たちきり【立ち切り】演目

★auひかり★

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

築地の美代吉と新三郎のいきなしんねこ四畳半。もとは上方の人情噺です。

別題:立ち切れ線香(上方)

あらすじ

昔は芸妓の花代を線香の立ち切る(=燃え尽きる)時間で計ったが、そのころの話。

築地の大和屋抱えの芸妓美代吉は、質屋の若だんな新三郎と恋仲。

互いに起請彫りをするほどだが、ある日、湯屋で若い衆が二人の仲を噂しあっているのを聞き、逆上したのが、美代吉に岡惚れの油屋番頭九兵衛、通称あぶく。

この男、おこぜのようなひどいご面相なので、美代吉が嫌がっていると同じ湯船にいるとも知らず、若い衆がさんざん悪口を言ったので、ますます収まらない。

さっそく、大和屋に乗り込んで責めつけると、美代吉は苦し紛れに、お披露目のため新三郎の親父から五十円借金していて、それが返せないのでしかたなく言いなりになっていると、でたらめを言ってごまかした。

自分はわけあって三年間男断ちをしているが、それが明けたらきっとだんなのものになると誓ったので、久兵衛も納得して帰る。

美代吉は困って、新さんに相談しようと手紙を書くが、もう一通、アリバイ工作をしようと、久兵衛にも恋文を書いたのが運の尽き。

動転しているから、二人の宛名を間違え、新三郎に届けるべき手紙を久兵衛の家に届けさせてしまう。

それを見た久兵衛、文面に久兵衛のべらぼう野郎だの、あんな奴に抱かれて寝るのは嫌だのと書いてあるから、さてはとカンカン。

美代吉が新三郎との密会場所に行くために雇った船中に潜み、美代吉の言い訳も聞かばこそ、かわいさ余って憎さが百倍と、匕首で、美代吉をブッスリ。

あわれ、それがこの世の別れ。

さて、美代吉の初七日に、新三郎が仏壇に線香をあげ、念仏を唱えていると、現れたのが美代吉の幽霊。

それも白装束でなく、生前のままの、座敷へ出るなりをしている。

新三郎が仰天すると、地獄でも芸者に出ていて、大変な売れっ子だという。

なににしても久しぶりの逢い引きなので、新三郎の三味線で幽霊が上方唄、いいムードでこれからしっぽり、という時、次の間から
「へい、お迎え火」

あちらでは、芸妓を迎えにくる時の文句と聞いて新三郎
「あんまり早い。今来たばかりじゃないか」
「仏さまをごらんなさい。ちょうど線香がたち切りました」

底本:六代目桂文治

★auひかり★

しりたい

上方人情噺の翻案

京都の初代松富久亭松竹(生没年不詳)作と伝えられる、生っ粋の上方人情噺を、明治中期に東京に移植したもので、移植者は三代目柳家小さんとも、六代目桂文治ともいわれています。

文化3年(1806)刊の笑話本『江戸嬉笑』中の「反魂香」が、さらに溯った原話です。

東京では「入黒子」と題した明治31年(1898)12月の六代目桂文治の速記が最古の記録で、その後三代目春風亭柳枝、八代目三笑亭可楽を経て、柳家小三治が継承しています。あらすじは、古い文治のものを参考にしました。文治は、ねっとりとした上方の情緒あふれる人情噺を、東京風に芝居仕立てで改作しています。

「芸者」は吉原だけ

江戸時代までは、正式に「芸者」と呼ぶのは吉原のみの特権でした。ほかの花街では「酌人」という建前でした。

線香燃え尽き財布もカラッポ

芸者のお座敷も、お女郎の「営業」も原則、線香が立ち切れたところで時間切れでした。線香が燃え尽きると、客が「お直し」と叫び、新たな線香を立てて時間延長するのが普通でしたが、「お直し」のような最下級の魔窟では、客引きの牛太郎の方が勝手に自動延長してしまう図々しさです。明治以後は、時計の普及とともにさすがにすたれましたが、東京でも新橋などの古い花柳界では、かなり後までこの風習が残っていたといいます。

上方噺「立ち切れ線香」

現在でも大阪では、大看板しか演じられない切ネタです。

あらすじは、以下の通り。

若だんなが芸者小糸と恋仲になり、家に戻らないのでお決まりの勘当となるが、番頭の取り成しで百日の間、蔵に閉じ込められる。

その間に小糸の心底を見たうえで、二人をいっしょにさせようと番頭がはかるが、蔵の中から出した若だんなの恋文への返事が、ある日ぷっつり途絶える。

若だんなは蔵から出たあと、このことを知り、しょせんは売り物買い物の芸妓と、その不実をなじりながらも、気になって置屋を訪れると、事情を知らない小糸は捨てられたと思い込み、焦がれ死にに死んだという。航海した若だんなが仏壇に手を合わせていると、どこからか地唄の「ゆき」が聞こえてくる。

「…ほんに、昔の、昔のことよ……」

これは小糸の霊が弾いているのだと若だんなが涙にくれると、ふいに三味線の音がとぎれ、
「それもそのはず、線香が立ち切れた」

【語の読みと注】
花代 はなだい:芸妓や娼妓などへの揚げ代
揚げ代 あげだい:芸妓や娼妓などを揚屋に呼んで遊ぶ代金。=玉代
揚げ屋 あげや:遊里で遊女屋から遊女を呼んで遊ぶ家
遊女屋 ゆうじょや:置き屋
置き屋 おきや:芸妓や娼妓を抱えておく家
芸妓 げいぎ:芸者、芸子
娼妓 しょうぎ:遊女、公娼
起請彫り きしょうぼり:腕に「〇〇命」や親指の付け根に入れ黒子
入れ黒子 いれぼくろ:いれずみ
匕首 あいくち
入黒子 いれぼくろ

★auひかり★

ごにんまわし【五人廻し】演目

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

明治の噺。古典落語は関東大震災以前の作品のことなんですね。

あらすじ

上方ではやらないが、吉原始め江戸の遊廓では、一人の花魁が一晩に複数の客をとり、順番に部屋を廻るのが普通で、それを「廻し」といった。

これは明治初めの吉原の話。

売れっ子の喜瀬川花魁。

今夜は四人もの客が待ちぼうけを食ってイライラし通しだが、待てど暮らせど誰の部屋にも一向に現れない。

宵にちらりと見たばかりの三日月女郎などはまだかわいい方で、これでは新月女郎の月食女郎。

若い者、といっても当年四十六になる牛太郎の喜助は、客の苦情に言い訳するのに青息吐息。

最初にクレームを付けたのは職人風のお兄さん。

おいらんに、空っケツになるまでのみ放題食い放題された挙げ句、思わせぶりに「すぐ来るから待っててね」と言われて夜通し、バターンバターンと草履の音がする度に今度こそはと身を乗り出しても、哀れ、すべて通過。

頭にくるのも無理はない。

喜助にさんざん毒づいた挙げ句、モモンガ-、チンケント-、脚気衝心、肺結核、発疹チフス、ペスト、コレラ、スカラベッチョ、まごまごしゃあがると頭から塩ォかけて食らうからそう思えと言いたい放題。

ほうほうの体で逃げ出すと、次は役人らしい野暮天男。

四隣沈沈、空空寂寂、閨中寂寞とやたら漢語を並べ立てて脅し、閨房中の相手をせんというのは民法にでも出ておるのか、ただちに玉代を返さないとダイナマイトで……と物騒。

平謝りで退散すると今度は通人らしいにやけた男。

黄色い声で、
「このお女郎買いなるものはでゲスな、そばに姫が待っている方が愉快とおぼし召すか、はたまた何人も花魁方が愉快か、尊公のお胸に聞いてみたいねえ、おほほほ」
と、ネチネチいや味を言う。

その次は、最初の客に輪を掛けた乱暴さで、てめえはなんぞギュウじゃあもったいねえ、牛クズだから切り出し(細切れ)でたくさんだとまくしたてられた。

やっとの思いで喜瀬川花魁を捜し当てると、何と田舎大尽の杢兵衛だんなの部屋に居続け。

少しは他の客の所へも廻ってくれと文句を言うと
「いやだよ、あたしゃあ」

お大尽、
「喜瀬川はオラにおっ惚れていて、どうせ年季が明ければヒイフになるだからっちゅうてオラのそばを離れるのはいやだっちゅうだ」
と、いい気にノロケて、
「玉代をけえせっちゅうんならオラが出してやるから、帰ってもらってくれ」
と言う。

一人一円だから都合四円出して喜助を追い払うと、花魁が
「もう一円はずみなさいよ」

あたしに一円くれというので、出してやると喜瀬川が
「もらったからにはあたしのものだね。……それじゃあ、改めてこれをおまえさんにあげる」
「オラがもらってどうするんだ」
「これ持って、おまはんも帰っとくれ」

しりたい

みどころ  【RIZAP COOK】

明治初期の吉原遊郭の様子を今に伝える、貴重な噺です。「五人廻し」と題されていますが、普通、登場する客は四人です。

やたらに漢語を連発する明治政府の官人、江戸以来(?)のいやみな半可通など、当時いたであろう人々の肉声、時代の風俗が、廓の雰囲気とともに伝わってきます。

特に、六代目円生のような名手にかかると、それぞれの人物の描き分けが鮮やかです。

それにしても、当時籠の鳥と言われた女郎も、売れっ子(お職)ともなると、客の選り好みなど、結構わがままも通り、勝手放題に振舞っていたことがわかります。

廓噺と盲小せん  【RIZAP COOK】

吉原遊郭の情緒と、客と女郎の人間模様を濃厚に描く廓噺は、江戸の洒落本の流れを汲み、かつては数多く作られ演じられましたが、現在では一部の噺を除いてすたれました。

「五人廻し」始め、「居残り佐平次」「三枚起請」など、今に残るほとんどの廓噺の原型を作り、集大成したのが、薄幸の天才落語家・初代柳家小せん(1883-1919)です。

歌人の吉井勇にも愛された小せんは、若い頃から将来を期待されましたが、あまりの吉原通いで不幸にも梅毒のため盲目となり、足も立たなくなって、おぶわれて楽屋入りするほどに衰え果てました。

それでも、最後まで高座に執念を燃やし、大正8年(1919)5月26日、36歳の若さで亡くなるまで、後の五代目古今亭志ん生や六代目三遊亭円生ら「若手」に古き良き時代の廓噺を伝え残しました。

「五人廻し」の演出  【RIZAP COOK】

現行のものは初代小せんが残したものがひな型です。

登場人物は六代目円生では、江戸っ子官員、半可通、田舎大尽(だいじん=金持ち)で、幻のもう一人は、喜瀬川の情夫ということでしょう。古くはもう一人、しまいに花魁を探してくれと畳を裏返す男を出すこともありました。本サイト「千字寄席」のあらすじでは古い速記を参照して、その客を四人目に入れてみました。

ギャグでは、三人目の半可通が、「ここに火箸が真っ赤に焼けてます……これを君の背中にじゅう……ッとひとつ、押してみたい」と喜助を脅すのが小せんのもので、今も生きています。

円生は、最初の江戸っ子が怒りのあまり、「そも吉原てえものの始まりは、元和三年の三月に庄司甚右衛門……明治五年、十月の幾日(いっか)に解放(注:娼妓解放令)、貸座敷と名が変って……」と、えんえんと吉原二百五十年史を講義してしまいます。その他、「半人前てえ人間はねえ。坐って半分でいいなら、ステンショで切符を坐って買う」というこれも小せん以来の、いかにも明治初期らしいギャグ、また、「てめえのへそに煙管を突っ込む」(三代目三遊亭円馬)などがあります。

オチは各自で工夫していて、小せんは、杢兵衛大尽の代わりに相撲取りを出し、「マワシを取られて振られた」とやっています。

二代目小さんの古い速記では「ワチキは一人で寝る」、六代目円生では、大尽が振られた最後の一人で、オチをつけずに終わっていますし、五代目志ん生は大尽が二人目、最後に情夫を出して、これも「帰っとくれ」と振られる皮肉な幕切れです。

【五人廻し 古今亭志ん朝】