いわぬがはなのよしのやま【言わぬが花の吉野山】むだぐち ことば

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

いかにも日本人的な言い回しで、「口に出して言わない方が奥ゆかしい」という美学。世阿弥の「秘すれば花」から派生したものでしょう。花の盛りを限って楽しむことから、その場かぎりでいちばん良いことの例え。

「見るが仏聞かぬが花」「待つが花」などの類似表現があります。

小唄の「お互いに 知れぬが花よ」はダブル不倫の対処法。

「花」から桜の名所を出していますが、当然「吉野」と「良し」も掛けています。

歌舞伎では、芝居小屋で旗本の狼藉の留め男に入った侠客の幡随院長兵衛が「何事も言わぬが花の花道を」とそっくり返って嬉しそうに言います。裏返せば「空気を読め」という口封じ。『悪魔の辞典』風に解釈すれば、「口は災いの元」と同義です。

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!