩では藩主牧野氏と縁故があった山本ごいが瞽女頭となり、瞽女屋敷を拝領、継承は徒弟制でした。代々の瞽女頭は「ごい」を名乗りました。何人かで連れ合って各地を巡遊し、昼は門付け、夜は瞽女宿で寄席を催して地域の人々をなごませました。

流しのもみ療治を「振りの按摩」といいましたが、振りでも固定客がつけば、なかなか羽振りはよくなります。「按摩上下十六文」と、芝居の中でよく朗誦して流していく按摩が登場しますが、実際は四十八文が相場。自宅で「診療所」を営む場合は、鍼灸付きで幕末には百文。ステータスと技術は、「振り」とは段違いでした。「あんまはりの療治」というその看板の文句は「あやまった(しまった)」という意味の地口として、「あやまはりの……」と、よく使われました。

【語の読みと注】
按摩 あんま
瞽女 ごぜ
杢市 もくいち
贔屓 ひいき
当道座 とうどうざ
瞽女座 ごぜざ

【麻のれん 五代目古今亭志ん生】

スヴェンソンの増毛ネット