おいてくりおのまんがんじ【措いて栗尾の満願寺】むだぐち ことば

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

文語で「措く」にはさまざまな意味がありますが、基本的には「放っておく」「やめておく」に大別されます。それに命令形、または依頼形が付いて「やめてくれ」「かまうな」の意味。

江戸では伝法に「ええ、おきゃあがれ」とも。

芝居では「おかっせえ」と古風になリます。それをむだぐちにしたのが本項。といっても、これは長野県のローカル限定で。「おいてくれ」のことば尻に地元の名刹の山号を付けてしゃれています。栗尾山満願寺は、長野県安曇市にある、聖武天皇の神亀2年(725)ごろ創建という古刹。その後、新義真言宗豊山派の寺院となり、今では地獄極楽図とつつじ公園が有名です。

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!