かげのぞき【影覗き、陰覗き】ことば

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

文字通りの「物陰からこっそり見る」から、義理にでもたまには挨拶に来る、顔を見せるの意味。

ほとんどは否定語を伴って「かげのぞきもしない」で、「不義理をする、まったく顔を見せない」という非難の言葉になります。

このフレーズ、古い江戸の言葉で、『全国方言辞典』(佐藤亮一編、三省堂)には記載がありますが、なぜか『日本国語大辞典』(小学館)にも、『江戸語の辞典』(前田勇編、講談社)にも、項目がありません。

慣用表現としては死語となっても、直訳的におおよそ意味が推測できるからでしょうか。

宇野信夫(劇作家、1904年生まれ)が1935年(昭和10)に六世尾上菊五郎のために書き下ろした歌舞伎脚本「巷談宵宮雨(こうだんよみやのあめ)」の中でこれをセリフに用いたところ、岡鬼太郎(劇評家、1872年生まれ)から「あなたはお若いのに、かげのぞきという言葉をお使いになった」と褒められた、という話があります。

昭和初期にはすでに、老人語としてのほかは、東京でもほとんど忘れ去られていたということでしょうかね。

用のある時は来るけれども、さもなきゃかげのぞきもしやがらねえ。たまには出てこいよ。

              雪の瀬川(六代目三遊亭円生)