いただきやまのとびからす【頂き山の鳶烏】むだぐち ことば

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

!– wp:paragraph –>

いただきやまのとびからす【頂き山の鳶烏】むだぐち ことば

「ありがた山の鳶烏」とまったく同じパターンで、「いただきます」を洒落て言葉遊びにしただけです。

詳細はその項を参照。ただ、「ありがた山」と併せて補足すると、なんでもかんでも語尾に「山」を付けて「○○山」とするのは、安永年間(1772-81)に流行した通人言葉です。

ただ洒落けを付けるためのもので、「山」自体にあまり意味はありませんが、あるいは「さま」を気取って符牒化したのかも知れません。

「頂き……」自体も変形が多く、「頂き笠の緒」「頂き女郎衆」「頂きの渡せる橋」などがあります。