てつめんぴ【鉄面皮】ことば 

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

文字通り鉄でできた仮面(武具)を着けたように、ずうずうしく、恥を恥とも思わず平然としていることです。

形容動詞化してよく使われ、「鉄面皮な」「鉄面皮だ」と、もっぱら悪口に使われます。

「面の皮が厚い」とも。

人からどんなに非難の目を向けられようと、兜の面をかぶったように、平気で跳ね返してしまう人間はよくいます。

江戸時代からあった表現ですが、面白いのは、かつては「鉄面だ」という形で、剛直、権威や権力を恐れないという、肯定的な意味があったこと。

こちらの方はもうとっくに死語ですが、昭和の末期ごろまでは普通に使われていた「鉄面皮」も、いつの間にかあまり聞かれなくなったようです。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ