なめる【なめる】演目

【RIZAP COOK】

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

ちょっと色っぽいけど、怪談めいてて。奇妙な噺です。

別題:菊重ね 重ね菊

【あらすじ】

猿若町の芝居が評判なので、久しぶりに見物しようとやって来たある男。

三座とも大入りで、どこも入れない。

ようやく立見で入れてもらい
「音羽屋、音羽屋ッ」
とやっていると、前の升席に十八、九のきれいなお嬢さんが、二十五、六の年増女を連れて見物している。

年増女が男に
「あなたは音羽屋びいきのようですが、うちのお嬢さまもそうなので、よかったら自分たちの升で音羽屋をほめてやってほしい」
と声をかけた。

願ってもないことと、ずうずうしく入り込み、弁当やお茶までごちそうになって喜んでいると、年増女が
「あなた、おいくつ」
と聞く。

「二十二」
と答えると、
「ちょうど良い年回りだ」
と思わせぶり。

聞けば、お嬢さんは体の具合が悪く、目と鼻の先の先の業平の寮で養生中だという。

そこで自然に
「お送りいたしましょう」
「そう願えれば」
と話がまとまり、芝居がハネた後、期待に胸をふくらませてついていくと、大店の娘らしく、大きな別宅だが、女中が五人しか付いていないとのことで、ガランと静か。

お嬢さんと差し向かいで、酒になる。

改めて見ると、その病み疲れた細面は青白く透き通り、ぞっとするような美しさ。

そのうちお嬢さんがもじもじしながら、
「お願いがあるのですが」
と言う。

「ここだ」と思って、お嬢さんのためなら命はいらないと力むと、
「恥ずかしながら、私のお乳の下にあるおできをなめてほしい。かなえてくだされば苦楽をともにいたします」
という、妙な望み。

「苦楽ってえと夫婦に。よろしい。いくつでもなめます。お出しなさい」

お嬢さんの着物の前をはだけると、紫色に腫れ上がり、膿が出てそれはものすごいものがひとつ。

「これはおできじゃなくて大できだ」
とためらったが、お嬢さんが無理に押しつけたから、否応なくもろになめてしまった。

「その見返りに」
と迫ったとたん、表でドンドンと戸をたたく音。

聞くと、
「本所表町の酒乱の伯父さんで、すぐ刃物を振り回して暴れるから、急いでお帰りになった方がよろしい」
と言うので、しかたなく、その夜は引き上げる。

翌朝。

友達を連れて、うきうきして寮へ行ってみると、ぴったり閉まって人の気もない。

隣の煙草屋の親父に尋ねると、笑いながら
「あのお嬢さんのおできが治らないので易者に聞くと、二十二の男になめさせれば治るとのこと。そこで探していたが、昨日芝居小屋でばか野郎を生け捕り、色仕掛けでだましてなめさせた。そいつが調子に乗って泊まっていく、と言うので、女中があたしのところに飛んできたから、酒乱の伯父さんのふりをして追い出した。今ごろ店では全快祝いだろうが、あのおできの毒をなめたら七日はもたねえてえ話だ」
と言ったから、あわれ、男はウーンと気絶した。

「おい、大丈夫か。ほら気付け薬の宝丹だ。なめろ」
「うへへ、なめるのはもうこりごりだ」

底本:六代目三遊亭円生

【RIZAP COOK】

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

【しりたい】

宝丹

上野の守田治兵衛商店で、今も販売する胃腸薬です。

別荘、下屋敷、隠居所、遊女の療養所などの総称でした。落語では、たいてい大店のお嬢さんが恋わずらいのブラブラ病で、向島の寮に隔離されます。

猿若町

猿若町は台東区花川戸の北側。いわゆる江戸三座の中村座、市村座、守田座があったことで知られます。江戸三座については、「淀五郎」をご参照ください。

業平

墨田区吾妻橋三丁目の内。昔も今も低湿地帯で、五代目古今亭志ん生ゆかりの「なめくじ長屋」で、落語マニアにはおなじみです。

類話「狸娘」

前半が似た噺に「狸娘」があります。

男二人が、芝居で娘と女中に声をかけられるくだりまでは同じですが、後半は、浅草・花屋敷の常磐屋という料亭で飲み食いした後、女中が「先に帰りますが、今度は、両国亀沢町の自分の実家にお嬢さんをお泊めするから、ぜひ後から来てほしい」と言うので、二人は据え膳だと大喜び。約束の印にと懐中時計(いかにも明治!)を持っていかれ、後で見ると紙入れもないので、かたりだと気付いたときにはもう手遅れ。しばらくして女が警察に挙げられ、「あれは狸穴(まみあな、港区麻布)の狸娘のおきんという評判のワル」と聞かされて、「道理で尻尾を出した」と、オチるものです。

エロ場面はなく、官憲をはばかった「なめる」の改作と思われますが、はっきりしません。こちらは明治中期に、初代三遊亭円左が演じましたが、その後はすたれました。

バレ噺としての演出も

演じようによっては、完全なバレ(ポルノ)になってしまう、キケンな噺です。現に、明治期には、乳房ではなく女陰をなめるやり方もあったそうですから。

別題に「重ね菊」「菊重ね」があります。これは、音羽屋(尾上菊五郎)の紋の一つで、同時にソノ方の意味も掛けているとか。

円生十八番

原話は古く、元禄4年(1691)刊の初代露の五郎兵衛著『露がはなし』中の「疱瘡の養生」です。明治の四代目三遊亭円生から、四代目橘家円蔵を経て戦後は六代目円生が得意としました。現在でも、円生一門によって継承されています。

【RIZAP COOK】

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席