おいでおいでどじょうのかばやきおはちじる【おいでおいで泥鰌の蒲焼きお鉢汁】むだぐち ことば

【RIZAP COOK】

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席


  
将棋のむだぐちの一つ。相手の指し手を受け、「どうぞどうぞいらっしゃい。すぐどじょうの蒲焼きにして食ってやるから」という挑発です。泥鰌は「三匹目の泥鰌はいない」という言い回しがあるくらい、「カモ」の代名詞。それと「どうぞ」を掛けたひどいだじゃれ。

「おいでおいで」はもともと、子供を手招きするときの言葉なので、それだけ嘲弄の度が強いということでしょう。「お鉢」は女房詞で飯櫃のこと。仕上げにどじょう汁にして煮てやるというだめ押しです。「お鉢が回る」で、「こっちの番」という意味も含んでいるかもしれません。

【語の読みと注】
泥鰌 どじょう
嘲弄 ちょうろう
飯櫃 めしびつ

【RIZAP COOK】