さいぎょう【西行】演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

佐藤義清とは西行のこと。染殿内侍との逢瀬はほどほどに。ご教訓めいたバレ噺。

【あらすじ】

遍歴の歌人として名高い西行法師。

身分が違うから、打ち明けることもできず悶々としているうちに、このことが内侍のお耳に達し、気の毒に思しめして、義清(のりきよ)あてに御文をしたためて、三銭切手を張ってポストに入れてくれた。

もとは佐藤兵衛尉義清という、禁裏警護の北面の武士だった。

染殿内侍が南禅寺にご参詣あそばされた際、菜の花畑に蝶が舞っているのをご覧あって、「蝶(=丁)なれば二つか四つも舞うべきに一つ舞うとはこれは半なり」と詠まれたのに対し、義清が「一羽にて千鳥といへる名もあれば一つ舞うとも蝶は蝶なり」と御返歌したてまつったのがきっかけで、絶世の美女、染殿内侍に恋わずらい。

「佐藤さん、郵便」というので、何事ならんと義清が見ると、夢にまで見た内侍の御文。

喜んで開けてみると、隠し文(暗号)らしく、「この世にては逢はず、あの世にても逢はず、三世過ぎて後、天に花咲き地に実り、人間絶えし後、西方弥陀の浄土で我を待つべし、あなかしこ」とある。

「はて、この意味は」と思い巡らしたが、さすがに義清、たちまち謎を解く。

この世にては逢わずというから、今夜は逢われないということ、あの世は明の夜だから明日の晩もダメ。

三世過ぎて後だから四日目の晩、天に花咲きだから、星の出る項。地に実は、草木も露を含んだ深夜。人間絶えし後は丑三ツ時。

西方浄土は、西の方角にある阿弥陀堂で待っていろということだろう、と気づいた。

ところが義清、待ちくたびれてついまどろんでしまう。

そこへ内侍が現れ「我なれば鶏鳴くまでも待つべきに思はねばこそまどろみにけり」と詠んで帰ろうとした途端に義清、危うく目を覚まし、「宵は待ち夜中は恨み暁は夢にや見んとしばしまどろむ」と返した。

これで内侍の機嫌が直り、夜明けまで逢瀬を重ねて、翌朝別れる時に義清が、「またの逢瀬は」と尋ねると内侍は「阿漕(あこぎ)であろう」と袖を払ってお帰り。

さあ義清、阿漕という言葉の意味がどうしてもわからない。

歌道をもって少しは人に知られた自分が、歌の言葉がわからないとは残念至極と、一念発起して武門を捨て歌の修行に出ようと、その場で髪をおろして西行と改名。

諸国修行の道すがら、伊勢の国で木陰に腰を下ろしていると、向こうから来た馬子が、「ハイハイドーッ。さんざん前宿で食らやアがって。本当にワレがような阿漕な奴はねえぞ」。

これを聞いた西行、はっと思って馬子にその意味を尋ねると、「ナニ、この馬でがす。前の宿揚で豆を食らっておきながら、まだ二宿も行かねえのにまた食いたがるだ」

「あ、してみると、二度目の時が阿漕かしらん」

【しりたい】

阿漕

阿漕(あこぎ)とは、 

伊勢の海 阿漕が浦に ひく網も 度重なれば 人もこそ知れ

という「古今六帖」の古歌から。

阿漕ケ浦は、今の三重県津市南部の海岸。

伊勢神宮に供える魚を捕るため、一般には禁漁地でした。

内侍

内侍は、禁断の恋も、しつこいのはお互いに身の破滅よ、と歌によそえてぴしゃりと言い渡したわけです。

馬子は、だから歌を介して発生した「アコギ=欲深でしつこい」という語意で、馬を罵っているのですが、西行先生、「豆」が女陰の隠語ということだけが頭に浮かんで、「二回もさせたげたのに、未練な男ね」と怒ったのかと、即物的な解釈をしたわけです。

このあたりが落語の機微で、歌をひねくりまわしているうちにいつの間にかエロ噺と化しているのですね。

セックスといえども、大らかなウィットの衣で包み込むセンス。なるほど。見習いたいものです。

染殿内侍は1118年(永久6、元永元)生まれの西行とは200歳ほども「年上」。

この時代に南禅寺があるわけもなく、この噺、でたらめが過ぎます。まあ、この際、そんな時代考証めいた野暮はどうでもよいのでしょう。

この噺、「柳亭痴楽はイイオトコ」の痴楽がたまに演じていました。

【西行 三代目三遊亭円歌】